(3/31)
更新を休止しました。

(10/14)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「もぅマヂ無理」を追加しました。
(8/21)
アクセスランキング・人気記事ランキングをリニューアル。現在調整中につきもう暫くお待ち下さい。

(8/12)
本日は更新をお休みさせて頂きます。
ご了承下さい。

(7/1)
トップ絵・壁紙をリニューアル。
「怖いコピペ」に新カテゴリ
「ロミオ・勘助」を追加しました。

(6/18)
副管理人・副々管理人のプロフィールを追加しました。

(5/25)
一部フォントを変更しました。

(5/6)
「ゴールデンウィークスペシャル」最後までお楽しみ頂けましたか?
次回の特別編成は夏頃を予定しております。ご期待下さい。
五月病は笑えるコピペを読んでサッパリ笑い飛ばしちゃいましょう!

(5/6)
ゴールデンウィークスペシャルもいよいよ今日がラスト!
最終日は管理人オススメ、2chの長編スレシリーズをたっぷりお楽しみ下さい!

(5/5)
ゴールデンウィークスペシャル三日目は特別編成恒例「洒落怖」!
各まとめサイトで殿堂入りを果たしたあの名作、この名作をお楽しみ下さい!

(5/4)
ゴールデンウィークスペシャル二日目は
真偽の程はともかく「ちょっぴりタメになるコピペ」をたっぷりご紹介致します!

(5/3)
今日から6日までの4日間は「ゴールデンウィークスペシャル」!
本日はネットで古くから愛されてきた名作コピペの祭典「古典祭 ~春の陣~」をお楽しみ下さい!

(4/22)
「あやぽんRSS」無事復旧のためヘッドラインを元に戻しました。

(3/4)
地味で暗い背景を何とかしようと模様替え()。ついでにテンプレも少々修復しました。
こういうリニューアルは4月頭にやるのがセオリーだと言うのに、一ヶ月も先走って改築してしまう洒落の利かない管理人なのであった。
ここはそういうクソのような人がやってるブログだと思って下さいませ。

(3/1)
RSS一覧を整理。

(2/24)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「くぅ~w」を追加。

(2/7)
メニューバーをリニューアルしました。
これでIEでの表示も問題なくなるかも…?

(2/2)
4ヶ月ぶりにトップ絵一新。
ブログ創立以来初のテキスト複合型トップ絵に無謀にも挑戦。
不具合等ありましたら至急連絡お願いします。

    スポンサーサイト


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    パンツを盗む事に快感を覚えてしまった男の悲しい人生 【2】


    【1】はこちら


    1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 16:33:33.89 ID:1mdYvNaJ0
    皆さま昨日はどうもありがとうございました

    パンツを盗む事に快感を覚えてしまった男の悲しい人生

    の続編です

    今回は中学正編です
    いけるとこまでいきますので
    よろしかったらまたお付き合いください



     第4話 完全犯罪 序章 



    (本題とは関係のない話が長く続きます
     さほど興味のない方は後半まで読み飛ばして下さい)


    2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 16:35:39.57 ID:1mdYvNaJ0
    体の弱い少年が起こした醜悪な女子パンツ窃盗事件だったが
    事の真相がが全校に拡がることはなく
    担任の奥原先生は約束を守り
    誰にも言わないでいてくれた

    すでにクラス中から白い目で見られていた俺だが
    奥原先生だけは今まで通り接してくれた
    そして時々、宿題のノートにはさんだ手紙をくれた

    「勉強は進んでいますか?」

    「体の調子はどうですか?」

    「朝とか早く起きて外を走ってみませんか?」

    俺は先生のパンツではなく手紙を握りしめ
    勉強に精を出した

    そして冬の寒い時期
    一人で電車に乗って受験に行った俺は
    見事に合格し
    晴れて名門大学付属中学生となった


    3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 16:39:29.61 ID:1mdYvNaJ0
    小学校の卒業式
    何も思い残す事などない

    ほとんどの生徒はそのまま地元の公立中学に行くが
    俺はここでお別れとなる

    多少感傷的になっている子もいたが
    俺には関係ない
    6年間育った学び舎にも
    苦楽を共にした級友にも
    何の感傷も沸かない
    おそらくもう2度と会う事もないだろう

    ただますます色っぽくなっていた
    林さんのちょっとお背伸びドレス姿と
    涙を浮かべて俺たちを見送る
    奥原先生の清楚なスーツ姿だけは
    きっちりと目に焼き付けた

    そして今日のためにお母さんに作ってもらったのだろうか
    身体よりもかなり大きなブレザーを着た石原さんの垢抜けない姿も一応記憶した

    そして俺は後ろを振り向くことなく小学校を去った


    4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 16:42:59.17 ID:1mdYvNaJ0
    俺は中学校に進んだ
    満員電車での通学は少年の俺にはかなりつらかったが
    やがてその苦痛の場所も快楽に変えられるようになる

    知らない女性と身体を密着させる体験なんて普通はそうできない事だ

    そして中学に入ってすぐに気付いたのだが
    ここはかなりの名門校
    県内でも有数の進学校だ

    当然生徒は優秀揃い
    そして見るからに運動音痴の子供の集団だった

    つまり俺みたいな人間ばかりだった

    私立と違ってお坊ちゃんお譲ちゃんはおらず
    ただ勉強ができるだけというヤツばかりだ


    5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 16:48:24.20 ID:1mdYvNaJ0
    俺の心はときめいた
    ここなら自分を変えられるかもしれない

    俺の過去なんて誰も知らない
    プールが怖くて逃げまわり
    体育の授業を見学ばかりしていた俺の姿なんか誰も知らない

    他の誰もはオドオドと周りを不安そうに見回してる
    俺はいわゆるガリ勉ではない
    ちょっと異常だがある程度は他人とも如才なく話ができた

    無理して明るくふるまい、近くの生徒に声をかける
    その生徒も救われたように俺に答えてくる
    男女問わず誰にでも思い切って話しかけた

    たちまち俺の周りに人だかりができ
    入学わずか数日で俺はクラスの人気者になった
    そしてホームルームで各種委員の投票があり
    俺は満票で前期の学級委員に選出された

    入学間もない教師との面談で
    先生は休みがちだった俺の小学時代を心配してくれるが
    とにかく勇気を出して頑張る事を誓った

    学級委員の仕事などを通じて
    他のクラスの生徒とも仲良くなった

    朝早くに教室に入り
    集まってくる生徒全てと話をした


    8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 16:51:47.71 ID:1mdYvNaJ0
    そして昼休みのドッジボール

    仲間の輪に入り一緒に遊ぶ
    以前は飛んでくるボールが怖くて逃げ回ってたのに
    勇気を出して体をぶつけてみると
    意外なほど痛くなかった

    思いっきりボールを投げると
    全然見当違いの方角ではあったが
    ボールははるか遠くへ飛んでいった

    なんだか胸がスカッとした

    なんだこんなものか

    思い切って挑戦してみたらどうってことのない事だった

    何でも全部こんな調子だった
    俺の人生は明らかに変わっていった
    変わっていく自分がとても楽しく
    学校からの連絡で親にもそれが伝わり
    喜ぶ両親の顔がまた嬉しくて
    休むことなく毎日通学した
    小学校とは全く違う、楽しい学校生活だった

    そして初めて女子から告白された
    中1の夏だった


    9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 16:54:42.16 ID:1mdYvNaJ0
    俺の席の周りには昼休みになると大勢の男子生徒が集まる
    弁当を一緒に食べるためだ

    近くの机を占領して大騒ぎしながら弁当を食べる
    その中心はいつも俺だった

    そんな俺の隣の席は早川さんという女子だった
    席は50音順で決められており
    男女が隣同士で座る

    早川さんという女子ははっきり言ってブスで
    巨大な肉体を持つ大女だった

    俺が興味を持てるタイプでは全然なかったんだけど
    席が隣同士なのでよく話をした

    早川さんは女子バスケ部に入っており
    昼食時は彼女の周りにそのバスケ部集団が集まってきた

    つまり俺の周りには男子と女子の2つのグループがあった
    その女子バスケ部巨体軍団の中に、前田さんという女子がいた


    10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 16:58:56.05 ID:1mdYvNaJ0
    前田さんは早川さんと同じバスケ部で
    当時まだひ弱だった俺より一回り大きく
    顔はラッシャー板前によく似ていた

    よく柔道のヤワラちゃんが似ているとか言うけれど
    とんでもない
    俺に言わせればヤワラちゃんの方がはるかに美人だ

    その前田さんが盛んに俺に話しかけてくるようになった
    家はどこだとか兄弟はいるのかとか
    どうして部活をしないのかとかエンピツ貸してだとか
    つまらない話をえんえんと話しかけてきた

    断わっておくが俺はデブ専でもブス専でもない
    もちろんロリコンでも熟女マニアでもない
    ごく普通のノーマルだ
    ただほんの少しだけ女子のパンツに執着を示す程度だ

    前田さんも大女だったが
    決してデブではなかった
    むしろナイスなバディーの持ち主だったと思う

    中1にしてすでに胸はブラジャーとブラウスを突き破りそうだったし
    きれいに日焼けした素肌はひ弱な俺と違ってピカピカ光っていた
    勉強だけしか能がない秀才学校に何でこんな子がいるのかと思うぐらい
    健康的なスポーツ女子だった

    ただ残念ながら顔がラッシャー板前だった


    11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 17:02:26.46 ID:1mdYvNaJ0
    歩くだけでも揺れる前田さんの巨大なおっぱいを眺めてぼんやりする事はあったが
    残念だがあの顔ではとても中学生の妄想の餌食にはならない
    俺にとってはまだ顔が全てだった

    その当時は

    うちの県では夏に全国的にも有名なお祭りがある

    高校生ぐらいになるとその時期に合わせて
    デートに行く相手を求めて
    男女の激しい争奪戦が繰り広げられるのだが
    中学に上がったばかりの俺たちにはまだちょっと早い

    騒ぎながら男同士で祭りに行こうかという話で盛り上がっていた
    ほとんど全員が電車通学だったので柔軟に行動できる
    たわいのない中学生の会話だ
    すぐに段取りが決まり
    みんなお小遣いを貯め始めた


    12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 17:06:29.51 ID:1mdYvNaJ0
    そんな時、下校途中に前田さんに待ち伏せされた

    俺は家が学校から遠かったせいと
    まだ体力面に不安があったので
    何も部活はやらずに帰宅組だった

    友達と遊んで放課後残ってる事もあったけど
    基本的には毎日すぐに家に帰っていた

    バスケ部で汗を流すスポーツ女子に出会う事なんかめったになかった

    通り過ぎようとする俺に追いついた前田さんは

    「長谷川君ちょっと話してもいい?」

    と聞く

    こんなブスとはあまりかかわりたくなかったけど
    当時の俺は人気者なので慇懃に話を合わせる

    「あのぅ長谷川君○○祭に行く予定はあるの?」

    「うん友達とみんなで行くと思う」

    「あの・・・もしよかったら・・・私を連れてってくれないかなぁ」


    16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 17:09:49.64 ID:ar2/I1zVO
    変態リア充か


    18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 17:11:25.59 ID:1mdYvNaJ0
    当時の俺にほんの少々でも想像力があれば
    もう少し大人の判断力があれば
    とりあえず無難に付き合っておいて
    機会があればその見事なおっぱいなど揉ませてもらい
    中学生男子なら、いや普通の男なら
    涙を流してありがたがる女子中学生の生マ●コなどもじっくり拝ませていただき
    顔にハンカチでも被せて事を済ませるぐらいはできたかもしれないけど

    なんせ当時はまだ純粋な13歳だ
    童貞どころかセックスの仕組みも完全には理解できていない年だ

    うつむいて恥ずかしそうに話す前田さんの顔はやっぱりブスで
    俺には迷惑以外の何物でもなかった
    一応考えておくと言い逃れ
    何も返事をせずに放っておいた

    その後前田さんが俺に話しかけてくる事はなく
    彼女のいたいけな初恋は無残に砕け散った


    19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 17:16:15.13 ID:ZsYRplmtO
    後の深田恭子である


    20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 17:18:13.01 ID:1mdYvNaJ0
    俺は別に悪い事をしたとも思わず
    クラスの仲間とわいわい騒ぎ続けていた

    今思えば人生最初の童貞を捨てるチャンスだったのに
    俺が唯一光り輝いていた瞬間だったのに
    まだ男になりきっていない俺にはそんな事もまだ理解できていなかった

    今でも後悔しているといえばしているし
    してないといえばしていない
    いくら体がナイスバディーでも
    ラッシャー板前と付き合えって言われてもやっぱり困る

    ようやく満員電車の中で
    なるべく気づかれずに女性の体に触れるテクを覚え
    スカート越しに手のひらに伝わる
    柔らかいお尻を包むパンティーの手触りにクラクラしていた
    中1の夏休み前の事だった

    パンツを盗む事に快感を覚えてしまった男の悲しい人生

    第4話 完全犯罪 序章 終


    22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 17:24:09.80 ID:1mdYvNaJ0
    いろいろと本題に関係ない話が続いて申し訳ありません
    おそらく今後もこのような状況説明が増えると思います
    ただ少年から大人に変わっていく心境の変化などと合わせて
    長谷川君の人生そのものも見てほしいので
    ダラダラと書き続ける事をお許しください
    それでは続きです


    パンツを盗む事に快感を覚えてしまった男の悲しい人生



     第4話 完全犯罪 本編 



    23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 17:26:05.99 ID:1mdYvNaJ0
    そして夏休みが終わり
    2学期に入った

    前期の学級委員なので2学期の途中までは任期が続き
    俺はさまざまな仕事に追いまくられた

    秋になると文化祭や体育祭などの行事があり
    生徒会の先輩たちと一緒に
    いろいろ準備に取り組んだ

    そのなかには草むしりという作業があった

    細かい説明は省くけど
    体育祭の前に校庭をきれいにする作業だった
    各自が役割分担を与えられて校庭に散っていった


    25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 17:31:16.23 ID:1mdYvNaJ0
    俺の担当はプール周辺だった

    話は前後するけど中学にも一応プールがあった
    水の苦手な俺はできれば見学したかったけど
    出席日数も成績にカウントされるシステムだったので
    休むわけにはいかなかった

    夏の初めの計測でとりあえず泳げるだけ泳げと言われ
    死んでもいい覚悟でドプンと飛び込んだ
    泳ぐというよりももがく感じでバタバタやってたが
    25mのプールを泳ぎ切る事はできなかった
    ただ水から顔を出すとゴールは意外なほど近かった
    あと2~3mで25m泳げるぐらいだった

    そしてそんな生徒は半分近くいた
    俺はさほど苦労せずに1学期の体育の成績は3をもらった
    しょせんその程度の学校だったのだ


    27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 17:34:17.50 ID:1mdYvNaJ0
    プールは学校の一番奥にあり
    校舎とは校庭をはさんで反対側になる

    その隣に男女別の小さな更衣室があり
    プールの時は水着とタオルだけ持って更衣室に向かい
    授業が終わるとまた制服に着替えて帰ってくる

    男子生徒たちは隣の部屋で制服を脱いでいる女子の姿に興味津々たっだし
    もちろん俺も何とか忍び込もうと考えた事はある

    だが小学校とは違って男女別だし
    想像するだけでしょせん実行できない事だ

    いまだに女子のパンツに興奮する俺だったが
    授業を見学する事もできないのでチャンスはないとあきらめていた

    そんな俺は黙々と草むしりをして
    プールの周辺を移動して更衣室の後ろまで来た

    夏は終わっているので人の気配は全くない

    水泳部はあったけどこの季節に泳ぐヤツもいない
    更衣室の後ろ、金網の柵の周辺で一人で作業をしていた
    そんな俺は不思議なものを見つけた


    30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 17:37:05.79 ID:1mdYvNaJ0
    金網で作られた柵
    高さは3mぐらいだったろうか

    もちろん学校と外界を隔てるためのものだが
    その金網の一部に切り取られた痕跡を発見する
    金網とその周りのL字型をした枠との結合部が
    2mぐらいに渡って切られている
    丸い穴とかではなく、縦に一直線に切られていた

    自然に錆びてボロボロになったのか
    それとも誰かが人為的に切ったのか
    もしや偉大な先駆者が俺と同じ考えで切ったのか

    この金網の切れ目を見つけた瞬間から
    俺の人生最大の犯行計画が発動した


    32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 17:43:26.71 ID:1mdYvNaJ0
    すでに季節は秋

    来年の夏にはまだ1年近くある
    俺は焦らずゆっくり計画を立てて
    来年の夏を心待ちにしていた

    小学校の時の奥原先生とした会話はもちろん忘れてはいない
    夕陽が差し込む教室で先生と話したことは
    俺の心の中にまだ温かく残っていた

    しかし中学に入り人気者になった俺には
    あの時の約束はそれまでの臆病心と一緒に消えかけていた

    こうなったらもう誰も俺を止められない
    小学校の時の石原さんの泣きそうな顔が目に浮かぶ
    バスタオル1枚でクネクネと身体を揺らせる林さんの巨乳が目に浮かぶ
    そしてもちろん、清楚な奥原先生の強烈な赤いパンティーもだ

    俺の計画は完成に向かい、細かな修正を繰り返した


    34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 17:48:45.96 ID:1mdYvNaJ0

    小学生の時に盗んだ2枚のパンツと1枚のブラジャーはまだ大事に持っていた

    とはいってもまだその時は本物の男にはなっていなかったので
    たまに思い出しては取り出して匂いを嗅いで
    そのほのかな残り香を味わうだけだった

    しかしその香りもだんだん薄れてきて
    俺は毎日行きかう中学女子の純白のパンツを毎日想像するようになった

    まだ自分にはできないけどオ●ニーの知識も身につけた
    こうやってチンコをしごいていれば
    いつか何かが出てくると知った

    そしてその時に向けて
    どうしても新たなオカズが必要だった


    35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 17:53:04.06 ID:1mdYvNaJ0
    すでに下着フェチの片鱗
    というよりはっきりとパンツマニアの兆候を現していた俺には
    オカズはパンツ以外には考えられなかった

    しかも直前までじかに女子が身に着けていた
    いわゆる生パンツが欲しかった

    妄想とともに俺の頭脳はフル回転する

    あまりしつこくないように説明するけど
    今回の犯行計画は今までとは違って
    外部からの犯行になる

    つまり学校内を移動して更衣室に侵入するのではなく
    学校の外から侵入する

    なので現地には何度も視察に行った
    プールの向こうは畑で
    家庭菜園というのか
    畑を適当に区切って一般人に貸し出し
    それぞれが好きなものを作るような感じだ

    つまり雑然としていて
    あちこちにさまざまな作物が育ち
    身を隠す障害物は十分にあった
    畑のさらに向こうには民家があったが
    かなり距離が離れていたので
    たとえ不審者を見つけても、その顔まで見極めるのは難しいだろうと思った


    37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 17:56:39.30 ID:1mdYvNaJ0
    俺の計画はどんどん進んだ
    次の問題はどうやって学校を休むかだ

    いろいろあって元気な少年に変貌した俺は
    あまり学校を休まなくなっていたし
    仮病を使って学校を抜け出すのはあまりにもわざとらしい

    小学生程度の知能ならいくらでもごまかせるけど
    奥原先生はだませなかった過去の苦い経験を思い出し
    今度こそ完全犯罪に向けて
    邪悪な心を持つ俺は悩み続ける

    しかし結局学校の外から侵入するには
    やはり当日何か理由を付けて休む方法しかなく
    プールの時間に合わせて学校に侵入し
    手早く犯行を済ませてから
    アリバイを作って家に帰る
    その手段がベストだと思われた

    しょせん中1男子の考える事

    今思えばボロだらけの雑な作戦だったが
    とにかく俺は来年の夏をひたすら待った


    38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 17:59:34.84 ID:MvyF0MOD0
    当日一人だけ休んでたらアリバイが……


    40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 18:02:10.36 ID:1mdYvNaJ0
    1年の後期、寒い冬が終わり
    2年生になった

    心に邪悪なものを隠している俺だが
    教室内での人気はいまだ衰えず
    新しいクラスでもやはり前期の学級委員に選出された

    その頃になると生徒も変わり始め
    思春期を迎えて急に大人びるヤツが現れ出して
    生徒の人間関係も少しずつ変わっていった

    俺は少し背は伸びたが
    相変わらずひ弱で運動音痴だった
    秀才ばかりの学校にも多少のワルもいた

    ここで書いてるほど中学生の毎日は短くはない

    朝から晩までハプニングの連続で
    人並みに女子に恋心を抱いたりアッサリ振られたり
    それなりに充実した中学時代だったが
    つまらない話なので省略する

    正直思い出したくもない話なので

    とにかく待望の夏を迎えた


    41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 18:06:21.79 ID:1mdYvNaJ0
    今回のターゲットは3年女子
    やはり当時の厨房の憧れは年上のおねいさんだった

    となると2年生の俺には3年しかいない

    放課後の3年生の教室に忍び込み、プールの授業時間を確認し
    いよいよ俺の壮大な計画がスタートした

    小学校の頃から俺には特技があって
    好きな時に熱を出せる

    次の日学校に行きたくない時にはいつもこの方法を使った
    そんなに大した方法ではない
    前の晩に自分に暗示をかけるだけだ

    「しんどい・・・つらい・・・起きられない・・・」

    言い聞かせながら寝ると次の朝にはちゃんと熱が出ていた
    38度ぐらいは軽く出せた
    病院に行っても仮病とは診断されない
    実際本当に熱があるんだからしょうがない
    ちゃんと診断して、カゼ薬をくれる


    43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 18:09:32.78 ID:1mdYvNaJ0
    今回もその方法で念を入れ、数日前から自分に暗示をかけた

    そしてその当日、見事に高熱が出た

    いろいろややこしい話だけど俺の母は専業主婦で
    常に家にいる
    だから内緒で外出したり引きこもったりができないので
    今回の計画はかなり困難を極めた

    俺の発熱はいつもの事なので
    よほどひどい時でないと病院に行かせてもらえないのだ

    まずは自宅を出る必要があったので
    自分から病院に行くと言う
    学級委員だからあまり休めないからと言い訳をする

    いつもは無理やり命令されないと行かなかったのに
    中学に入って初めての発熱なので
    母も心配したのか
    簡単に欠席を許し
    学校に電話を入れてくれた

    そして保険証を渡され、病院に向かう


    44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 18:13:55.53 ID:1mdYvNaJ0
    次の問題は服装だ
    欠席して病院に行くだけならもちろん私服でいいのだが
    俺の計画では私服だと万一見つかった場合
    服装から身元が判明する危険があるので
    できれば制服で行きたかった

    これならもし誰かに目撃されても
    制服を着た人間なら学校中に何百人もいるわけだし
    顔さえ覚えられなければ安全率はかなり高まる

    それに中学の制服はごく普通の紺の詰襟で
    ボタンの校章さえ見られなければ
    同じような制服を着た男子はそこらじゅうにいる

    制服に着替えた俺をいぶかしむ母親に

    「学級委員だしいろいろ用事があるから
     もし病院に行って気分が良くなったら
     そのまま学校に行くつもりだ」と説明した


    46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 18:16:59.07 ID:1mdYvNaJ0
    母は俺を気遣って心配そうだ
    今にも涙ぐみそうになってる

    「もしつらかったら、我慢しないで帰ってきなさいね」

    優しい母親だが考えてみれば
    この母の教育方針が俺をダメにしてしまったのかもしれない

    とにかく俺は家を出てまずは病院に向かった

    ベストな計画ではプール授業は午前中にしてほしかった

    それなら朝のうちに犯行に及んでから病院にまわり
    犯行時間のアリバイは病院で座っていたと言い訳できるはずだった

    大病院の待合客の顔を時間単位で全て覚えられる人間などいるはずない
    効率的に行動できてアリバイも作りやすかったのに
    あいにく授業は午後からだ

    なので先に病院に行く
    保険証と診察券を出し待合室のベンチに座る
    この待ち時間が今日は特に長く感じるが
    焦っていてもしょうがない
    逆にここで長く待たされるほど次の手順が楽になるのだから


    49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 18:33:29.00 ID:1mdYvNaJ0
    ようやく診察室に通され子供の頃から顔なじみの先生に診てもらう

    しばらく来なかったので不思議に思われたけど
    俺が有名中学の制服を着ているのを見て驚き、そして喜んでくれた

    ここにくるのは毎度のことなので細かい問診はしない
    先生と中学の話などをしながら
    熱を計って喉を診て聴診器を当て
    念のため血液検査で少量の血を抜かれる
    初めての時は注射器に流れ込む自分の血液を見て卒倒したものだが

    やがて検査が終わり、当然何も異常は発見されず
    いつもどおりゆっくり休んで温かいものを食べ
    心を落ち着けるように言われ、待合室に戻る
    勉強頑張ってな、と先生は言ってくれた

    制服を着ている俺に今日は学校には行かずに休んだ方がいいと
    アリバイ作りに有利な発言までしてくれる
    それから薬を受け取り料金を払い
    俺は病院を後にした

    時刻はまだ昼には少し遠い時間だ


    51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 18:38:31.45 ID:1mdYvNaJ0
    これも計画のうちだったので
    病院を出て歩いて近くの図書館に向かう

    ここが第2のアリバイ作りだ
    しばらく館内をウロウロして
    適当に本を流し読み
    図書館のおねいさんに意味なく本の所在などをたずねたりする
    確かに俺がここにいた証拠を残す

    ゆっくりと動く時計の針を見つめ
    頃合いを見計らって俺は図書館を出た
    そのまま駅に向かい、電車に乗って学校へ向かう

    駅でも電車の中でも
    知ってる人に合わないように細心の注意を払った

    なるべくうつむいて人に顔を見せず
    目立つような行動を取らないように注意した
    そして電車から降り、学校を目指した


    53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 18:41:38.03 ID:KOZiSIBv0
    パンツのために1年かけて綿密な計画練るとか変態すぎwwww


    54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 18:42:03.04 ID:1mdYvNaJ0
    今回の計画で一番危ない部分
    学校関係者に出会わない事

    駅からかなり遠回りをして
    学校の裏手に向かう
    駅周辺はそれなりに賑やかな商店街だが
    大きく外れるとそこはのどかな田舎町だった
    正直今までそんな事も知らなかった

    この計画を立てるまでは駅の反対側には来た事がなかった

    何人かの人間に出会ったし
    こんな時間に中学生が制服姿で歩いてるのも不審と言えば不審だが
    誰かにとがめられる事もなく
    目的の畑に着いた

    ここからは時間との勝負だ
    モタモタするほど見つかる確率が大きくなる

    畑に建てられた竿や野菜の苗に隠れながら金網を目指す
    プールからは女子生徒の嬌声が聞こえてくる

    タイミングはバッチリ
    俺は金網の切れ目をくぐり、校内に侵入した


    56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 18:47:20.20 ID:1mdYvNaJ0
    プールと畑の間の一部には
    一応目隠しのつもりなのか
    トタン板みたいなのが張り巡らされており
    外からプールの中、もちろん逆もほとんど様子は見えない

    隙間だらけなので覗こうと思えばできるのだが

    繰り返すが今とは違う時代

    女子中学生のスクール水着姿を写真に収め
    それを売りさばいて金にするような悪人はあまりいなかった、と思う

    当然そんな輩に対する防護措置なども取られてはいなかった

    とにかくもし見つかるとすれば校舎側からだ
    グラウンドを挟んで対角線上にあるいくつかの校舎からは
    更衣室に侵入する不審者を見つける事は不可能ではない

    しかし数百m離れたプール際をウロつく人間を
    顔まで確実に特定するのは不可能だろう
    たぶんサンコンさんでも無理だと思う

    しかもこちらは他の生徒と同じ制服を着ている
    人物の特定は困難を極めるはず


    58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 18:51:58.73 ID:1mdYvNaJ0
    そして万一発見されても
    校舎からここまで全力で走ってくるのに
    確実に2分はかかる

    階段を駆け下りたり扉の開け閉めをしていたら
    それ以上の時間がかかる

    果たしてそこまで不審者に対する取り締まりが厳しいのか
    そこが今回の作戦の最大のポイントだった

    その2~3分のタイムラグが勝負だった

    意を決して金網をくぐった俺は
    ちゅうちょせずに女子更衣室を目指した

    更衣室はブロック製で扉はなく
    ちょうど公園などによくある公衆便所みたいな形で
    入口付近に同じくブロックでできた壁が目隠しのように立ち
    そこを回り込んで中に入る仕組みだ

    今考えたらセキュリティなど何もない
    田代まさしも泣いて喜ぶ夢のような更衣室だ

    入口からひょいと顔を入れ
    当然だが誰もいない事を確かめる
    そして中に飛び込んだ


    60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 18:57:19.20 ID:1mdYvNaJ0
    初めて入る女子更衣室だが
    造りは男子のと同じだった

    入ったところでまず靴を脱ぎ
    横の壁一面に付けられたフックにそれぞれの制服をかける
    そして奥に銭湯の脱衣棚のようなものがあり
    水着を入れてきたかばんなどを置いておくのだが
    生徒全員の数にはとても足りないので
    大半の生徒が床に脱ぎ捨てていた

    約60人の女子生徒が身に着けていた下着が
    ここに全て投げ出してあるはず
    そう考えただけでもゾクゾクしてくる

    とにかく時間がない
    俺の身体はかつてないほどの俊敏さで動いた

    あれこれ物色している暇はない

    土足のまま上がり込んだ俺は
    手近にある衣服の山から獲物を捜し出す

    夏だし女子の制服だし
    置いてある荷物はそう多くはない
    水着を入れていた体育かばんから
    簡単に獲物を発見できた
    興奮で頭に血が上った俺は
    とにかく片っぱしから自分のかばんに詰め込んだ


    61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 19:01:35.37 ID:1mdYvNaJ0
    10人以上の持ち物を物色しただろうか

    それが誰のものだろうが
    何色で、どんな大きさなのだろうが
    気にせずとにかく手当たり次第に詰め込んだ

    一応学校に行くふりもしていたので
    かばんには勉強道具も入っている

    俺の本心は全ての下着をかき集めたかったが
    残念だが、あまり多くは入れられなかった

    そして時間も迫っている
    長居は禁物
    かばんがある程度膨れ上がったところで
    俺は更衣室を後にした

    何か落としてないかちゃんと確認する


    62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 19:07:48.63 ID:1mdYvNaJ0
    更衣室の入り口で立ち止まり
    外から近づいてくる人間がいないか耳をすませる

    誰も来ないのを確認してから
    素早く更衣室を回り込み
    さっきの金網の隙間から外に脱出し
    一目散に逃げ出す

    脱兎の如く走って人目を引きたくなかったので
    できるかぎり早足で歩き
    用心して一駅先までそのまま歩き続け
    ようやく駅に着いた

    そして知ってる人には誰にも会わずに
    無事自宅に帰りついた


    64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 19:11:05.68 ID:1mdYvNaJ0
    昼前には帰宅すると思い込んでいた母は心配して
    どうしたのかと尋ねる

    「病院が終わって学校に行こうと駅に向かってたら
     暑さで目が回り、気分が悪くなったので
     冷房の利いている図書館に入った
     しばらくボーッとしていたが
     途中で眠り込んでしまい
     さっきふと目が覚めたので
     もう学校に行く事はあきらめて家に帰ってきた」

    用意していたセリフをしゃべる

    母は信用したのかそうじゃないのか
    とりあえず着替えてきなさい
    ご飯用意してあるからと言った

    そういや何も食べてなかった
    仮病を装うため朝食もほとんど食べてなかった

    長い長い一日だった


    70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 19:18:52.08 ID:1mdYvNaJ0
    とりあえず母の命令通り
    着替えて食事をしてから
    自分の部屋に戻り
    あらためて大量の獲物を取り出す

    心臓はまだドキドキしている

    大量収穫だった
    中学3年生女子の下着だ
    俺から見ればもう大人の女性だ
    しかもついさっきまで身に着けていたもの
    正真正銘の女子中学生の生下着だ

    パンツとブラジャー合わせて20枚近くある
    今売りさばいたら億の金が動くかもしれない

    これらを安全に保管する場所も必要だが
    とにかく俺はベッドの上に散らばる下着を眺めた

    やがて少し冷静さを取り戻した俺は
    1枚ずつじっくりと調べた

    正直完全な記憶はもうないんだけど
    普通の白いパンツがほとんどだった
    俺から見れば大人の女だが
    世間一般ではしょせんまだ中3
    やっと生理が始まったぐらいか

    おそらくまだ自分で好みのパンツを買いに行く事もないのか
    ほとんどのパンツが小学生時代に初めて盗んだ
    石原さんのものと同じような地味なものだった


    73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 19:23:02.88 ID:1mdYvNaJ0
    ただそんな子供パンツに混じって
    何枚か大人っぽいかわいらしいパンティーもあった

    白いひらひらのレースで包まれていたものや
    明るい色の模様が入ったのものもあった
    灰色の地味なやつもあった
    そしてブラジャーも何枚かあった

    今のような少女用ブラなんかはまだなかった時代だと思う
    わりと普通のブラジャーだった
    白、ベージュ、ピンクといろいろあった

    そして、無臭に近い今までのパンツ(林さんの臭いパンツは除く)とは違って
    どのパンツからも強烈な匂いがした

    夏で汗ばむ季節だったからというのもあるが
    決して気持の悪い匂いではない
    大人への階段を登っていく途中の
    そんな乙女たちのかぐわしい体臭にまみれていた

    俺もそんな匂いが理解できる大人の体に成長しかけていたのかもしれない
    むせかえるような匂いを発する女子の下着に包まれて
    もう最高だった


    75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 19:27:00.18 ID:1mdYvNaJ0
    冷静に考えたらこれはもうただのいたずらではない
    凶悪犯罪とも言える

    白昼堂々と中学校に賊が侵入し
    女子の更衣室をさんざん荒らしたあげく
    いたいけな少女たちの身体を包む下着を
    大量に強奪した事件だ

    今ならどういう風に報道されるのだろう
    それを考えると恐ろしくなってくる

    しかし今はそんな事は考えてられない
    俺は部屋中に散らばる乙女たちの下着の強烈な匂いにまみれながら
    ムクムクと大きくなってきたチンコをいぶかしく見た

    パンツを盗む事に快感を覚えてしまった男の悲しい人生

    第4話 完全犯罪 本編 終


    77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 19:33:17.89 ID:iSLLmR3r0
    ちょっと羨ましいと思っちまった

    問題は今も持ってるかだな まぁこれは今後の展開次第か


    71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 19:20:15.66 ID:26AxyEvSO
    たかがパンツ盗むために殺人犯並の念の入れようwww


    84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 19:54:29.57 ID:1mdYvNaJ0

    パンツを盗む事に快感を覚えてしまった男の悲しい人生



     第4話 完全犯罪 後編 



    86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 19:55:36.95 ID:1mdYvNaJ0
    某名門国立大学付属中学校創立以来の凶悪事件が起こった日から1週間以上になる

    俺は一歩も家から出ないでいた
    というか出たくても出られなかったのだ

    というのもあの日の激しい運動と精神疲労で
    虚弱な俺の身体は悲鳴をあげてしまったのだ

    仮病とはいえ本当に熱もあったし
    夏の暑い日中に外をうろつきまわり
    また今思い出しても手が震えてくるほどの興奮状態が続いたため
    翌日から本格的に熱にうなされてしまい
    学校へ行くどころではなくなってしまったのだ

    強制的に母にベッドに寝かされ
    ウンウンうなっていたのは本当に演技ではない


    87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 19:59:20.39 ID:1mdYvNaJ0
    なので学校の状況が全く分からない
    部屋にはテレビもないのでニュースも見れない

    夜になると自分の犯したあまりの惨劇に
    とてもこのまま済むとは思えなかった

    警察の介入、マスコミの報道
    やがて生徒も含めた学校関係者全員の取り調べが始まり
    執拗な警察の捜査線上に一人の少年の不審な行動が浮かび上がり
    その少年のねつ造したアリバイが暴かれる
    警察署の取調室
    コワモテの刑事が俺を取り囲む
    時には暴力という手段も使って追及は続き

    そして少年は全てを自白する

    少年犯罪という事もあり
    出来心という事もあり
    また被害者の少女たちの心理にも配慮して
    俺は不起訴処分となるが
    当然学校にはいられるはずがない

    学校中から突き刺さる冷たい視線の中
    謝罪に来た両親とともに俺は学校から放り出され
    そして行くあてもなくさまよい歩き
    人里離れた山中でひっそりと一家心中する

    そんな夢を毎日のように見ていた


    88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 20:05:31.83 ID:1mdYvNaJ0
    そして学校から連絡票が届いた

    やはり事件の発生についてだった

    母はとても驚き
    まさか中学生相手にこんな残忍な犯行が行われた事に
    とても驚いていた

    とにかく今とは違う
    子供相手の性犯罪なんてめったになかった時代だ
    あったとしても今みたいに興味本位で報道される事もなかった
    とにかく世間一般では中学生なんてまだ子供だった

    ところが数日後、担任の先生が自宅にやって来た
    俺の心臓は完全に凍りついた

    先生はまず最初に俺を見舞い
    実際本当に熱にうなされていた俺を心配してから
    事件の事は何も話さずに階下に降りて行った

    かなり長い間母親と話していた
    もう全てバレたのかと思い
    生きた心地がしなかった

    今ここで首を吊って死んでやろうかとも考えたが
    そんな事ができる勇気も、そして体力もなかった
    俺はまさに今、死刑宣告を受けようとしていた


    91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 20:09:52.95 ID:1mdYvNaJ0
    やがて先生が帰り、母親が部屋に上がってくる
    その表情からはまだ何も読み取れない

    母は先生が俺の事を本当に心配していたと告げる

    前にも書いたけど
    小学校ではかなりひ弱だった長谷川君が
    中学までの長い電車通学に耐えられるのか
    そしてどんどん大人に成長していく少年たちの体力についていけるのか
    先生は本当に心配してくれてたらしい

    ところが中学の空気がよっぽど肌に合ったのか
    水を得た魚のように元気に飛び跳ねてる俺を見て
    本当によかったと思った

    学級委員の激務も実に頑張ってこなしてくれていますし
    クラスメイトからも信頼されています
    もっと早くお母さんにはお伝えしたかったのに
    こんな時で申し訳ありません


    93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 20:15:04.11 ID:1mdYvNaJ0
    先日学校である事件が発生しました

    プールで体育の授業中だった頃
    女子の更衣室に何者かが侵入して
    下着を十数枚盗んでいった事が分かりました

    特に女子生徒は動揺し
    またその数も普通ではなかったため
    事件性があると判断し
    警察に連絡をとりました

    警察の指示もあり
    あまり大げさにはしない事
    まずは生徒の一人一人に話を聞き
    該当時間に何をしていたのか調査する事
    生徒が興味本位で騒ぎ立てないように注意する事
    特に被害を受けた女子生徒に対し、心のケアを図る事
    そういう事情で一応欠席していた長谷川君の所にも伺いました

    まさかこんなに病状がひどいとは思いませんでした
    長谷川君が動揺してこれ以上悪化ないように注意してあげて下さい


    95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 20:17:25.86 ID:9VXo2ZnXO
    警察が介入したらばれそうなもんだけどな


    96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 20:20:15.91 ID:1mdYvNaJ0
    そんな話を先生はして帰っていったそうだ

    母はその話を本当に受け取ったらしい

    俺のアリバイなど先生はほとんど尋ねなかったそうだ

    とにかく早く体を治しなさい
    あなたが心配する事じゃないから
    それにしても子供にまでこんな事をするとはね
    恐ろしい世の中になったものだわ

    全く能天気な母親だ
    その重大事件を起こした犯人は自分の一人息子なのに
    母は俺に今晩何が食べたいとか聞いてから部屋を出て行った

    とにかく俺は現時点では容疑者には入っていないらしい
    しかし警察が動き出したのは厄介だ

    当時の子供は警察の捜査能力は超一流だと思っていた
    殺人事件だろうが単なる下着ドロボウだろうが
    警察がその持てる能力を結集したら
    少年のマヌケな犯罪なんかいっぺんに暴かれるとも思った

    机の引出しにとりあえず隠した戦利品がとても気になる
    これを安全な場所に移さなければ


    98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 20:24:27.84 ID:1mdYvNaJ0
    計画を立てる時点でこれももちろん計算はしていた

    しかし段取りの方がはるかに重要なため
    この事はずっと後回しになっていた

    文字通り平凡な家庭に生まれ育った俺は
    母親が専業主婦という事もあり
    常に母の目の届くところにいる

    部屋の掃除も母が勝手に入ってきてやってしまう
    ただ片隅に子供の頃に読んだ本などが積み上げられていて
    いつもちゃんと片付けなさいと言われるのだが
    実際狭い部屋にきちんとしまえるスペースはなかった

    仕方なくそのまま放置してあって
    部屋の片隅はガラクタ置き場と化していた

    その中にかなり大きな
    子供百科事典というのがあり
    昔母がインチキ訪問販売に騙されて買ったものだが
    今となっては誰も読む者はなく
    その大きな箱の中に今まで盗んだ下着を隠していた


    99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 20:25:55.93 ID:iSLLmR3r0
    これはコナン君でも推理不可能な事件だぜ


    100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 20:31:12.47 ID:1mdYvNaJ0
    しかしある日突然母親が大掃除を敢行し
    俺のいない間に
    「これ読まないんだから全部捨てといてあげたわよ」
    なんて事になったらもう大変だ

    それにあの程度の箱の隙間には今回の大量の獲物は収まらない

    俺は部屋をずっと見まわし
    隠し場所になりそうな所を探した
    天井裏が最有力候補なんだが開け方が分からない
    無理にこじ開けると形跡が残ってかえってバレバレだし
    そこで俺は大きなタンスを見上げた

    母の嫁入り道具だったらしくかなり古いものだが
    昔の職人が作ったとかでかなり頑丈にできていた
    つまりとても重く、母親一人では絶対に動かせない
    そしてそのタンスと壁の間には隙間があり
    後ろに転倒防止用の金具のようなものが取り付けてある
    小学校の時に使っていた布製の体育かばんがあり
    それを引っ張り出して来て大量のパンツを詰め
    細い隙間から無理やり押し込んでその金具に引っ掛けると
    なんとかうまく入った

    きっちり収まりすぎて逆に手が入れられないほどだ
    クリーニング屋の針金のハンガーを分解して引っかけ鉤を作り
    かなり苦労するが、それで何とか取り出せるようにした


    103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 20:34:54.32 ID:1mdYvNaJ0
    簡単に出し入れはできなくなってしまったが
    少なくともここなら見つからないだろう

    もし仮に母親がタンスの後ろにぶら下がる布袋を見つけたとしても
    それが何だかは理解できず
    取り出そうにも何か道具がないと絶対無理だ

    今の時点ではそんな面倒な事をしてまで
    俺を疑うような母ではなかった

    そうしてなんとか安全を確保した俺は
    そろそろ学校に戻るべく準備をした
    事件の進展も気になっていた

    そして翌週から俺は学校に戻った

    クラスには予想していたほど陰鬱な空気は漂っておらず
    久々の学級委員の俺の登場にクラスがざわつく
    心配そうに声をかけてくる生徒と無視する生徒
    別に変わりのない、いつもの教室だった


    107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 20:38:40.38 ID:1mdYvNaJ0
    結局大ニュースの噂はもう下火になりかけていた

    療養中に先生からも聞いていた話だったし
    あまり興味なさそうな雰囲気を装って友人から事件の続報を聞く

    自分の推理も含めてざっとこんな感じだ

    3年生のプールの授業が終わって着替えに戻ってすぐ
    更衣室が荒らされているのに女子が気づいた
    慌てて持ち物を調べてみると
    下着がなくなっている者が何人かいた
    すぐさま先生に報告し、事件が発覚した

    騒ぎはすぐに男子生徒にも伝わり、大騒ぎになった
    急きょ職員会議と全校集会が開かれ
    事件についての説明があった
    警察が来るというので皆どよめいた


    108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 20:43:58.92 ID:1mdYvNaJ0
    後は先生が母親に話した内容とほとんど同じ

    警察からの指示もあり
    また被害を受けた女子生徒の心中も察し
    あまり大騒ぎしないようにと言われた

    その日の授業は打ち切りとなり
    生徒はザワつきながら帰宅した
    下着を盗まれた女子がどうやって家に帰ったかは分からない

    それからしばらく平和な中学校は揺れた
    生徒一人一人との面談が行われ
    事件について何か知っているかと聞かれた

    だが警察が校内を捜索するような事はなく
    教師たちに一任されたようだ
    警察はあくまで外部の者の犯行だと思っていたらしい

    その時間帯に教室で授業を受けていた生徒のアリバイは崩しようがないし
    もちろん当日欠席していた数人の生徒は多少疑われたと思うが
    先生たちがその生徒全員の家庭を訪問し
    俺を含めた全員のアリバイも立証された
    やはり外からしか実行は不可能だと推理された


    110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 20:48:37.57 ID:1mdYvNaJ0
    そして動揺はしだいに収まっていった

    当事者の3年生の間ではまだ混乱が続いていたようだが
    下級生にとってはあまり関係なかった
    毎日テレビのニュースで流れる
    遠い場所での事件のような感覚だった

    事件についての噂話も少なくなった
    さすがに女子の前でその話をする生徒もいなかった
    思春期の少年がコッソリするエロ話
    心配してというよりも
    好奇心の方が強かったようだ
    誰の下着が盗まれたのか
    どんな下着が盗まれたのか
    思春期を迎えていた少年たちの感想はただ一つ

    「うらやましい俺も欲しい」

    だった

    それに俺達2年生から見て3年生はほとんど知らない顔だし
    盗まれた生徒が誰なのかも分からなかったし
    2年生があれこれ心配してもしょうがない事だった


    111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 20:49:05.17 ID:ar2/I1zVO
    計画通り!!だな


    113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 20:52:58.61 ID:1mdYvNaJ0
    そして俺はとうとう容疑者にもならず
    完全犯罪は見事に成功した

    あの後に出した本物の高熱が俺を助け
    周到な計画と迅速な行動そして
    邪悪な心を隠して優等生ぶりを続けていた俺の知能が勝ったのだ

    警察がどんな調査をしたのかは分からない
    しばらくは俺の家に突然警察が捜索に来るかと心配もしたが
    もちろんそんな事もなかった

    かなり後の情報で、該当時間に畑を歩く人間が目撃されたようだが
    もちろん俺とは結びつくはずもなく
    結局外部の人間、変態願望を持った大人の犯行
    どこからか紺の制服を手に入れた変質者の犯行だろうと結論が出された

    女子生徒も恥ずかしがってか誰からも被害届は出ず
    ついに刑事事件にもならなかった

    そしてその騒ぎがようやく収まる頃
    俺は初めての精通現象を迎える

    オカズには当分困る事はない
    女子たちの匂いたつ色とりどりのパンツに包まれて
    その持ち主の女子たちの屈辱と恐怖に涙ぐむ表情を想像しながら
    俺は心も身体も大人へと覚醒しようとしていた

    パンツを盗む事に快感を覚えてしまった男の悲しい人生

    第4話 完全犯罪 完


    116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 20:57:28.57 ID:9VXo2ZnXO
    性欲モンスターwwwwwwwwww


    117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 20:57:51.76 ID:1mdYvNaJ0
    皆さま>>1です
    どうもありがとうございます

    もう1話続けたいと思います
    中学後半から高校前半までです

    次回はそんなに大した事件は起こりませんが
    大人への階段を登る長谷川君が
    その心と身体の成長のアンバランスさに苦しむ物語です

    皆さんもパンツにまつわる思い出話などしながら
    マターリ語り合いませんか?


    122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 21:12:19.36 ID:1mdYvNaJ0
    パンツを盗む事に快感を覚えてしまった男の悲しい人生



     第5話 色のない孤独 前編 



    (これまた長い話です 本題までしばらくかかります飛ばしてもらって結構です)

    平和だった田舎の秀才中学校に突如起こった下着強奪事件だったが
    その後の長い夏休みが明ける頃にはもう話題にも上らなくなっていた
    被害者となった女子はおぞましい毎日を過ごしているかもしれないけど
    顔も分からないので俺にはどうにもできない
    毎日たくさんすれ違う上級生だが
    誰が被害者なのかもわからない

    ただ生徒会で顔を合わせる先輩が言うには
    3年生の間ではまだその話で持ちきりだそうだ
    誰が被害者かははっきりとは分からないのだ
    女子生徒は申し合わせたように被害者の名は口を絶対に割らない
    だけどその後もいろいろ調査が続き、該当者が数名判別したらしい

    2年生とは違って、3年生の間では事件の話題でかなり盛り上がったようだ
    しかし探偵気取りのコナン少年が
    犯人の完璧なアリバイを崩すというものではなく
    あくまでエロ話、むさい男同士の妄想を掻き立てるためだけの噂話だった
    つまり2年生の俺たちとほとんど同じようなものだった


    125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 21:20:57.64 ID:1mdYvNaJ0

    俺もあくまでエロ話のつもりでその先輩から数名の被害者の名前を聞き出し
    翌日からその名前の女子を探し始めた

    疑われるような行動は避けなければならないが
    やはり妄想をさらに掻き立てるにはぜひその女子の顔が必要だ

    小学校の時に奥原先生に見破られた苦い経験を生かして
    努めて明るく、何気ない表情を装った
    生徒名簿でクラスを調べ
    そのクラスの付近をウロウロして相手の顔を判別する

    できれば美人のおねいさんであってほしかった

    あの日に自分の身に起こった事件
    自分の下着が何者かに奪われるという屈辱
    その男が自分の下着を使っていったい何をしようとしているのか
    全く知らない男が自分の一番恥ずかしい部分の匂いや味を楽しむ
    屈辱と恐怖に涙ぐみ、その美しい顔を歪めて
    ノーパンのままで震えながら帰宅する光景を妄想したかった
    その女子生徒の前を涼しい顔で通りすぎ

    「へっへっへっあんたのパンティーは俺が持ってるんですよ
     返してほしかったら俺の言う事を何でも聞いてくれますか?」

    みたいな妄想で毎日股間を膨らませていた


    126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 21:22:56.64 ID:bP4YFIKaO
    この>>1って書いてる文章はクソマジメなのに内容は全く変態丸出しなんだなwww


    127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 21:28:04.35 ID:1mdYvNaJ0

    しかし上級生のクラスの前を下級生が長時間意味もなくウロつけるはずがなく
    3年生に睨みつけられ、スゴスゴ戻る日が多かった

    怪しまれても行けなかった
    それでもその後、ようやく一人の被害者を発見した

    意外な事に、いつも電車の中でよく合う先輩だった
    もしかしたら家が近かったのかもしれない

    名前は忘れたけど残念ながら普通の女子だった
    あまりにも普通すぎて今は全く顔すら思い出せない
    心に描いていた大人のおねいさんではなかった
    とにかくブスではなかったけど
    別に心ときめく相手ではなかった

    結局被害者の顔探しはあきらめて
    俺は1枚1枚のパンツに勝手に持ち主をあてがった

    3年生ともなればそこそこ大人っぽい美人もいる
    友達同士で語り合うエロ話で美人の存在を知り
    その人の名前を勝手にパンツに付けて楽しんだ
    全てのパンツに名前を付けた
    特にお気に入りの白いレースのパンティーと
    青い水玉模様のパンティーには学校1,2の女子の名前を付けた
    高橋さんと松尾さんだ
    どちらも陰のミス付属中と評判の高い美人だった

    俺は毎日のようにタンスから苦労してパンツを引っ張り出し
    懐かしい奥原先生の真っ赤なパンティーと高橋さんと松尾さんは特にかわいがってあげた
    使い終わったらちゃんと元に戻す事も忘れなかった
    この用心深い性格が俺の完全犯罪を助けたのだろう


    129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 21:32:41.34 ID:1mdYvNaJ0
    そして俺は2年生の夏休みに精通現象を迎えた
    当時としては平均的な年齢だったと思う

    小学時代は虚弱な少年だった俺だが
    中学に入ると少しずつ成長し始め
    2年になっても止まることなく
    1年で10cmずつ身長が伸びていった

    中学入学時には150cmもなかったのに
    卒業する時には180を超えた
    俺の身体は熱く燃え始め、ようやく大人への階段を昇り始める

    夏休みのある日、朝起きた俺は休日の幸福感を存分に味わい
    布団から離れずにいた

    扇風機の風が心地よく、その日もしっかり朝立ちしていた
    無意識にタンスの後ろにしまってあるパンティーを思い浮かべ
    そろそろ起きて誰かの匂いでも楽しもうかなと思っていた
    いつも通り、ムズムズしてくる股間を布団にこすりつけ
    誰のだったかは忘れたけどお気に入りの逸品を想像していた
    そんな時だった


    131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 21:36:42.66 ID:1mdYvNaJ0
    突然背中に鳥肌が立ち
    腰の動きを制御できなくなった

    腰から脳天にかけて電流が流れ
    あっと思った瞬間に射精していた

    初めての射精だった

    それぐらい分かった

    その頃にはオ●ニーぐらいは少年たちとのエロ話で理解していたけど
    まさかこんな事になるとは思わなかった

    恐ろしく気持ちよかった

    母親には報告できないのでこっそりパジャマとパンツを自分で洗った
    なんだか大人になった気がした

    その日、俺の20枚を超える下着コレクションにとうとう本来の任務が与えられた


    136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 21:41:45.86 ID:1mdYvNaJ0
    オ●ニーを覚えた俺は毎日抜きまくった
    オカズには十分困らない貯えがある
    なるべく平均していろんなパンツを使ったが
    やはりさっきの2人のものと
    前から持っていた奥原先生のパンティーが一番興奮できた

    汚したらもう替えはない
    大事なコレクションなので
    精液やガマン汁で汚してしまわないように十分注意を払った

    こうなるとやはりあの色気たっぷりたった林さんのベージュのパンツを
    安易に捨ててしまった事が激しく悔やまれる
    あのパンツを取っておいて俺の歪んだ情熱をたっぷり放出し
    林さんの恥ずかしい場所からしみ出した汚物と混ぜ合わせてよくこね
    彼女のかばんに元どおり放り込んどけばよかったとか
    そんな変態的な妄想すらまた俺のオカズになった

    たまに少年マンガなどのアイドルの水着写真などを使う事もあったが
    やっぱり生パンツにはかなわない
    俺は他のオカズはほとんど使わず
    ひたすら少女たちの下着を愛し続けた


    138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 21:44:49.27 ID:26AxyEvSO
    長谷川くんキモいの通り越して怖いわ

    139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 21:47:03.34 ID:VX7bAsn/0
    俺なんて中学一年の頃はうんこちんこで笑ってたような奴だったのに
    この長谷川君ときたら・・・


    140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 21:51:03.50 ID:1mdYvNaJ0
    ちなみに当時のコレクションを整理すると
    はっきりした枚数は覚えていないが

    まずは小5の時の石原さんの白い子供パンツ(無味無臭)
    禁断の奥原先生の真っ赤なパンティー(ほのかな石鹸の匂い)
    小6の林さんの白いブラジャー(ほんのり甘いミルクの香り)
    そして中学女子のパンツは10数枚あった
    (代表は白のレースの高橋さんと水玉模様の松尾さん)
    それから数枚のブラジャー(白・ベージュ・ピンク)
    ただ俺はなぜかあまりブラジャーには強くは惹かれなかった

    それらをTPOに合わせて使い分けた
    数枚のパンツを机の上に並べ
    平幕級のパンツで興奮を徐々に高めていき
    最後にお気に入りの横綱パンツで激しくシゴき
    発射寸前に危うく外してティッシュで受け止める
    そんな感じだった


    144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 21:54:26.49 ID:1mdYvNaJ0
    そうして3年生になり、月日は流れた

    3年生ともなると明らかに体つきが変化し
    おっさんっぽくヒゲを生やした同級生がいたり
    もう完全に大人の機能を備えたグラビアアイドルも現れた

    中学に入った頃はガキんちょばっかりだったのに
    周りを見渡せばムッとするような色気を全身から発する女ばかりだった
    もちろんそうじゃないのもたくさんいたけど

    俺はさっき書いたとおり
    少しずつ体が成長し始め
    やがて180cmを超える長身になるのだが
    それ以外は何も成長せず
    ガリガリで色も白く
    そして運動能力は全く成長しない
    ただの目立たぬ少年になってしまっていた

    そしてクラスの女子の人気も
    俺のような色白で根暗な美少年よりも
    爽やかなスポーツマンの男子に集まるようになり
    俺は学級委員どころか何の役にもつかないまま1年を過ごした


    145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 21:57:42.34 ID:9VXo2ZnXO
    自分で美少年言うなや変態www


    146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 21:59:24.55 ID:1mdYvNaJ0
    そして受験勉強

    俺の中学は国立大学の付属で
    高校まである
    ちなみに幼稚園と小学校もある
    つまり幼稚園から入った子はそのまま高校まで
    俺は中学からだから関係ないけど
    とにかく高校へは行ける

    ただ大学は全く組織的には全く関係なく
    普通に他の学生と一緒に試験を受けねば入学できないシステムだ

    高校への進学には一応入試試験があったが
    工業科や商業科などに進学する事を希望し
    初めから付属高校に行くつもりのない生徒もいたので
    合格率はほぼ100%
    事実上無試験だった

    そして俺は受験勉強など全くせずに堂々と高校に進学した


    147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 22:03:08.30 ID:1mdYvNaJ0
    あまり詳しく書くとまずいかもしれないので雑に説明する

    とにかく高校に入ると俺はすでに人気者の座を奪われていた
    ちょっとワルっぽい、大人の片鱗を持った男子に人気が集まった
    俺はただ背だけが高い、ヒョロヒョロした少年だった
    もちろん運動なんか何一つ得意じゃなかった

    高校に入ると先輩たちは全員大人だった
    そして私服が許可されていた

    制服は標準服と呼ばれ、着ても着なくてもよかった
    なので校内には色とりどりの私服があふれていた
    うっすらお化粧をしてる女子までいた

    それでもまだ色気は残っていたのか
    無謀にも俺は陸上部に入った

    やはり男はスポーツをしないと
    生まれて初めての部活動である
    貧弱な俺はスポーツなどは全くできず
    ただ身長があったので走るぐらいは人並みにはできた
    他の運動はからきしダメだったけど
    陸上ならなんとかなるかと思った


    149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 22:05:43.05 ID:1mdYvNaJ0
    練習は週に4日
    文字通り血ヘドを吐きながらとにかく頑張った

    体を動かす爽快感なんか分からなかった
    ただ先輩に言われたとおり黙々と走った

    インターハイとか新人戦にも出た
    もちろん全く歯が立たなかったけど
    初めて俺が運動に興味を持ったので母は喜び
    新しいジャージやスパイクを買ってくれた

    靴の底に針がついてるなんて初めて知った

    この頃まではまだ
    自分を変えようという心がまだ残っていた

    ある日、電車に乗るため駅で待っていると
    知らない少年に呼び止められた

    既にその頃から対人恐怖が始まりかけていた俺は逃げようとするが
    そいつは懐かしげに話しかけてくる

    よく見ると小学校時代の同級生(名前は忘れた)だった
    なるほどこいつも地元の公立中学を無事卒業して
    電車通学の道を選んだのか
    名前は知ってる工業高校のバッジを付けていた


    150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 22:10:17.84 ID:1mdYvNaJ0
    いろいろ懐かしい話をしながら電車に乗り込む
    昔のクラスメイトの近況とか学校の話とか
    聞かされるけどすでに俺には記憶はない

    3年前の小さな少年はお前とは違って大きく成長してる
    片田舎の地元中学の話なんかには興味がない
    しかしそいつは電車通学に興奮している
    街を案内してくれ、と言われてしぶしぶ駅を出る

    俺も実は繁華街を歩きまわるような不良ではなかったので
    毎日歩いてはいるけど店の名前なんかほとんど知らない

    とりあえず友達と来た事のある喫茶店に入った
    アイスコ-ヒーなど注文してみるが美味しくもなんともない

    友達は初めてなのか大人の振る舞いにいちいち感動し
    ウインドーから外を見ながら目を輝かせる
    たぶん実はかなりいいヤツなんだと思う
    忘れかけてた小学生時代の
    素朴で純情な少年の目をしていた


    151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 22:12:22.54 ID:1mdYvNaJ0
    しかし当時の俺にはウザくてしょうがない
    他にもどこか連れてけと誘う友達に生返事をしながら
    コソコソその場から逃げ出す

    こんなのにいちいち付きまとわれてはたまらない
    しかし地元中学を卒業して街に出てくるヤツはたくさんいるはず
    気を付けないと
    疑心暗鬼が次々と頭をもたげ始める
    すでにそんな性格に変わりかけていた

    そんな時、俺は一人の美少女を発見した
    すらりとした清楚な乙女、その通りの美少女だった
    背は高く、俺より色が白く
    ちょっと茶色っぽい髪の毛を肩まで伸ばし
    当時の流行だったのか、きれいにきっちり切りそろえずに
    ザクザクっと切ったサラサラした流れるような髪だった

    急行も止まらないローカル駅に降り立った

    まさに妖精だった


    153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 22:16:37.20 ID:1mdYvNaJ0
    正直、街に出ればこれぐらいの美人はいくらでもいたかもしれない
    うちの高校の先輩にもそれなりに美人と称される女子はいた

    しかし、地元の駅でこんな美少女に出会えるとは思わなかった
    その子の斜め後ろぐらいに立ち
    しげしげと観察する

    県内でも有名な女子高、それもお嬢さん学校の制服を着ていた
    制服はちょっとブカブカで大きく、だけどそれがその子を一層かわいらしく見せていた
    俺と同じ新高校生なのだろうか
    もしかしたら小学校の同級生の誰かかもしれない
    まるで吸い寄せられそうなほどのきれいな髪の毛だった

    顔が見たくなり、変質者と思われない程度に距離を詰める
    その時電車がホームに入ってきて、その子が偶然こちらに顔を向けた
    俺はその顔に見覚えがあった
    必死で記憶をたどり、子猫のような丸い目を思い出す
    答えが分かったとき、俺はひっくり返りそうになった
    自分の目を疑いもした


    155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 22:20:09.23 ID:1mdYvNaJ0
    駅のホームに立つ美少女は、なんと俺の小学校時代の同級生
    石原さんだった

    そう、俺が初めて禁断の果実の味をしってしまうきっかけとなった少女
    俺ににパンツを盗まれ、声を上げる事もできずに
    ただ黙ってスカートをはき
    ノーパンのままで家まで帰った、あの石原さんだった

    当時の子猫のような目は変わらなかったが
    あの頃のようなおどおどした表情ではなく
    透き通るような視線でまっすぐ前を見つめ
    そして顔全体がほがらかで、柔らかい表情だった

    あまりにも驚いた俺は、危うく電車に乗るのを忘れるところだった

    それから何回か、同じ電車になった

    思い切ってかなり近くまで近づいた事もあったが
    石原さんが俺に気づく事はなかった

    自分の部屋で、当時の石原さんのパンツを取り出し
    チンコをしごいてみたけど
    このパンツとあの美少女ではギャップがありすぎる
    今の石原さんがこんな子供パンツをはいてるはずもない
    放出する事もできず、俺はチンコとパンツをむなしく握りしめた


    161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 22:26:11.27 ID:1mdYvNaJ0
    石原さんに恋心を抱くまでにはそれほど時間はかからなかった

    ここでは書いてないけど俺はずっとパンツだけを握りしめてたわけじゃない

    人並みに恋もしたし
    人並みに告白もしてみた

    しかしすでに人気者ではなくなった俺にはつらい結果ばかりだった

    それでも俺は勇気を出して話しかけようと思った
    パンツの事はおくびにも出さないようにして
    俺が知ってる都会の街とか
    いろいろ案内してやろうと思った

    こんな事を考えてる時点で俺はもうダメ男だった

    固い殻に閉じこもっていた小さなサナギは
    今や美しい蝶になり
    外の世界に飛び出していた
    俺なんかとはレベルが違った
    何度もためらい、ちゅうちょして
    結局一言も話せなかった

    すごすごと俺は電車に乗り込む位置を変え、
    それからはめったに出会わなくなった
    俺の中の歯車はちょっとおかしな回転を始めていた


    162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 22:28:44.03 ID:1mdYvNaJ0
    そして夏休みになり、初めてのアルバイトをした

    何の仕事かは言わないが
    とにかく大人に混じって働いた

    ある日先輩が飲みに連れて行ってくれた
    もちろん酒は初めてじゃないが
    親戚の宴会でビール1杯配給されたり
    正月にワインを母から少しおすそ分けしてもらう程度で
    酔っぱらう感覚なんかはしらなかったが
    酒を飲むと大人になった気がした

    楽しかった

    そんなに上等じゃない居酒屋に連れていかれて
    とりあえず生ビールを飲む
    汗をかいて疲れた体にビールはとてもおいしかった
    何杯飲んだか忘れたけど
    なんとか家に帰りついた

    すると母に発見された


    163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 22:31:03.97 ID:1mdYvNaJ0
    帰りの遅い俺を心配していた母は
    慌てて玄関に駆けてくる
    そして酒臭い俺を見つけ

    「どうしたの?どこに行ってたの?」

    まあ思春期特有の心が混乱した少年は

    「うるさい!」

    と叫んで部屋に戻った

    言い訳するのも面倒だった
    風呂にも入らず、そのまま寝た

    次の日起きて母に謝る
    いろいろ話はした
    まだかわいい心も少しは残っていた
    母は俺の説明に納得し
    もう酒は飲まないと約束した
    アルバイトも辞めさせられた

    そして夏が終わり、1年の後半
    俺は地味な集団の中に入っていた

    もはやクラスの中心メンバーではなかった
    そして夏の間にクラス中にカップルが次々と誕生し
    毎日のようにスポーツ万能の少年が次々と可憐な美少女をゲットしていった


    165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 22:34:03.77 ID:1mdYvNaJ0
    それを俺達地味集団は複雑な思いで眺めていた

    パンツ三昧だった俺だが
    好きな子がいなかったわけではない
    さっきの石原さんもそうだったし
    他にも何人かいた

    だけど俺の手の届く範囲ではなかった

    中学時代ならよかったのに

    男子にも女子にも普通に話しかけられて
    しかも人気者だったからそう邪険にはされなかっただろう

    実際ブスだったけど告白された事もあったし
    そういえば前田さんもいっしょに高校生だ
    あの時のグラマラスなバディーは相変わらずだが
    だんだん格闘選手のように固く引き締まりかけていた
    スポーツ大好きのラッシャー板前は
    今ではゴリラに変身しようとしていた


    168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 22:46:20.40 ID:TknUp/5C0
    その日もまた新たなカップルが誕生したらしく
    主役の男子は教室の中央に引きたてられ、
    仲間たちの手荒な祝福を受けている

    見てるだけで胸クソが悪くなる光景だ

    隅っこの方の地味集団の一人、織田がつぶやく

    「あータバコ吸いてぇー」

    地味集団の目が織田に集まる

    「えっお前タバコ吸ってんの?」

    「うわ不良だ不良だー」

    中央の盛り上がりには遠く及ばないが
    ちょっとした騒ぎになった

    織田は平然と言う

    「あぁ今も持ってるけど学校では吸えないからなー」

    「ちょっと後で1本くれ」

    「いいよ放課後ならな」

    そんなわけで地味集団は放課後また集まる事になった


    169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 22:49:59.62 ID:UXcgT6IAO
    なんだこの流れ…?


    170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 22:50:03.16 ID:TknUp/5C0
    地味集団なので基本的には真面目なヤツが多い
    あれだけ騒いでいても結局残ったのは3人ぐらいだった

    吸える場所がなかなか見つからず
    結局織田の家までやってきた

    初めて知ったのだが
    織田の家は母子家庭で
    割と大きな家に住んでいた
    1階を母親が、2階を織田が占領し
    仕事をしている織田の母親に見つかる事はなかった

    俺たちは織田からタバコをもらい
    ゲホゲホむせながら大人の味をまた一つ覚えた
    以後、この織田の家が俺たちのたまり場になる

    そして月日はどんどん流れ、俺は2年生になった
    織田の家にはたびたび入り浸り、タバコはおろか
    酒を買っては持ち寄り、宴会を開く事も多かった

    一応うちは進学校なので、3年生は受験勉強に追いやられるので
    修学旅行は2年の夏休み中に行われる
    普通の学生なら青春の最大の思い出の1ページとなるのだが
    俺達地味集団にはそんなものは全く関係なく
    せっかくの修学旅行もただの酒宴で終わった
    甘酸っぱい青春の思い出などは何もない
    そもそも修学旅行に行ったのかさえ思い出せない

    人気者チームは大勢の男女がはしゃぎまくり
    また新しいカップルがたくさん誕生していた
    そして2学期に入り、がく然とする事実を発見する


    172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 22:53:33.86 ID:TknUp/5C0
    基本的に俺はそんなに頭は悪くなかった
    別にガリ勉というわけでもなく
    何も勉強しなくても成績は良かった

    中学の頃、遊び過ぎで成績がやや下がり、先生に怒られた

    「いつまでも小学校の貯金で食っていけると思うなよ」

    と言われて勉強し直したらまたたく間に成績は元に戻った
    まだかわいい頃であり、頭脳も柔軟だった

    そして高校の受験勉強もほとんどやらなかった
    高校に入っても、毎日オ●ニーばっかりしていて
    アルバイトもやったし
    1年の後半からは地味集団の悪い方に溶け込んでしまい
    酒とタバコを覚え
    勉強なんか完全にやらなくなっていた

    自分の頭脳を信じて、いざとなったらやればできると信じていた

    そして高2の2学期
    ある日突然勉強が分からなくなった

    基本的に俺は文系人間で
    理数系は全く駄目だったが
    進学校だったし
    当時はなぜか男は理系女は文系という流れができており
    俺も理系種目だけを選択していた

    しかし高校に入って授業は格段に難しくなり
    このままでは危ないなとは思っていたのだが
    ある日完全に分からなくなった


    177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 22:59:07.25 ID:TknUp/5C0
    何が分からないのかすらも分からない
    とにかく何も分からない

    中学では俺より成績の悪かったアホ人間が
    授業中に突然意味の分からない質問を先生に投げかける
    ところがなぜか先生も楽しそうにその質問に答え
    教室中が激しい討論の渦に盛り上がった時も
    俺には何の事だかさっぱり理解できなかった
    こいつらの交わしている会話がはたして日本語なのかどうかすら理解できない

    平均点の半分以下の点数の事を赤点と言う
    2学期の中間テストの物理と数学が赤点だった

    俺の脳裏にあきらめという文字が浮かび始めた

    パンツを盗む事に快感を覚えてしまった男の悲しい人生

    第5話 色のない孤独 前編 終


    178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 23:01:18.83 ID:bP4YFIKaO
    これってパンツ泥棒の話じゃなかったのか?
    何か切なくなってきた

    180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 23:02:51.68 ID:gtn3+yAn0
    パンツかぶって勉強したら覚えられると思うんだけど


    182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 23:04:23.46 ID:TknUp/5C0
    つまらない話ばかりが続きます
    大人になれずに苦しむ長谷川君がもがいています
    あと少しで出口が見えるのに
    それすら分からないで苦しむ長谷川君です
    子供の頃とは全く違ってしまった長谷川君を見てやって下さい



    パンツを盗む事に快感を覚えてしまった男の悲しい人生



     第5話 色のない孤独 後編 



    全くパンツ泥棒とは関係ない話ばかりで申し訳ないのだが
    とにかく俺の学力は急激に低下した

    とりあえずこのままではいけないと思い返し
    慌てて勉強を始めた

    毎年度初めに親が特別小遣いをくれて
    参考書だけは一通りそろっている

    俺はそれらを開き、勉強を始めた
    今の授業が分からなければその前に戻り
    それも分からないとまたその前に戻る
    繰り返しているうちに
    ついに高1の初めまで戻ってしまった
    文字通り1からのやり直しだ

    もともと理解力はそれなりにある頭脳だし
    大人になった今でもまだ若干残っている
    決して酒を飲んだりタバコのせいで頭がイカれたわけではないと思う
    ただ何も努力をしなかっただけだ


    183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 23:08:00.15 ID:TknUp/5C0
    一応勉強を始めたおかげで
    以降は赤点をもらう事はなかったが
    それでも平均点以上は一度も取れなかった
    つまり落ちこぼれになってしまった

    そんな俺が行きつく先は落ちこぼれ集団だ

    俺たちの行動はエスカレートしていき
    駅のホームでタバコを吸ったり
    酒を買う金がなくて万引きしたり
    いわゆる本物の不良ではなかったが
    ただ落ちこぼれて何もする事がなく
    歪んだ青春のエネルギーを
    大人を困らすことで発散しようとしていたのか

    所属していた陸上部の練習にもほとんど参加しなくなっていた
    元々部員の少ない弱小チーム
    顧問の先生も投げやりで
    俺が頑張ろうが落ちこぼれようが全く意に介さなかった


    186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 23:11:57.73 ID:TknUp/5C0
    母親との口論も増えていった
    また昔のように、黙って学校を休むことも増えていった
    母親は高校や、中学の担任の先生にまで相談にも行ったらしいが
    しょせんは進学校
    おちこぼれの生徒の面倒をみるシステムなど当時は存在しなかった
    「勉強ができないなら就職しろ」
    ゆとり教育などとは程遠い
    進学校の厳然たる事実だった

    そしてここからようやく本編
    落ちこぼれ集団はたまにメンバーを変えたが
    だんだん数人で落ち着いてきた

    リーダー的な存在の織田
    本当に外でケンカをしている本物の不良の村田
    ちょっとナンパ者で実はさほどの落ちこぼれではない石崎
    そして人気者からの転落者の俺


    189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 23:14:39.48 ID:TknUp/5C0
    この4人で固まって行動する事が増えてきた
    4人の共通の話題はたったの2つ
    酒やタバコ、万引きなどのワル話
    そしてすでに遠い存在となってしまった女の子の話だ

    酒を飲みながら話す事が多かったので
    かなり恥ずかしい、童貞のままの素朴すぎる話をよくしていた

    落ちこぼれだし、モテないけど女は欲しい
    彼女ができないなら無理やり襲うか
    しかしそんな事ができるのならもっとまともな不良になっている

    話の流れは自然と中学時代
    そう、あの中学生活最大の事件へと移っていく
    エロ少年たちの憧れの下着大量強奪事件だ
    俺が起こして結局迷宮入りした
    童貞少年にとっては痛快な大事件だった


    191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 23:17:19.17 ID:NRfLsE5f0
    ようやくパンツに戻りそうだな


    192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 23:17:29.30 ID:TknUp/5C0
    あの時俺が引き起こした事件はある意味伝説となっており
    高校に上がっても当然たまにその話題が上る事があった

    俺も時間をかけて、あの時の被害者を何人か発見した
    残念ながらモテ組の女子はおらず、普通かそれ以下ばかりだった
    高校には上がっていない子もいたので
    全員の下着は確かめられなかった

    しかし当時の女子ははじけるように若い
    過去の屈辱などわずか数日できれいに洗い落とせる
    水をはじく彼女たちの素肌には
    汚いシミなど全く残らない

    俺が脳内でさんざん犯した下着の持ち主の女子たちは
    そんな過去などなかったかのように光り輝く青春を楽しんでいた
    なのに真犯人の俺だけが青春を乗りこなせないでいた

    こいつらに俺の過去を話すつもりは絶対になかったので
    話を合わせながら悪友の話を聞く

    つまり俺がやったあの事件をもう一度やろうぜって事になった
    初めて経験する、集団窃盗だった


    193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 23:20:58.10 ID:TknUp/5C0
    また説明になるが申し訳ない
    高校にはプールはなく
    また体育の授業は男女別になった(中学時代もそうだったかも)

    そして更衣室は中学のような離れた所にあるちっぽけなものではなく
    校舎の近くにちゃんとした男女別の建物が建てられていた

    中学の時はプールの時は別として
    わざわざ体育のたびに更衣室を使う女子は少なく
    面倒なので教室で手早く着替える女子がほとんどだったが

    さすがに高校になると恥じらいというものが生まれ
    みんなちゃんと更衣室を使う
    生徒一人一人に割り当てられたロッカーまでついた
    セキュリティ万全の更衣室だった

    そして夕方、部活の終わる時間には更衣室は施錠され
    ロッカーには各自が自前の鍵を取り付けている

    つまり難攻不落
    中学の頃とは大違いだった

    もちろん常習犯の俺は計画を立てたこともある
    しかしプールがないのでパンツを置く女子などいないだろうという事
    鍵を開ける方法も見つからない事
    そしてそんな遅い時間にまで学校に残っていられない事などがあって
    俺の計画はとん挫していた

    それをこの落ちこぼれ集団はどう克服しようとしているのか
    俺も加わって計画を練った


    194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 23:22:07.66 ID:9VXo2ZnXO
    集団の下着ドロってすげえな
    何かもうパンツへの興味を越えてる気がする


    196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 23:24:43.98 ID:TknUp/5C0
    落ちこぼれだが4人集まればそれなりにまともな討論になる
    俺があげた問題は次々に解決された

    まず、グラウンドの外れに各運動部の部室があり
    そこには鍵が掛かっておらず、校舎側からは死角になる
    俺は一応陸上部だったからそれは知っていた

    ほとんどの部室には練習道具とかが入れてあって
    人間が入れるスペースはないが
    ほとんど使用していない部室もある
    たとえば水泳部とか

    プールがない学校に水泳部はおかしな話だが
    高校の近くにある本家の大学にはちゃんとした50mプールがあり
    部員はそこを使わせてもらって練習をしていた
    更衣室などの設備も向こうにある
    しかも部員は少なく荷物もほとんどない
    おまけに季節はもう冬だ
    水泳部の練習はまず行われないだろう


    198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 23:28:07.36 ID:TknUp/5C0
    次は鍵の問題だがこれは不良の村田が解決する

    「俺が開けてみせる」

    なぜかこの不良は安物のドアのカギぐらいなら簡単に開けられる技術を持つと言い張る
    そして各自のロッカーのカギは壊せばいいと言う
    自前でつけてる鍵は男子のほとんどが安物のダイアル錠だ
    今なら100均で売ってるようなちゃちなもので
    良く番号を忘れたバカなヤツが蹴破って開けていた
    女子ロッカーの鍵もどうせそんなものだろう

    日を見計らって部室に入り
    部活が終わって生徒が帰るのを待つ
    夜になって先生も帰った頃に更衣室を襲い
    獲物を物色して引き上げる

    落ちこぼれ窃盗団のかなりアバウトな計画だった

    俺の心配はただ一つ

    「そんな苦労をして入っても何があるかも分からない」

    も一蹴された

    そんな事はどうでもいいとにかく女の身に着けてるものが欲しい
    運動部の女子なら汗をかいたパンツをはき替えることだってあるかも
    あまりやりあってもしょうがないので俺は結局計画に賛同する


    199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 23:29:06.24 ID:bP4YFIKaO
    つーか長谷川君変わったな
    何か

    201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 23:32:06.91 ID:9VXo2ZnXO
    奥原先生の優しさを裏切りまくりwww


    200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 23:31:10.45 ID:TknUp/5C0
    そして作戦は数日後に決行された

    土曜日の夕方

    それなりに練習に励む弱小運動部が使うグラウンドの片隅で
    俺たちは地味にキャッチボールをする

    陸上部に所属していた俺だが練習にはほとんど出ていなかった
    部員も少なく、肌寒いこんな日には陸上部の仲間はいなかった

    こうやって放課後落ちこぼれ集団が意味なく遊ぶことは
    今までにもたびたびあったので
    特に不審な目で見られる事もなく
    冬の夕日は早々と沈み始めた

    頃合いを見て主犯の村田が言う

    「寒いしそろそろ入ろうぜ」

    そしてできるだけさりげなく水泳部の部室に入る
    水泳部の部室には何も置いてなかった
    ベンチすらなかった
    俺たちは地べたに腰を下ろし
    寒さから身を守るように体を丸める


    205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 23:36:36.12 ID:TknUp/5C0
    すると村田があらかじめ用意していた袋を取り出し

    「へへへこれでもやろうゼ」

    と言って取り出したのは
    ウイスキーのボトルだった

    さすがにここは学校の中だったし
    外からは勢いよく声を出す運動部の声が聞こえる
    それに今から完全犯罪を犯そうというのに酒を飲むのか

    俺の頭の中に危険信号が鳴り響いたが
    酒とタバコに溺れていた高校生活
    さっそくみんなで飲み始める
    用意よく村田は紙コップとつまみまで用意していたので
    宴会は盛り上がった
    寒かったので飲むペースもなかなか速い

    やがて暗くなり、運動部員達が道具を片づけ始める
    部室の入口を針金でしばり
    万が一にも誰も入って来れないようにして耳をすます
    やがて誰もいなくなった

    後は先生だ
    校舎の窓にいくつか明かりが点いている
    別に焦る必要はない
    俺たちは飲み続けながら誰もいなくなるのを待つ


    207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 23:39:35.52 ID:TknUp/5C0
    気がついたらもう真っ暗だった
    寒い
    酔った勢いで眠っていたみたいだ
    誰かにゆり起こされて目をさます
    そして寒さに震えながら
    酔ってよろめく足を引きずって更衣室に向かう

    今何時なのか、もう本当の夜だった

    校舎をかすかに照らす防犯灯の光を頼りに
    村田がドアをこじ開け始めた

    針金でも突っ込んでカシャカシャやるのかと思ったら
    どこに持っていたのか薄い鉄板を取り出して
    ドアと枠の隙間に突っ込む

    しばらくゴソゴソやっていたがやがて
    「ゴトン」という音とともにカンヌキが外れた
    そんな大したカギではなかったようだ


    208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 23:43:14.74 ID:TknUp/5C0
    後は素早く中に入り
    適当にロッカーを物色する

    実は準備段階では脳内で候補の女子数名を思い浮かべていたけど
    酔っぱらって完全に忘れていた
    ロッカーには各自の名札が付いているけど
    暗すぎてよく分からない

    とにかく打ち合わせ通り
    安物のダイアル錠をつかんで力任せに引っ張った

    「ガキン」

    と大きな音がしてダイアル錠がはじけ飛んだ

    他のヤツらも同じようにしている音がする
    かなり大きな音がしたけどもうこの時間には誰も残っていないはずだ
    この学校には宿直や用務員はおらず、全て警備会社任せだ
    急いでこじ開けたロッカーの中を物色する


    211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 23:46:39.73 ID:TknUp/5C0
    正直がっかりだった
    ロッカーにはほとんど何も入っておらず
    他にも開けた数個のロッカーも同じだった

    ジャージを何着か発見したけど
    とりあえずの目標である
    Tシャツや短パン、もちろん下着などは見つかるはずがなかった

    おそらく汚れものはここには貯めずに
    こまめに家に持って帰るのだろう
    当たり前だ今どきの女子高生だ
    汗臭い自分の着替えをいつまでも放置なんかしておくはずがない

    替えのパンツなんかも全く見つからなかった
    あまりのつまらなさと寒さ
    そして再び襲いかかってきた酔いの疲れとで
    俺はもうめんどくさくなってきた

    そんな瞬間に、突然警報音がけたたましく鳴り響いた


    214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 23:49:34.50 ID:TknUp/5C0
    驚きとショックで俺たちは身動きができない
    他のヤツらも捜索をやめて出口に集まってくる

    皆悲壮な顔をしていた
    ところがひとりメンバーが足りない
    首謀者の村田がいないのだ

    しばらく茫然としていたが逃げた方がいいのか
    金縛りのような状態になっているとその村田が走ってきた
    なぜか校舎の方から駆けてきた

    「逃げろ!とにかく逃げろ!」

    意味は分からないが警報は鳴り続けている
    俺たちは全てそのまま放り出し
    脱兎のごとく逃走を始めた


    218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 23:53:20.67 ID:TknUp/5C0
    学校が完全に無人なので
    警報が作動してから警備員が駆け付けるまでには
    数分のタイムラグがある

    その事が俺たちの命を救った

    果たして何分後に警備員が到着したのかは分からない
    とにかく俺達が逃げおおせるまでにはまだ来なかった

    走り続け、ようやく駅に着いた俺たちは呼吸を整え
    村田に真相を問いただす
    酔いで血走った目で村田が報告する

    要するに俺と同じで何も大したものが出てこない事にいら立ち
    校舎に入ろうとしてドアをガチャガチャやってみたが
    当然施錠されてて開かないので
    腹立ちまぎれに側にあったジュースの自動販売機の横の
    金網でできた大きなゴミ箱を持ち上げ
    ドアのガラスに叩きつけたら
    いきなり警報が鳴りだしてこの状況だと


    221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 23:55:44.28 ID:26AxyEvSO
    村田空気読め


    222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/10 23:57:30.05 ID:TknUp/5C0
    なぜこんなバカとつまらない事をしてしまったのかとか
    もうどうでも良くなってきた
    とにかくバレなかったらいい
    どうせ戦利品は何もなかったのだから
    電車に揺られながら俺はそんな事を考えた

    そしてもう2度と誰かと共犯はやらない
    他人は絶対に信用しない
    酒を飲んだ勢いなどでこんな事は絶対にやらないと自分に誓った

    そうして俺はますます孤独な高校生活後半を迎える事になる

    そんなどうしようもない俺なのに、まさか天使が目の前に舞い降りるとは・・・・・



    パンツを盗む事に快感を覚えてしまった男の悲しい人生

    第5話 色のない孤独 本編 完


    231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/11 00:04:58.91 ID:f2KGegQ20
    皆さま本日も最後まで読んで頂きありがとうございました
    小学生時代とは全く違う長谷川君の変貌をどうとらえていただいたでしょうか
    このあたりは自分の経験とほとんど似ているので
    書いてる自分も胸が締め付けられます

    さて今日もうまい具合にちょうど12時になりましたので
    ここまでとさせていただきます

    次回は俺にとってもものすごく痛烈な経験
    高校生後半にさしかかります

    正直つらく、そしてとても温かい経験です
    これがフィクションだとかはともかく
    実際の私にとっても大きな1年間でした
    この高校最後の1年があったから
    私はこの年までなんとか生きて来れたのだと思っています

    誰でも一度は経験しているはずです
    青春時代の甘酸っぱい思い出を

    しょせんはしがないパンツ泥棒の長谷川君ですが
    彼の生き方を通して
    皆さまの青春時代を思い出して頂けたら
    それでいいかと思います


    240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/11 00:11:15.29 ID:3ibgNFxR0
    俺なら長谷川君と語れるはずだぜ


    249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/11 00:16:14.89 ID:f2KGegQ20
    次回は第6話「オレンジ色の天使」です
    前半最大のクライマックスのつもりです

    タイトルは同じ
    パンツを盗む事に快感を覚えてしまった男の悲しい人生
    です


    257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/10/11 00:24:30.03 ID:f2KGegQ20
    もし見つけたらまたお付き合いくださいませ

    しかしあの小さな布きれになぜあんな大きなお尻がすっぽりと収まるのか
    この年になってもいまだに謎です

    あの微妙な伸縮具合がとてもたまりません
    マジでたまりませんよね

    でも次回はパンツじゃないんですよこれが


    【3】へつづく

    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    笑えるコピペ・ミニ
    FC2プロフ
    アクセスカウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    518位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    2chまとめブログ
    99位
    アクセスランキングを見る>>
    カレンダー&月別アーカイブ
    プルダウン 降順 昇順 年別

    09月 | 2017年10月 | 11月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    最新記事
    最新コメント&トラックバック
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    BlogRing
    RSSリンクの表示
    メールフォーム
    ご意見・ご要望・諸連絡・情報提供等はこちらまで。 相互リンク・RSSの依頼も大歓迎!
    検索フォーム
    カテゴリ
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Powered By FC2ブログ b(爪ー爪)

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。