(3/31)
更新を休止しました。

(10/14)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「もぅマヂ無理」を追加しました。
(8/21)
アクセスランキング・人気記事ランキングをリニューアル。現在調整中につきもう暫くお待ち下さい。

(8/12)
本日は更新をお休みさせて頂きます。
ご了承下さい。

(7/1)
トップ絵・壁紙をリニューアル。
「怖いコピペ」に新カテゴリ
「ロミオ・勘助」を追加しました。

(6/18)
副管理人・副々管理人のプロフィールを追加しました。

(5/25)
一部フォントを変更しました。

(5/6)
「ゴールデンウィークスペシャル」最後までお楽しみ頂けましたか?
次回の特別編成は夏頃を予定しております。ご期待下さい。
五月病は笑えるコピペを読んでサッパリ笑い飛ばしちゃいましょう!

(5/6)
ゴールデンウィークスペシャルもいよいよ今日がラスト!
最終日は管理人オススメ、2chの長編スレシリーズをたっぷりお楽しみ下さい!

(5/5)
ゴールデンウィークスペシャル三日目は特別編成恒例「洒落怖」!
各まとめサイトで殿堂入りを果たしたあの名作、この名作をお楽しみ下さい!

(5/4)
ゴールデンウィークスペシャル二日目は
真偽の程はともかく「ちょっぴりタメになるコピペ」をたっぷりご紹介致します!

(5/3)
今日から6日までの4日間は「ゴールデンウィークスペシャル」!
本日はネットで古くから愛されてきた名作コピペの祭典「古典祭 ~春の陣~」をお楽しみ下さい!

(4/22)
「あやぽんRSS」無事復旧のためヘッドラインを元に戻しました。

(3/4)
地味で暗い背景を何とかしようと模様替え()。ついでにテンプレも少々修復しました。
こういうリニューアルは4月頭にやるのがセオリーだと言うのに、一ヶ月も先走って改築してしまう洒落の利かない管理人なのであった。
ここはそういうクソのような人がやってるブログだと思って下さいませ。

(3/1)
RSS一覧を整理。

(2/24)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「くぅ~w」を追加。

(2/7)
メニューバーをリニューアルしました。
これでIEでの表示も問題なくなるかも…?

(2/2)
4ヶ月ぶりにトップ絵一新。
ブログ創立以来初のテキスト複合型トップ絵に無謀にも挑戦。
不具合等ありましたら至急連絡お願いします。

    スポンサーサイト


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    パンツを盗む事に快感を覚えてしまった男の悲しい人生 【5】


    【4】はこちら


    386 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 16:31:06.67 ID:t6eVsuwh0
    皆さまこんにちは

    それでは始めます


    パンツを盗む事に快感を覚えてしまった男の悲しい人生



     第10話 グリーンとの決別 前編 




    さて久々に俺の心をときめかせた沙希ちゃんのピンクのパンティーだったが
    俺のドス黒い欲望をはき出す事はかなわず
    現行犯で妻のみどりに取り上げられてしまった

    残念ながらその甘美な味わいを満喫する事なく
    それ以来俺はみどりの尻に敷かれてしまう事になる


    392 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 16:40:17.52 ID:t6eVsuwh0
    それからさらに数年が過ぎ
    気がつくと俺はもう30代後半になっていた

    幽霊のような前室長は無事に定年退職し
    自動的に俺が昇格して製品管理室長となった

    自慢じゃないけど
    40手前での管理職出世、しかも中途入社でだ
    もちろんいろんな事情があってラッキーだったとも言えるが
    会社のみんなが俺を祝ってくれた

    妻のみどりもほんの少しは喜んでくれた

    みどりのくせに珍しくケーキとワインなぞ買ってきた
    みどりも普通にお酒は飲めるので
    ガラじゃないけど2人で乾杯した

    そして一番嬉しい事に給料が格段に増えた
    倍とまではいかないが、それぐらいは上がった
    そして新しい男子社員も数名入った


    393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/14 16:45:51.25 ID:Z+V5pBIu0
    みどりのくせにってwwwwwwww


    395 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 16:47:53.27 ID:t6eVsuwh0
    あの頼りなかった後輩の川上も順調に仕事を覚え
    俺の補佐をしてくれるまでになった

    人当たりのいい川上はクレーム処理や本部との折衝など
    俺の代わりができるようにまで成長していた

    新人社員は特にどうという事のない無難なメンバーで
    最近の若い者というのか、言われないと何もやらないけど
    それでも彼等について一つずつ仕事を教えていき
    何とか無難に新室長としての仕事がスタートした

    あの事件の後
    沙希ちゃんはまもなく辞めてしまっていた

    結婚するという噂もあったけど
    俺たちに正式な報告はなかった

    あの事件の真相に気づいていたのだろうか
    それも分からずじまいだった
    送別会すらやんわりと拒否して
    沙希ちゃんはさっさといなくなってしまった

    やっぱりバレてたのだろうか
    みどりはその件については俺に一切何も説明してくれない


    399 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 17:00:07.75 ID:t6eVsuwh0
    自分の会社を悪く言うのもなんだが
    うちの社員はあまり長続きしない

    新卒ですっと働いてるのは社内全体でもみどりぐらいだと思う
    沙希ちゃんもたぶんそうなのかそれとも俺のせいなのか
    要領のいい同僚はすぐにもっと待遇のいい会社を見つけ、移っていく

    かくいう俺も中途採用だし
    給料も安いしあまりきれいな仕事じゃないし
    野暮な白衣を着て来る日も来る歩もおにぎりの検査とかさせられて
    今の部下も何人続くだろうか

    それはともかくとして
    俺を含めて6名に増えた男子社員とみどり
    一番ひどい時には3人しかいなかった頃が嘘のような雰囲気だ

    新入りの若いヤツらはとりあえず元気だ
    まだ将来の希望に燃えてアツく夢など語っている
    俺にはこんな時代があっただろうか
    もう彼等はバブルなどは言葉でしか知らない世代だ


    402 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 17:04:29.71 ID:t6eVsuwh0
    すらりとしていて有能なみどり
    本来なら事務所の紅一点
    製品管理室のアイドルのはずなんだが
    新人たちは皆こわごわみどりに接している

    仕方がないかあんな怖い顔で毎日ウロついてれば
    唯一の女性であるみどりがいても全く社内が明るくならないのだからしょうがない

    数か月が経ち、新入社員が大まかに仕事を覚えてきて
    俺とみどりが彼等のミスの後始末に走り回る事も少なくなってきた頃

    みどりは突然退職を声高らかに宣言した

    「スーパーのパートでレジ打ちがしたいから」

    上司でしかも亭主の俺に何の相談もなく

    さっさと1人で本部に出かけて行き
    新室長の俺も無視して退職届を受理させてきた

    まあ実際はみどりの方が先任だったので問題はなかった


    404 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 17:07:55.78 ID:t6eVsuwh0
    そしてみどりは退職し
    その足でスーパーに面接に行き
    さっさとで合格をもらってきた

    冷たい目つきで理路整然と自分の長所を並べたて
    自分を採用しないと後で後悔しますよ
    ぐらいの事は平気で言える女だ

    ほとんど休養も取らず
    みどりは働き始めた

    なんて事はない
    会社帰りに毎日通るいつものスーパーだ

    俺とみどりのセックスは極端に少なくなっていた
    セックスレスと言ってもいいぐらいだ

    もともと少なかったのに
    沙希ちゃんのパンティー事件以降ほとんど完全に拒否されていた

    オ●ニーは大目に見てくれてたので
    俺はみどりの就寝後に
    こっそりとオ●ニーを続けていた
    これと言ってオカズもなく、ただむなしく放出するだけの作業だった

    そんなある夜のことだった

    「ねえあなた」


    408 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 17:12:27.66 ID:t6eVsuwh0
    「たまにはして」

    退職したみどりが急に俺に求めてきた
    みどりの方から要求するなんて初めてだった

    「疲れてるなら別にいいんだけど」

    驚いた俺だが別に嫌ではなかったので
    これ幸いとみどりに乗りかかった
    しつこいけどみどりは別にブスじゃないし
    スタイルだって悪くない
    文字通りの中肉中背しかも色白だ

    結婚当初はBだったおっぱいもようやくCカップに成長していた
    もちろん腹もお尻もまだたるんではいない
    何度も言うけど、ただ無愛想なだけの女だった

    許可さえいただければ俺は喜んで襲いかかる

    結婚当初はマグロ同然だったみどりだが
    少しずつは反応するようになっていた
    それでもいつも見てるAVの1万分の1以下だ


    414 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 17:16:09.28 ID:t6eVsuwh0
    この日のみどりはいつもと少し違っていた

    「そのまま入れていいから」

    珍しく口を使って俺を勃たせてくれる

    「最後までしてね」

    中出しまで許可してくれた
    こんな事は結婚以来初めての事だ

    ウスラバカな俺にもやっとピンときた

    みどりは子供を欲しがっていたのか
    室長になって給料が上がり
    自分がパートになっても経済的に大丈夫だと計算したのか
    何だかわいいヤツじゃないか
    みどりのくせに

    声が漏れないように口を押さえて小さくうめくみどりの顔を見下ろしながら
    俺は数年ぶりにみどりの体内にたっぷりと放出した


    417 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/14 17:18:46.63 ID:Z+V5pBIu0
    みどりのくせにって言うな!


    419 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 17:21:21.56 ID:t6eVsuwh0
    レジを打つようになったみどりは
    お客さんの前に出るというので
    慣れないお化粧をするようになった

    目の周りに何だかをペタペタと塗りつけ
    赤い口紅をつけた

    ただそれだけ
    中学生のような化粧だったが
    少し見違えた

    まだあまり上手ではなかったけど
    あのみどりが久々に女性に見えた

    実は俺はみどりが働くスーパーに何度か偵察に行った
    スーパーの店員の揃いの制服を着て
    薄化粧をして働くみどりの姿は
    なかなか新鮮だった

    夕方のかなり混雑した時間帯だったが
    相変わらず無表情で、機械的な正確さで商品を機械に通している
    しばらく覗いてから家に帰ると後でやっぱりみどりに怒られた

    「恥ずかしいから見に来ないで」

    今までとは少し雰囲気が変わったような気がした
    みどりはちょっと明るくなったかなと思った


    426 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 17:28:04.27 ID:t6eVsuwh0
    半年ほど頑張っただろうか
    みどりにしてはずいぶん耐えてくれた

    週1ぐらいのペースで俺も中出しに励んだが
    残念ながらみどりが妊娠する事はなかった

    何が原因かは分からないけど
    みどりも少し残念そうだったが
    できないものはしょうがない

    また以前のように拒否する事が多くなってきた

    そして俺はまたオ●ニーに戻るようになった

    子供ができなかったのは残念だけど
    俺にはまだ父親になる自覚なんかなかったし
    会社の将来も安定したとは言えない
    不況は今でも続いていた


    429 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 17:32:54.56 ID:t6eVsuwh0
    いろいろあって
    ノーマルなオ●ニーばっかりしていた俺だが
    たまには新しいオカズが欲しい

    みどりのパンツを勝手に持ち出して使う事もあったけど
    いまいちみどりのでは興奮しない
    途中であきらめ、みどりのタンスに戻す

    どんな嗅覚を持っているのか
    みどりはすぐにそれを見つけ出し
    こっちを睨みながら洗濯機に放り込んだ

    あれから何度か通販でかわいいパンツを買うようにも頼んでみたが
    みどりの反応はなかった

    すでになぜかパンツという言葉自体に嫌悪感を持っているようだった
    ああ新しいオカズが欲しい

    内緒で自分で通販で買ってみるかとか考えるようになっていた
    そんなある夜の事だった


    433 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 17:37:39.66 ID:t6eVsuwh0
    室長となった俺は
    事務所以外での行動も多くなった

    部外の人間と打ち合わせする事も多く
    付き合いで飲みに行く事も増えた

    人付き合いも管理職の仕事のうちだ
    その日も出入りの業者と軽く飲んで
    ご機嫌で家路を歩いていた

    駅の反対方向なのでめったに通らない道だった
    夜道を歩きながらふと上を見上げた

    そこはよくあるワンルームマンションだった
    しかし入口についた大きなプレートを見て俺の胸が高鳴った


    438 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/14 17:39:37.18 ID:FkRGME0/0
    嫌な予感しかしないな


    439 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 17:40:20.97 ID:t6eVsuwh0
    そこは沙希ちゃんが暮らしていたマンションだった

    こんな所を通るのは初めてだが
    マンションの名前には聞き覚えがあった
    懐かしさを感じて
    俺はそのマンションの玄関に入っていった

    もしかしたら沙希ちゃんの表札が出てるかなと思ったが
    今時の若い者は表札なんか出さない
    沙希ちゃんの部屋の番号までは覚えていない

    入ってすぐが駐車場で
    その側面にベランダが面していた

    人気のない駐車場から
    俺は明かりの灯る窓を下からながめて歩いた

    沙希ちゃんはまだそこに住んでいるのか
    もちろん外からは分からない
    もう何年も前の事だし
    結婚して出て行ってしまったのだろうか


    441 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 17:46:15.36 ID:t6eVsuwh0
    駐車場に出た俺は、しばらく下から窓を見ていた

    もしかしたら沙希ちゃんが窓から顔を出すかもしれない
    別に声をかけようとまでは思ってなかったけど
    一度だけ一緒に飲んだ記憶がよみがえる

    あの時と同じように
    俺を見つけて手を振ってくれて
    部屋に上げてくれて
    前みたいに2人で酒でも飲んで

    「いまでもあこがれてます・・・長谷川さん」

    みたいな事になってそれからそれから

    なぜかそこを離れる事が出来ないでいた
    と、ゆっくり歩く俺の目にある部屋が映った


    444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/14 17:48:14.56 ID:FkRGME0/0
    ここで盗んだら前回の犯人確定じゃないか


    446 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 17:49:43.26 ID:t6eVsuwh0
    その部屋のベランダには洗濯物が干してあった

    2階の一番奥の部屋だった

    暗かったけど、中からの明かりでぼんやり見えた
    それは女性用の洋服だった
    沙希ちゃんのかどうかは分からないが
    俺はその部屋の真下に急いだ

    部屋には電気が点いていたが
    中に人の気配は見えなかった
    外出してるのか、それとも風呂にでも入っているのか

    俺はゆっくり周囲を確かめる
    2階だが、一番端の部屋なので
    敷地を囲むコンクリートの塀がそばにあった

    昔の光景を思い出す
    大学時代岩川とよじ登った女子高の塀と似た感じだった


    447 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/14 17:50:22.42 ID:ZGEhi06C0
    期待を裏切らないパンツ長谷川

    451 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/14 17:52:51.71 ID:yd7CWK0oO
    長谷川
    ついにタイーホフラグ


    452 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 17:54:19.92 ID:t6eVsuwh0
    再び周囲を確認し
    駐車場にとまっている車の中にも人がいないか確かめた

    そしてするするとブロック塀をよじ登り
    簡単にその部屋のベランダに乗り移った

    部屋の中の様子ははっきり分からないが
    やはり人の気配はなかった
    長年の経験が本能的に体によみがえり
    俺は慣れた手つきで洗濯物を調べ始める

    若い女性らしく
    下着類は外から見える所には干してなかったが
    すでにこういう事にはベテランの域に達している俺だ

    俺の指先は器用に洗濯物をより分けていく
    暗がりだが、別に見えなくても手触りで分かる
    すぐにバスタオルで包んで隠すようにして干してある
    数枚のパンティーを発見した


    455 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/14 17:57:55.16 ID:sChSj7La0
    「人の不幸は蜜の味」という喩えもあるし、転落していく過程を見るのって結構おもしろいんだが、
    これはやめろ!としか思えなくなってるわ


    457 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 17:58:57.91 ID:t6eVsuwh0
    ベテランの下着泥棒はこんな所で躊躇はしない
    そして必要以上の犯行も行わない

    俺は素早く1枚だけパンティーを引っ張り出し
    素早く丸めて握りしめ
    再び塀を伝って下に降りた

    慌てて逃げ出して人目を引くような事はせずに
    今一度周囲を確認し
    悠然とその場を立ち去る

    ポケットに収めたパンティーを気にする事もなく
    歩道に出た俺は
    それでも用心して
    ぐるぐる回り道をしてから
    自宅のアパートに帰った
    もちろん誰も追いかけてこなかった


    460 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/14 18:01:57.38 ID:yd7CWK0oO
    ベテラン下着泥棒とかちょっとかっこよく書いてるけどお前相当ひどいぞwwwwwwwwwww


    461 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 18:02:17.62 ID:t6eVsuwh0
    俺も成長したものだ

    小学生の頃から下着を盗み始め
    すでにその経験は30年になろうとする

    ここに全ては書いていないけど
    盗んだ枚数は延べ40枚を超えるだろうか
    そして一度も捕まってはいない

    奥原先生とみどりに見つかった時を除いては

    かなり混乱した人生だったが
    今までの事が走馬灯のように目に浮かぶ

    盗んだパンツの数々と
    盗まれた女子たちの屈辱に歪んだ美しい表情
    もはや顔も思い出せなくなってる女子がほとんどだったが
    なぜかその日はさまざまな姿態が鮮明に思い出せた


    462 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 18:05:14.43 ID:t6eVsuwh0
    小柄な石原さん
    今やもっと美しい華麗な蝶に変身しているだろう

    グラマラスな林さん
    あのグラビアアイドルばりのナイスバディーは今も健在だろうか

    そして俺の心を支えてくれた奥原先生
    もういい年になってるはずだが
    今でもあの美しい笑顔で生徒を優しく癒やしているのだろうか

    結局手にする事はできなかったが
    俺の天使、上野さんのオレンジのブラジャーも鮮明に目に浮かんだ
    俺よりもっとつらい人生を笑顔で走りぬいていた彼女は
    もうとっくに結婚して幸せな家庭を築いているのだろうか

    もう少しで手に入った沙希ちゃんのパンティーも
    あの夜、一度だけ2人で過ごした居酒屋で
    酔いに顔を赤らめた沙希ちゃんの言葉も覚えている
    豊満な肉体に包まれるようなあの夢もまだはっりき覚えている


    465 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 18:08:35.00 ID:t6eVsuwh0
    そして名もないたくさんの下着たち
    中学の時に大量に強奪した下着の群れ

    めくるめく女の匂いに卒倒しそうになった事もあった
    女子高生の清楚なミニスカートと白いアンスコもあった
    汚れなき乙女たちがそれを身に着けて躍動するさまも目に浮かぶ

    ここには書いてないけど
    成人してからも何枚かのパンツを盗んだ
    快楽のためでもあり、盗むこと自体も楽しむようになっていた

    たくさんの思い出がついさっきの事のように思い出せた
    そして一度も捕まらなかった事に誇りさえ感じていた

    遠回りしたせいで長い家路を歩きながらいろんな事を考えた
    その時すでに何かの予感をしていたのだろうか

    さまざまな想像をして満足した俺はようやく自宅の鍵を開けて中に入った


    473 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 18:15:26.12 ID:t6eVsuwh0
    相変わらず無表情なみどりに出迎えられ
    俺は室内に入った

    結婚してもう10年近くになるか
    その間ずっとこのアパートで暮らしてきた

    みどりがいつもきれいにしているのでほとんど汚れてはいない
    2人だけの城だった

    もう真っ暗でも手探りで歩ける
    慣れ親しんだ我が家だった

    子供ができたら狭くなるね
    なんてみどりと話した事もあった
    キッチンに続いた居間と
    別に離れた寝室の2DKのアパート

    みどりがお茶漬けを作ってくれる

    会社を辞めてから少しは妻らしくなってきた
    みどりは家では化粧を落としていたが
    その身体はようやく丸みをおび始め
    大人の女らしい身体つきに近づいてきていた

    かつては少年のように引き締まっていたお尻は
    たおやかな色気さえ発するようになっていた


    480 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 18:19:57.85 ID:t6eVsuwh0
    名探偵みどりに顔の表情を悟られないよう
    俺は苦心して無表情を装い
    みどりが寝るのを待った

    会社を辞めてからみどりの就寝時間は少し遅くなり
    いつも12時過ぎまで起きていた

    あまり無理してみどりを不審をがらせたら後が恐ろしいので
    あきらめてみどりと一緒に就寝した
    その日はみどりからのお求めはなかった

    そして翌日みどりが寝た後で
    俺は昨日の戦利品を取り出した

    昨日のパンティーは自分のかばんにしまってあった
    ヘタな所に隠すよりも
    常に持っている方が安全だと思った

    音を消したAVを流しながら
    俺の聴覚は全て居間の入口に
    視覚その他の全ての感覚をパンティーに向けた


    481 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 18:23:19.14 ID:t6eVsuwh0
    かわいらしいパンティーだった
    白と淡いグリーンのシマシマ模様だった

    幾つぐらいの年齢の女性のものなのか
    流行にうとい俺には分からないが
    かなり若い女性のものだと確信した

    もちろん沙希ちゃんのではないだろう

    明らかに元々小さいサイズのお尻を包むように設計されたパンティーだった
    特別派手なわけでもなく
    みどりのような地味なパンツでもなかった
    もしかしたら大学生だろうか、それともアルバイトしてる子なのか
    普通の若い女の子の
    生活感にあふれた、よく洗いこまれだパンティーだった


    483 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 18:26:19.94 ID:t6eVsuwh0

    前回のようにお楽しみの途中でみどりに取り上げられてはかなわない

    俺は本能のおもむくままオ●ニーを楽しみ
    危うく発射直前にティッシュで受け止めた

    久しぶりのパンツオ●ニーは
    しみじみと男の狩猟本能を満足させてくれた

    大事なパンツなのであと何回かは使いたかった
    毎日女性のパンティーを持ち歩くわけにもいかないので
    押入れの奥にしまってある工具箱を開け
    その奥にパンティーを隠した
    みどりが工具を使う事なんかないと思った

    さいわいみどりには見つからずに
    しばらく平穏な日々が続いた

    俺はパンティーをどうしようかと迷っていた
    あまり長い間持っていてまた見つかってもなさけないし
    さりとて捨ててしまったら次はいつ手に入るか分からない極上のシロモノだし

    あと何回か使ってから捨てるのが無難だろうと推測された
    それから2回ほど、そのパンティーにはお世話になった


    484 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 18:31:47.82 ID:t6eVsuwh0
    そして10日ぐらい後だっただろうか
    名残惜しいけどそろそろ捨てるかなと思っていた

    今日もう一回使ったら捨てようと決心して
    ある夜、俺が帰宅したら

    みどりは俺に背中を向けて黙ってソファーに座っていた

    一瞬ヒヤッとはしたが
    こういう光景は今までにも何度かあった

    慣れないパートの重労働で
    イヤな事でもあったのだろうか

    俺が話しかけても返事もせずに

    一人でテーブルの板目をずっと見つめていた


    488 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 18:35:19.89 ID:t6eVsuwh0
    そんな時にかまってもしょうがないので
    俺はさっさと風呂に入ろうとする

    その時みどりに呼び止められた

    「ちょっとここに座って」

    みどりの声はいつもより低かった


    493 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 18:39:19.74 ID:t6eVsuwh0
    とうとうきたか

    こうなる予感はしていた
    今から何が起こるかも分かっていた
    なんとなく覚悟はできていた
    だからあの日
    走馬灯のように全ての記憶がよみがえったのか

    もういいだろうこれで
    なかなか楽しい人生だった
    そんなに悪くはない結婚生活だった
    もう思い残す事はないし
    あきらめたようにおとなしくリビングに入る


    497 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 18:42:27.03 ID:t6eVsuwh0
    ソファーは安物の二人用だ

    この状況で並んで座るのは気が引けるが
    俺を座らせるとみどりはさっと立ち上がった

    もう覚悟はできてる

    みどりは台所から例のグリーンの縞パンを持ち出し
    何も言わずにテーブルにトンと置いた

    俺の前で仁王立ちになり
    俺をじっと見下ろしている


    504 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 18:45:47.48 ID:t6eVsuwh0
    グリーンの縞パンは信じられないぐらい小さかった

    よく洗いこまれた清潔なパンティーだった
    汚れを知らない若い女性のパンティー

    盗まれた事に気づいた女性はどうしたのだろうか

    まさかパンティー1枚で警察に通報する事はないだろうけど
    その子の今後の人生にどんな影響を与えるのだろうか

    今まで両親の愛をいっぱいに受けて育ち
    他人を疑うような人生ではなかっただろう

    それがこれから
    行き交う男と通り過ぎるたびに身体をすくめて
    自分の下着が狙われている屈辱感

    生活の全てを覗かれているかもしれない恐怖と戦い続けるのか
    パンツを盗まれて恐怖に震えていた小学校時代の石原さんの姿をまた思い出した


    508 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 18:49:52.58 ID:t6eVsuwh0
    何も言わない俺にみどりさんが鋭く質問を発する

    「今度は誰の?」

    知らない人デス

    「どうやったの?」

    通りすがりのマンションに忍び込んだ

    「見つからなかったの?」

    ハイたぶん

    「いつの話?」

    1週間クライ前ダト思イマス

    「これからもずっとこんなことするの?」

    もうヤメマス

    「それはこの前聞きました」

    モウ絶対ヤリマセンので

    「捕まったらどうなるか分かってるの?
     警察へ連れてかれて何日も捕まって
     会社もクビになって私は犯罪者の妻よ」

    分かってますごめんなさい


    512 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 18:53:28.73 ID:t6eVsuwh0
    みどりさんはそれ以上何も言わずに俺に背中を向け
    台所のドアに手をかけてこう言った

    「出ていきます」

    居間を出ていくみどりさんを見送り
    全てが終わったと思った

    すでにこうなる事は規定の事実のように感じていた
    予感はしていた

    それになぜか安堵感もあった
    背中の重い荷物が消えたような軽い気持ちだった

    しかしやっぱり寂しさもあった



    520 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 18:57:01.47 ID:t6eVsuwh0
    それなりにみどりとの付き合いも長くなってたし
    愛情はあったかどうかは分からないが
    俺のたった一人の妻だ

    お互いに処女と童貞を捧げた相手だ

    なんだかんだ言っても俺にはみどりしかいない

    沙希ちゃんとの浮気だってギリギリの所で我慢したんだし
    俺の全てを知ってるのは今はもうみどりだけなんだ

    みどりにだってそれは言えるはずだ
    俺と別れて1人になって生きていけるのか
    いやあのみどりなら生きていけるかも

    1人で生きていく?


       待てよ


    527 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/14 19:00:05.61 ID:V6Jg6VbzO
    長谷川の夫婦関係見てるとペーターキュルテンって犯罪者思い出すな


    529 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 19:00:50.32 ID:t6eVsuwh0
    みどりの実家は遠い田舎だ
    新幹線か飛行機に乗らないと帰れない

    そこまで行くだけでもかなりの時間がかかる
    こんな時間に家を出ても帰れるはずがない
    じゃあどこに行くつもりなんだ?

    俺の頭脳がフル回転する
    少年時代は天才少年
    そして酒にまみれた高校時代なのに
    わずか4か月の受験勉強で国立大学に鮮やかに合格した

    その頭脳がすさまじい速さで回転する
    あまりの高速に熱が出るほど
    すさまじい勢いで回転した


    534 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 19:04:08.62 ID:t6eVsuwh0
    みどりが会社を辞めてスーパーで働き出してから
    急に化粧をするようになった

    いろいろ理由は言ってたけど
    なぜ突然そんな事を始めたのか

    そして固くこわばっていた細い身体が最近
    徐々に丸みをおびた女らしい体つきに変わってきた

    そして俺がスーパーを見に行くと突然怒り出した
    なぜなのか


    まさか

    俺の血液の流れが一瞬ピタリと止まった


    541 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 19:08:07.02 ID:t6eVsuwh0
    鈍感な俺でもすぐにピンときた

    答えは一つしかない

    みどりは浮気してたのか

    スーパーの店長なのか
    バツ1の同僚ののオッサンか
    研修とか何とかで
    時々夜に家を出ていったのは
    そのオッサンに抱かれるためだったのか

    みどりもそのオッサンを求め
    オッサンはみどりに化粧を強要し
    みどりもオッサンを喜ばせるためにいそいそと従う

    俺とは違う、体の隅々まで這いまわる優しい愛撫に
    少年のように固かった身体は徐々にもみほぐされ
    初めて女の歓びを覚えたみどりは
    やがてその体つきすら変わっていった


    544 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/14 19:09:04.23 ID:y61MrI740
    いつくらいから浮気してたんだ・・・?

    546 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/14 19:10:11.86 ID:Mj2yEA2C0
    まだだ、まだ確定したわけじゃない


    549 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 19:11:37.13 ID:t6eVsuwh0
    一瞬の妄想でそこまで推理できた
    俺もなかなかみどりに負けない名探偵だ

    そう考えると悔しさが込み上げてきた
    理由はともあれ
    ようやく女らしくなったみどりを今手放すつもりはない

    みどりは俺の妻だ
    勝手な事は俺が断じて許さん
    俺はみどりを引き戻すべく
    居間を出て寝室に向かった

    パンツを盗む事に快感を覚えてしまった男の悲しい人生

    第十話 グリーンとの決別 前編 終


    559 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 19:21:48.44 ID:t6eVsuwh0
    パンツを盗む事に快感を覚えてしまった男の悲しい人生



     第10話 グリーンとの決別 後編 



    30代後半を迎えて
    ようやく俺の人生は軌道に乗り始めた

    出世してまずまずの給料をもらうようになり
    家庭を守る妻はよく働き
    後は子供さえできたら
    俺は満足する寸前だった


    561 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 19:24:20.22 ID:t6eVsuwh0
    そんな時につい魔がさして昔のクセが出る
    一人暮らしの女性のマンションを襲い
    1枚のパンティーを盗んでしまった
    俺は昔のように懐かしいパンツオ●ニーを楽しんだ

    だが夢のような至福の一時は束の間だった
    妻のみどりに見つかって問い詰められ
    あきれ果てたみどりは出て行こうとする

    そんなみどりの背中に浮気の匂いを感じた俺は
    みどりを取り戻すべく寝室に入った


    563 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 19:27:46.85 ID:t6eVsuwh0
    みどりは俺に背中を向けて
    大きなかばんに身の回りの物を詰めている
    テレビのホームドラマでよく見るような

    「ワタクシ実家ニ帰ラセテ頂キマス」

    の光景だった

    俺はみどりの背中に向かって声をかけた
    今ごろからいったいどこに行くつもりだ
    みどりは答えない

    今から電車に乗ってもどこへも行けないだろ
    みどりは答えない

    どこか行くあてがあるのか
    みどりは何も答えない

    どこかに男でもいるのか
    そいつの家にでも転がりこむのか


    566 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 19:30:24.19 ID:t6eVsuwh0
    言ってしまってから後悔した
    それだけは言わない方が良かったのか

    みどりは突然立ち上がり
    詰めていた荷物を放り出し
    立ってる俺をすり抜けて
    そのまま外に飛び出そうとした

    普段の顔とは全く違う、完全に血相が変わっている
    いつもの無表情なみどりの顔ではなかった

    なぜか壮絶な美しさがあった


    569 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 19:33:57.43 ID:t6eVsuwh0
    しかしもう俺は止められない
    すり抜けようとするみどりをがっちり捕まえ
    背後から羽交い絞めにする

    みどりは暴れた
    どこにこんな力を秘めていたのか
    猛烈に暴れた

    何度か振りほどかれたが
    強引にそのままベッドに押し倒した

    暴れるみどりを後ろから抱きすくめる俺の手に
    みどりの柔らかな乳房がすっぽりと収まった
    以前よりも少し大きさを増した、柔らかい感触だった

    そして暴れるみどりの身体のぬくもりが、俺の心の何かに火を付けた


    570 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/14 19:35:51.45 ID:e5EShLqC0
    ちょww強姦まがいwww


    571 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 19:37:19.13 ID:t6eVsuwh0
    もうこれで終わりになったとしても
    俺はみどりをそのまま出て行かせるつもりはなかった

    みどりの心の中に俺がどんなひどい傷を付けようとも
    ここで出ていかれたら男は終わりだと思った

    そして俺はみどりを強姦した


     (ここでちょっと間を取ります
      ここから先はやや激しい性的描写があります
      そう大げさではないのですが
      暴力を伴った性表現に不快感を感じる方は見ない方がいいと思います
      もちろん18歳以下のお子ちゃまもご退出ください
      それから現実と妄想の区別のつかないゲーム脳の方もご遠慮ください


      ここはもう少し柔らかい表現を使おうかなとも思ったのですが
      やはり重要な場面だしこの後にもつながる部分なんで
      それに2ちゃんねるですから多少の毒も許されるかなと思ったので

      それでは数分後に再スタートします
      一応警告しましたからね

      後はよく考えてご判断ください)







    581 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 19:44:55.77 ID:t6eVsuwh0
    では再スタートします
    今現在は良識のある
    大人の皆さんだけが読んで下さってると信じてます

    って私が言っても全然意味ないですねwwww


    俺はみどりに襲いかかった

    暴れるみどりを両膝で押さえつけ
    むしり取るように全裸にひんむく

    下着も服も破れたが全く気にしなかった
    そして脱がせたシャツでみどりの両手首を縛り付け
    頭の後ろで組ませた

    そんなに大きな声ではなかったけど

    「やめて!やめて!」

    と叫ぶので

    脱がせたパンツを小さく丸めてみどりの口の中に無理やり押し込む


    587 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/14 19:47:48.85 ID:oM/7yyQMO ?2BP(185)
    パンツを無碍に扱ったwww
    長谷川じゃ有り得ないwwwwww

    588 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/14 19:47:52.08 ID:2x1Hl6SI0
    なんという強姦プレイ


    590 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 19:48:38.07 ID:t6eVsuwh0
    ふくよかになってきたみどりの乳房に強く噛みつき
    歯形をいくつも付ける
    文字通り噛みちぎるくらいに強く乳首も噛んだ
    両足をあり得ないぐらいに大きく開かせ
    股間にむしゃぶりついた
    どうせ濡れないだろうと思ったので
    自分の唾でみどりの性器をたっぷりと濡らした
    太ももにも噛みつき、歯形をいくつもつけた
    もうこれで最後だと思い
    俺は存分にみどりの肉体を味わった
    みどりの身体が壊れてもいいと思った
    壊すつもりだった
    声を出せないみどりは狂ったように頭を打ち振っている


    595 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 19:52:23.31 ID:t6eVsuwh0
    凄惨な光景だった
    両手を縛られ猿轡を噛まされたみどりの股間を
    しがないパンツ泥棒の男が舐め回している

    だんだんみどりの暴れる力が弱まってきたので
    俺はいったんみどりの口からパンツを引っ張り出した

    苦しそうにハァハァと息をつくみどりの口を舐め回す
    あわてて口を閉じるみどりの歯の隙間に舌をねじ込み
    口の中も強引に舐め回す

    さすがにみどりも噛み切るようなマネはしなかった
    そしてみどりをベッドから引きずり下ろし
    その口にチンコを押し付ける

    逃げようとするみどりの顔に無理やり押し付け
    グリグリと擦りつける

    俺はもう自分を制御できなくなっていた
    ようやくみどりの口をこじ開けると
    ほとんど勃起していたチンコを奥まで完全にねじ込む

    みどりが吐こうが関係なかった
    正直みどりが死んでもかまわないとも思った

    殴ったり蹴ったりするつもりはなかったけど
    必要とあれば暴力も辞さないつもりだった

    「おぇっ・・・ごぇぇっ・・・ぇぇぇ・・・」

    ものすごいうめき声を立てるみどりを無視してひたすら腰を振り
    みどりの髪を両手でつかんで自分の腰に叩きつける


    598 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 19:56:52.65 ID:t6eVsuwh0
    かなり長い時間
    俺は激しくみどりの口と喉の奥を犯した

    やがてみどりの力が抜け、ぐったりとなってきたので
    俺はつかんでいたみどりの頭を離してベッドに放り捨てた

    みどりはぐったりとベッドにひっくり返り
    身体をくの字に折り曲げてガクガクと痙攣している

    「ぁぁ・・・ぁぁ・・・」

    と力なくうめきながら
    口からよだれをダラダラとだらしなく流している

    そんなみどりの表情には目もくれずに、俺は最後の仕上げに入る
    自分の服も全部脱ぎ捨て
    再びみどりの性器を自分の唾でベトベトに濡らし
    いきり立ったチンコを挿入する

    もうみどりに抵抗する気力は残ってなかった
    唾でたっぷり濡らしたみどりの膣に
    俺のチンコは簡単にヌルッと入った
    自分のペースで勝手に腰を振り
    あっという間に射精した

    そんなもので終わるつもりはなかった
    たとえ朝までかかっても
    自分の歪んだ欲望をみどりの身体の奥に全て吐き出すまでは
    そして心も身体もボロボロになって
    どこへでも好きな男の所に行けばよい

    俺は抜かないまま2回目に突入した


    604 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 20:00:18.81 ID:t6eVsuwh0
    正常位のままで
    暴れないように手足を抑えつけたまま
    俺はみどりを犯し続けた

    みどりの目から涙がこぼれる

    そしてその呼吸はどんどん浅く早くなってくる
    みどりの生命の炎が休息に小さくなっていくのに気がついたが
    その時はみどりが死ぬ前に全ての精液を放出する事だけしか考えていなかった

    俺の頭もおかしくなっていた
    とにかく必死で腰を振り続け
    俺は再びみどりの身体の奥深くに
    生のまま2回目の精液を注ぎ込んだ
    まだまだ続けるつもりだった

    しかし30過ぎの中年
    脳を妬く炎は消えていなかったが残念ながら身体がついていかない

    2回目の終了時点で早々としぼみ始めたチンコを感じながら
    さてどうしようかと考える

    写真を撮ってあちこちにバラ撒くとか
    さすがにそんな事はできない

    みどりにもっと陰惨な屈辱を味わわせるにはどうしたらいいものかと
    俺はみどりの顔を見下ろした


    607 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/14 20:01:35.53 ID:MIRUCi0wO
    こんなの長谷川じゃないよ

    612 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/14 20:04:34.62 ID:vUYZbAAGO
    もうパンツ泥棒の話すら思い出せない


    613 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 20:04:48.18 ID:t6eVsuwh0
    みどりの痙攣は徐々に収まってきたけど
    体中から冷たい汗が噴き出している

    ぁぁぁぁと浅い呼吸を続けながら
    俺はみどりの生命が消えかけていくのを感じていた

    目からはずっと涙があふれている

    その顔をじっくり見つめた
    あまり愛情のない夫婦だったかもしれないけど
    それでも毎日見ている顔だ
    決して美人ではないがもちろんブスでもない
    最近抜き始めた眉毛もあまり上手に抜けていない
    雑に抜かれたみどりの眉毛を間近に見て
    何かおかしさというか
    みどりに対する憐憫というのか
    2回射精して俺もちょっと落ち着いたのか
    このまま外に放り出すはあまりにもひどいと思った

    それでもやっぱりこれで終わるつもりはなかった
    みどりの夫であった事実を残したかった
    自分勝手だけど
    せめて最後ぐらい感じさせて終わりたい

    俺でもみどりを感じさせられる事を分かってもらいたいと思った


    616 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 20:08:39.26 ID:t6eVsuwh0
    もう暴れないだろうと思ったので
    後ろ手に縛っていたシャツをほどいてやった

    だんだん冷たくなってくるみどりの体の具合も心配だった
    これだけやっておいて、ものすごく自分勝手な理屈だけど
    一応今までの感謝というか
    いろんな気持ちをこめてキスをしようとした

    みどりは顔を横にそむけ、キスを拒んだ
    まあ当然だろうこれだけひどい事をやったのだから
    チンコも完全にしぼんでしまっていたので
    俺はみどりを抱きしめたまま
    何もできないでいた

    気の強い女というか
    これだけ涙をこぼしているのに
    強姦されてる最中も
    みどりは泣き声一つ上げなかった

    そのみどりがやがて嗚咽し始めた

    嗚咽はしゃっくりに変わり、だんだんひどくなってくる
    さすがにみどりがかわいそうになった
    逃げないように押さえつけていた腕の力をゆるめ
    少しぐらいは息がしやすいようにしてやる

    まだたるんでいない、ぷっくりしたみどりの乳房が嗚咽に合わせて波打つ
    そこには乳首の近くにまで俺の歯形がついていた


    617 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/14 20:08:57.98 ID:yd7CWK0oO
    ここでパンツを盗むんで長谷川が外へ飛び出すのか


    620 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 20:11:14.06 ID:t6eVsuwh0
    みどりはしゃっくりを何度も繰り返しながら

    「おう・・・あららいれ・・・」

    何を言ってるのか分からなかった
    みどりは必死で呼吸を整え

    「もうやらないで」

    絞り出すように言う
    俺は強姦をやめてくれと言ってるのだと思い
    モソモソと体を起こそうとした
    するとみどりが俺の肩を押さえた
    はずみでチンコがヌルリと抜けてしまった


    621 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/14 20:12:04.29 ID:iubsqpOq0
    こんな展開…誰が予想していたのか


    627 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 20:14:22.52 ID:t6eVsuwh0
    みどりを起こそうとしたけど起きない
    俺はどうしていいか分からず次の言葉を待つ

    みどりは涙を流しながら声を振り絞る

    「もう 変なことするのはやめて」

    「あなたに捕まってほしくないから」

    そこでやっと強姦ではなく、パンツ泥棒をやめてくれと言ってるのに気がついた

    俺のどす黒い欲望は急速に収まっていき
    みどりに対しての罪悪感がどんどん大きくなった


    「わたし・・・あなたしか・・・いないから・・・」

    637 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/14 20:16:17.34 ID:5KOr4cuu0
    みどり健気すぎるだろ

    638 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/14 20:16:28.85 ID:2x1Hl6SI0
    長谷川お前なんてことしちまったんだよ~~~~~


    643 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 20:17:11.64 ID:t6eVsuwh0
    ようやく落ち着いて考えてみる
    悪いのは全て俺だ

    俺の事を心配して注意してくれたみどりの期待を
    俺は完全に裏切ってしまった

    みどりが浮気してるはずがないとも思った

    こんなにセックスに淡白な女が
    わざわざ外に行ってまでするはずもないだろう

    万一浮気してたとしても
    それはつまり俺のせいだ
    俺がみどりを責められるはずがない

    みどりには俺しかいなかった

    不幸なこの女をしっかりと受け止められるのは
    みどりの中には俺だけだったはず

    だからこそ、自分から告白してきたみどりは
    いったいどんな思いで俺にプロポーズしてきたんだろうか


    646 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/14 20:18:45.00 ID:EIg1TfsdO
    これは切なすぎる


    649 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 20:22:26.91 ID:t6eVsuwh0
    俺がもっとちゃんとみどりを愛してやり
    固いみどりの心を解きほぐしてやれば
    みどりも変わったのかもしれない

    そう、高校時代の俺のように

    みどりの学生時代の話なんか聞いた事もなかった
    もちろん俺の事も話さなかった

    深夜にモゾモゾと昔の事を妄想しながら
    1人むなしく精液を放出している俺を
    みどりはどんな気持ちで見ていたのだろうか

    俺が奥原先生なら
    俺が上野さんなら
    みどりの心をやさしく開いてやれただろうか

    今俺がそうならなきゃいけない時だった

    しかし俺はみどりに対して大変な事をしでかしてしまった

    みどりの体はどんどん冷たくなっていく

    俺がみどりの心と身体につけてしまった傷は
    誰も治せないかもしれない
    だからこそ俺が治さねばならない


    651 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/14 20:23:13.63 ID:E42j9O3R0
    やっと大人になったな・・・長谷川・・・。


    653 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 20:25:29.32 ID:t6eVsuwh0
    俺は心から反省をこめてみどりに謝った
    もう絶対にしない
    本当にしない
    そしてみどりを傷つける事もしない
    許してほしい
    もう一度だけチャンスをほしい
    だからどこにも行かないでほしい
    俺を置いていかないでほしい
    みどりに対して語った
    初めての素直な心だった

    俺のようなバカな人間は
    上野さんのように柔らかく人の心を解きほぐすなんて技はできない

    だからこそ
    心をこめてそう言った


    660 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 20:30:15.10 ID:t6eVsuwh0
    みどりが俺の肩に両手を回してきた
    冷たい両手は力なく震えていた

    すでに危険な状態になっているのが俺にも分かる

    だがみどりはわなわなと俺にしがみついてきた

    「抱いて・・・ちゃんと抱いて・・・」

    俺はみどりに顔を近づけ、そっとキスをした
    今度はみどりは拒まなかった
    冷たいみどりの身体をしっかりと抱き締めた
    みどりも俺を離さない

    「あのパンツもう捨ててね」

    「分かった約束するから・・・ごめん」


    670 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 20:34:50.19 ID:t6eVsuwh0
    俺は心の中で誓った

    もう2度とみどりを泣かせたりはしない
    この女を幸せにする
    絶対幸せにしてみせる
    おそらく子供の頃から幸薄かった
    この地味な女を
    俺が絶対幸せにしてみせると誓った


    パンツを盗む事に快感を覚えてしまった男の悲しい人生

    第10話 グリーンとの決別 完


    675 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/14 20:36:58.89 ID:dDp62h/eO
    長谷川に惚れなかったら地味なりに平凡で幸せな人生が送れただろうに・・

    686 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/14 20:43:03.57 ID:HCyMee/2O
    みどりいい子だなあ

    688 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/14 20:43:30.17 ID:5KOr4cuu0
    愛すべき馬鹿だった長谷川君はどこへ・・・


    727 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 21:48:02.57 ID:t6eVsuwh0
    あんまり言ってしまうとつまらなくなりますけど
    次回は完結編って書いてるぐらいですから
    もうパンツの話は出てきません
    これぐらいにしときます

    皆さまのご期待にこたえられるかどうか
    とにかく頑張ります


    735 名前:◆iPZ3/IklKM :2008/10/14 22:53:40.70 ID:t6eVsuwh0
    それでは今日もこのへんで失礼します

    それでは皆さま
    夜道を歩くときは
    女性の一人暮らしのマンションなどにどうぞ十分ご注意ください

    おやすみなさい


    【6】完結編へつづく


    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    笑えるコピペ・ミニ
    FC2プロフ
    アクセスカウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    751位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    2chまとめブログ
    119位
    アクセスランキングを見る>>
    カレンダー&月別アーカイブ
    プルダウン 降順 昇順 年別

    03月 | 2017年04月 | 05月
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -


    最新記事
    最新コメント&トラックバック
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    BlogRing
    RSSリンクの表示
    メールフォーム
    ご意見・ご要望・諸連絡・情報提供等はこちらまで。 相互リンク・RSSの依頼も大歓迎!
    検索フォーム
    カテゴリ
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Powered By FC2ブログ b(爪ー爪)

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。