(3/31)
更新を休止しました。

(10/14)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「もぅマヂ無理」を追加しました。
(8/21)
アクセスランキング・人気記事ランキングをリニューアル。現在調整中につきもう暫くお待ち下さい。

(8/12)
本日は更新をお休みさせて頂きます。
ご了承下さい。

(7/1)
トップ絵・壁紙をリニューアル。
「怖いコピペ」に新カテゴリ
「ロミオ・勘助」を追加しました。

(6/18)
副管理人・副々管理人のプロフィールを追加しました。

(5/25)
一部フォントを変更しました。

(5/6)
「ゴールデンウィークスペシャル」最後までお楽しみ頂けましたか?
次回の特別編成は夏頃を予定しております。ご期待下さい。
五月病は笑えるコピペを読んでサッパリ笑い飛ばしちゃいましょう!

(5/6)
ゴールデンウィークスペシャルもいよいよ今日がラスト!
最終日は管理人オススメ、2chの長編スレシリーズをたっぷりお楽しみ下さい!

(5/5)
ゴールデンウィークスペシャル三日目は特別編成恒例「洒落怖」!
各まとめサイトで殿堂入りを果たしたあの名作、この名作をお楽しみ下さい!

(5/4)
ゴールデンウィークスペシャル二日目は
真偽の程はともかく「ちょっぴりタメになるコピペ」をたっぷりご紹介致します!

(5/3)
今日から6日までの4日間は「ゴールデンウィークスペシャル」!
本日はネットで古くから愛されてきた名作コピペの祭典「古典祭 ~春の陣~」をお楽しみ下さい!

(4/22)
「あやぽんRSS」無事復旧のためヘッドラインを元に戻しました。

(3/4)
地味で暗い背景を何とかしようと模様替え()。ついでにテンプレも少々修復しました。
こういうリニューアルは4月頭にやるのがセオリーだと言うのに、一ヶ月も先走って改築してしまう洒落の利かない管理人なのであった。
ここはそういうクソのような人がやってるブログだと思って下さいませ。

(3/1)
RSS一覧を整理。

(2/24)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「くぅ~w」を追加。

(2/7)
メニューバーをリニューアルしました。
これでIEでの表示も問題なくなるかも…?

(2/2)
4ヶ月ぶりにトップ絵一新。
ブログ創立以来初のテキスト複合型トップ絵に無謀にも挑戦。
不具合等ありましたら至急連絡お願いします。

    スポンサーサイト


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    笑って。


    231 :転載 :2005/10/20(木) 06:23:27
    二年ほど前の話。

    うちの家族は父さんが早くに死に、俺と兄さん、それに母さんの三人。
    4つ上の兄さんは大阪で働いていて、
    地元の実家にいるのは、俺と母さんの二人だけだった。

    母さんは女手ひとつで俺と兄さんを大学に行かせてくれた。
    無理し過ぎだと分かるほど、母さんは働いてた。

    「自分の親が私を必死に育ててくれたんだから、
     私も同じくらいの事はしなきゃ。」

    母さんはそう言っていた。

    それでもずっと元気だった母さんだが、ある頃から数ヶ月に渡って、
    だんだんと様子が変わってきていた。あまり食事を取らないし、咳も多い。

    平気だと言っていたが、夜も咳き込んで眠れてない日があるみたいだった。
    最初こそ風邪がこじれているだけだと思っていたが、
    あまりに長く続くので、それとは別の原因があると思うようになった。

    ある時に、廊下でヒザをついて咳き込んでいる姿を見て、さすがにまずいと思った俺は
    「本当に大丈夫だから」という母さんを半ば無理矢理、病院に連れて行った。
    今思えば、母さんは自分の身体がどうなっているのか、分かっていたのかも知れない。


    232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 06:24:27
    病院に行き、母さんの近況を説明すると、
    「レントゲンを撮って見ましょう」という事になった。

    検査の後すぐに、診察室に呼ばれ、レントゲンを見せてもらった。

    いくつかのレントゲンが貼ってあったが、俺はすぐに違和感に気がついた。
    左の肺に、右の肺には無い拳くらいの黒い影がある。
    これの詳細が分からなくても、医者の顔が深刻なのは分かった。
    ただただ、思い過ごしである事を祈った。

    でも、あっさりと医者の口から語られたのは、思い過ごしとは程遠い内容だった。

    「ガンです。ステージもかなり進んでいます。」
    「状況は、良くありません。」

    ステージとか何とか知らないが、突きつけられた現実は、
    俺の母さんがガンである事。単純に、そういう事だった。
    心底、血の気が引いた。

    母さんは「そうですか」と言ったきり、後は医者の説明に頷くだけだった。
    何かが怖くて、母さんの顔を直視する事はできなかった。

    こんな事、知りたくなかった。
    病院に連れてきた事を後悔するくらいだった。


    233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 06:25:06
    転移の可能性があるから、検査の為に入院するように言われた。検査入院は10日後だった。
    今すぐ検査してくれと詰め寄ったが、準備があると断られた。

    家に帰って、兄さんに電話した。
    「どうした?」と、兄さんの声を聞いた途端、また涙が溢れてきた。

    「母さん、ガンだって」
    泣いてしまって言葉が出なかった。
    やっと声をふりしぼって伝えられた事は、これだけだった。

    2日後に兄さんが服用したら末期ガンが治ったというワクチンの資料、
    それにガンセンターの資料を持って帰って来た。 ワクチンはもう注文したと言っていた。
    かなりの高額だったが、俺ももちろん文句など無かった。

    母さんは兄さんの買ってきたワクチンに喜ばなかった。

    「こんな弱みに付け込んだような薬を買わないで。」
    「お医者さんの出す薬を飲んでいたら治るから」

    「あなたのために貯金してたのよ。あなたの為に使って。」
    そう言っていた。

    兄さんは「母さんの命の為に使う事が、俺の為だ」と怒っていた。
    兄さんの泣いてる顔を見たのは、初めてだった。


    234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 06:25:47
    検査入院の結果は、覚悟していたものより悪かった。
    もしかしたら、という期待は完全に打ち消された。

    悪性の末期ガン。身体の所々に、小さいながらも転移している。
    外科手術もできない。抗ガン剤も、効果は期待できない。

    医者の「諦めないでください」という言葉が、
    もうどうしようもない事を俺に分からせた。


    思えば、母方のおばあちゃんもガンで死んでいる。
    お見舞いに行ったが、おばあちゃんは見る影もなくやつれ、笑顔すら怖かった。
    そうして、だたの1回しかお見舞いには行かなかった。

    だが、母さんはいつもお見舞いに行っていた。
    俺はまだ幼く、何故あんなにも見るに堪えない人を、
    お見舞いに行くのか、と不思議にさえ思っていた。

    俺が同じ状況になって、やっと分かった。
    どんなにやつれたって、見るに堪えなくたって、
    母さんの見舞いを止める事なんてできない。

    少しでも母さんの調子が良さそうな日があると、
    このまま元気になってくれるんじゃないかと小さな小さな期待を抱いていた。


    235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 06:26:35
    だが、すぐに、母さんはベッドから起きる事すらできなくなった。
    日に日に、弱っていく母さん。本当に毎日毎日、通った。
    母さんと過ごせる日々が、もう残りわずかだと分かっていた。

    だんだんと、まともに会話もできなくなってきた。
    肺にガンがあるせいか、話す事が本当に辛そうだった。
    だから俺は母さんの傍にいるだけで、何も話さない事もあった。
    ただ傍にいるだけだが、それで少しでも母さんの励みになればと思ったからだ。

    ある日、母さんはかすれた声で俺に言った。

    「ここの所ずっと、悲しい顔ばかり。」
    「笑って。お願い、笑った顔がみたいの。」

    無理だった。
    もうすぐ母さんはこの世からいなくなってしまう。
    それなのにどうして笑えるんだ。
    母さんの言葉に、涙が止まらなかった。

    母さんは微笑んで、俺にありがとうと言った。
    母さんの最後のお願いすら叶えてあげられなかったのに。

    母さんは微笑みながら、泣いていた。


    236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 06:27:50
    それから数日して、母さんは昏睡状態になった。
    無理だと分かっていたけど、
    ずっと助かってくれ、助かってくれと祈り続けた。
    もう一度だけでいい、話がしたい。
    最後なんて嫌だ、嫌だ、嫌だ。
    これほど祈った事なんて、後にも先にもこの時くらいのものだ。

    だけど俺の祈りなんて届かなかった。

    母さんは、そのまま息を引き取った。
    心の底から、人の命の儚さを、大切さを知った。


    葬式の時も、ずっと笑顔なんてできなかったけど、
    二年経ってやっと、母さんの最後のお願いを叶えられると思う。
    最後に母さんは俺にありがとうと言ったけど、
    俺は泣いてるだけで何も言えなかったね。

    今更だけど、天国の母さんに送ります。

    ありがとう。


    長文、失礼致しました。

    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    笑えるコピペ・ミニ
    FC2プロフ
    アクセスカウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    1444位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    2chまとめブログ
    135位
    アクセスランキングを見る>>
    カレンダー&月別アーカイブ
    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2017年03月 | 09月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    最新記事
    最新コメント&トラックバック
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    BlogRing
    RSSリンクの表示
    メールフォーム
    ご意見・ご要望・諸連絡・情報提供等はこちらまで。 相互リンク・RSSの依頼も大歓迎!
    検索フォーム
    カテゴリ
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Powered By FC2ブログ b(爪ー爪)

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。