(3/31)
更新を休止しました。

(10/14)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「もぅマヂ無理」を追加しました。
(8/21)
アクセスランキング・人気記事ランキングをリニューアル。現在調整中につきもう暫くお待ち下さい。

(8/12)
本日は更新をお休みさせて頂きます。
ご了承下さい。

(7/1)
トップ絵・壁紙をリニューアル。
「怖いコピペ」に新カテゴリ
「ロミオ・勘助」を追加しました。

(6/18)
副管理人・副々管理人のプロフィールを追加しました。

(5/25)
一部フォントを変更しました。

(5/6)
「ゴールデンウィークスペシャル」最後までお楽しみ頂けましたか?
次回の特別編成は夏頃を予定しております。ご期待下さい。
五月病は笑えるコピペを読んでサッパリ笑い飛ばしちゃいましょう!

(5/6)
ゴールデンウィークスペシャルもいよいよ今日がラスト!
最終日は管理人オススメ、2chの長編スレシリーズをたっぷりお楽しみ下さい!

(5/5)
ゴールデンウィークスペシャル三日目は特別編成恒例「洒落怖」!
各まとめサイトで殿堂入りを果たしたあの名作、この名作をお楽しみ下さい!

(5/4)
ゴールデンウィークスペシャル二日目は
真偽の程はともかく「ちょっぴりタメになるコピペ」をたっぷりご紹介致します!

(5/3)
今日から6日までの4日間は「ゴールデンウィークスペシャル」!
本日はネットで古くから愛されてきた名作コピペの祭典「古典祭 ~春の陣~」をお楽しみ下さい!

(4/22)
「あやぽんRSS」無事復旧のためヘッドラインを元に戻しました。

(3/4)
地味で暗い背景を何とかしようと模様替え()。ついでにテンプレも少々修復しました。
こういうリニューアルは4月頭にやるのがセオリーだと言うのに、一ヶ月も先走って改築してしまう洒落の利かない管理人なのであった。
ここはそういうクソのような人がやってるブログだと思って下さいませ。

(3/1)
RSS一覧を整理。

(2/24)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「くぅ~w」を追加。

(2/7)
メニューバーをリニューアルしました。
これでIEでの表示も問題なくなるかも…?

(2/2)
4ヶ月ぶりにトップ絵一新。
ブログ創立以来初のテキスト複合型トップ絵に無謀にも挑戦。
不具合等ありましたら至急連絡お願いします。

    スポンサーサイト


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ここの石さんにお願いしてるの


    セピアな思い出∫泣ける話 第2話
    http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/sepia/1201028068/

    292 名前:大人になった名無しさん[sage] 投稿日:2008/11/24(月) 21:05:32 ID:???
    小学1年のころの思い出です。
    学校から帰るとき、いつも一緒にいる女子がいた。
    家が近くて、待ち合わせしていたわけじゃないけど、
    なんとなく毎日手をつないだりおしゃべりしたりしてふたり並んで下校してた。

    冬になったばかりのころ、その年初めての雪が降ったある日、
    彼女が帰り道の途中にあった月極駐車場(石ころだらけの)に突然入りこみ、
    石ころをひとつ、宙に放り投げた。
    幼い僕は不思議に思って、「どうしたの?」と尋ねた。
    すると、彼女はいつも通りの笑顔でこう言った。

    293 名前:大人になった名無しさん[sage] 投稿日:2008/11/24(月) 21:06:27 ID:???
    「あのね、うちのお父さん、病気なの。だから、ここの石さんにお願いしてるの。
     お父さんの病気が治りますように、って。
     この石を投げて、落ちてくるまでにお願い事が言えたら、願いは叶うんだよ。
     これ、○○君にだけ教えてあげる。絶対秘密だよ。」

    僕は何も言えなかった。僕は、とりあえず一緒にひとつお願いごとをしてその日は家に帰った。
    その晩、僕は寝付くことができなかった。
    僕は彼女の親父さんの病名を知っていた。
    「悪性リンパ腫」たしかそんな名前だった。
    年が変わる頃、僕の願い事は叶った。
    怪我で入院していた祖母が帰ってきたのだ。嬉しかったのに、どうしてか寂しかった。
    新学期、学校にいつも一緒だった彼女の姿はなかった。

    「あの子のお父さん、急に容体が悪くなって、昨日入院したのよ。」
    母からその話を聞いたとき、僕の足はあの駐車場に向かっていた。
    1つ。2つ。3つ。いくつもいくつも石を投げ、何度も何度もお願いした。
    僕は知っていた。いつかこんな日が来ることを。
    ただ、こんな日はあともうちょっと後のことだと思っていた。

    294 名前:大人になった名無しさん[sage] 投稿日:2008/11/24(月) 21:07:16 ID:???
    始業から一週間後、彼女は学校へやってきた。
    「おはよう。あのさ、お願い、・・・」
    その後は聞けなかった。
    「大丈夫!」笑顔で答えた彼女の眼は真っ赤だった。
    僕の願いが叶った時、彼女の願いは叶えられなかった。
    僕は自分を責めた。僕は彼女の願いを横取りしてしまったのだ、そんな風に考えるようになっていた。
    ふたりで毎日歩いたあの道を、いつしかひとりで歩いていた。
    それから数日後、彼女が引っ越してしまうということを聞かされた。

    そして僕の足はまたあの駐車場に向かっていた。
    そこの石の中で、一番丸くて、一番白くて、一番すべすべな石を、
    日曜日の朝から五時の鐘が鳴るまで探し続けた。
    次の日、僕は初めて学校を遅刻した。

    295 名前:大人になった名無しさん[sage] 投稿日:2008/11/24(月) 21:07:54 ID:???
    引っ越し業者のトラックはすでにやってきていた。
    「どしたの○○君。今日は学校でしょ。」
    「これあげる。」
    昨日一日で見つけた石の中で、最高の石だった。
    「ごめんね。」
    彼女が泣いた。大声をあげて泣いた。初めて見た彼女の涙だった。
    僕の着ていたトレーナーが彼女の涙と鼻水でグシャグシャになった。
    「僕のこと、忘れないでね。」
    「ありがとう。ありがとう・・・」
    彼女の唇は、涙の味がした。
    母親に促され、彼女は泣きながらトラックに乗り込んだ。
    トラックの窓越しにまだ泣いている彼女に、僕は笑ってほしかった。
    結局、僕が見た彼女の最後の笑顔は、真っ赤な眼をしたあのときの笑顔だった。

    僕はあれから、できるだけ笑顔で生きようと思った。
    いつか彼女と再開するとき、笑顔で会えるように。
    今、彼女は笑っているだろうか。
    あの石には、そうであるよう願いをこめてある。

    長々と読んでくださり、
    ありがとうございました。


    e-kingyo-01.png
    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    笑えるコピペ・ミニ
    FC2プロフ
    アクセスカウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    680位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    2chまとめブログ
    118位
    アクセスランキングを見る>>
    カレンダー&月別アーカイブ
    プルダウン 降順 昇順 年別

    04月 | 2017年05月 | 06月
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    最新記事
    最新コメント&トラックバック
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    BlogRing
    RSSリンクの表示
    メールフォーム
    ご意見・ご要望・諸連絡・情報提供等はこちらまで。 相互リンク・RSSの依頼も大歓迎!
    検索フォーム
    カテゴリ
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Powered By FC2ブログ b(爪ー爪)

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。