FC2ブログ
(3/31)
更新を休止しました。

(10/14)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「もぅマヂ無理」を追加しました。
(8/21)
アクセスランキング・人気記事ランキングをリニューアル。現在調整中につきもう暫くお待ち下さい。

(8/12)
本日は更新をお休みさせて頂きます。
ご了承下さい。

(7/1)
トップ絵・壁紙をリニューアル。
「怖いコピペ」に新カテゴリ
「ロミオ・勘助」を追加しました。

(6/18)
副管理人・副々管理人のプロフィールを追加しました。

(5/25)
一部フォントを変更しました。

(5/6)
「ゴールデンウィークスペシャル」最後までお楽しみ頂けましたか?
次回の特別編成は夏頃を予定しております。ご期待下さい。
五月病は笑えるコピペを読んでサッパリ笑い飛ばしちゃいましょう!

(5/6)
ゴールデンウィークスペシャルもいよいよ今日がラスト!
最終日は管理人オススメ、2chの長編スレシリーズをたっぷりお楽しみ下さい!

(5/5)
ゴールデンウィークスペシャル三日目は特別編成恒例「洒落怖」!
各まとめサイトで殿堂入りを果たしたあの名作、この名作をお楽しみ下さい!

(5/4)
ゴールデンウィークスペシャル二日目は
真偽の程はともかく「ちょっぴりタメになるコピペ」をたっぷりご紹介致します!

(5/3)
今日から6日までの4日間は「ゴールデンウィークスペシャル」!
本日はネットで古くから愛されてきた名作コピペの祭典「古典祭 ~春の陣~」をお楽しみ下さい!

(4/22)
「あやぽんRSS」無事復旧のためヘッドラインを元に戻しました。

(3/4)
地味で暗い背景を何とかしようと模様替え()。ついでにテンプレも少々修復しました。
こういうリニューアルは4月頭にやるのがセオリーだと言うのに、一ヶ月も先走って改築してしまう洒落の利かない管理人なのであった。
ここはそういうクソのような人がやってるブログだと思って下さいませ。

(3/1)
RSS一覧を整理。

(2/24)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「くぅ~w」を追加。

(2/7)
メニューバーをリニューアルしました。
これでIEでの表示も問題なくなるかも…?

(2/2)
4ヶ月ぶりにトップ絵一新。
ブログ創立以来初のテキスト複合型トップ絵に無謀にも挑戦。
不具合等ありましたら至急連絡お願いします。

    子供は親の杖


    490 :1/4 :04/07/19 02:34 ID:7i5beqVi
    長文をお許しください。

    家内を亡くしました。
    お腹に第二子を宿した彼女が乗ったタクシーは、病院に向かう途中に居眠り運転のトラックと激突。即死のようでした。
    警察から連絡が来たときはひどい冗談だと思いました。
    いつものように今朝も笑顔で送ってくれたのに。
    冷たくなった彼女と対面しても現実の事態として理解できませんでした。

    帰宅して呆然としているところ、トラックを運転していた男性の父親と婚約者の訪問を受けました。
    父親は土下座しながら、
    「自分と家内が死んでお詫びするから、息子には生きていく事を許してほしい」と。
    警察から聞いたところによると、入院している母親の治療費を稼ぐため男性は無理な労働をしており、
    それが居眠り運転をした原因のようでした。

    同様に土下座している婚約者に目をやると、若くて綺麗な女性にもかかわらず荒れた手をしています。
    本来ならとっくに結婚しているところ、運転手の母親の入院のために延期し、
    彼女もまた入院費を捻出するために懸命に働いていると聞きました。
    私は何て言葉をかければいいのか分かりませんでした。

    罵ることができる相手だったらよかったのに。


    491 :2/4 :04/07/19 02:36 ID:7i5beqVi
    家内の葬儀にはトラック運転手が警察官に伴われて参列しました。
    彼には思い切り罵詈雑言をぶつけ、殴ってやろうと思いました。
    一生憎むつもりでした。

    しかし、震えながら土下座し私の顔を見ることのできない彼を見ると、
    「彼もまたこれから苦しみを背負っていく人間なのだろう」
    との思いがよぎりました。

    「つまらない人間のために家内を亡くしたと思いたくない。
     罪は罪として償ってもらうが、その後はきちんと生きて欲しい」。

    私が彼にかけた言葉です。
    正しかったかどうか分かりません。本当の私の本音かどうかもわかりません。
    ただ、私には彼を憎むことができませんでした。
    震える声で返事をする彼をみると私の気持ちは伝わったようです。

    怒りをぶつけられる相手だったらよかったのに。彼そして彼の家族に会わなければよかった。

    492 :3/4 :04/07/19 02:37 ID:7i5beqVi
    葬儀の後ようやく一人になれてウィスキーをなめていると3歳の長男が起きてきました。
    私の横にすわりながら
    「お母さん大好きだったんでしょ。いなくなって悲しいんでしょ。悲しいときは泣くんだよ」と。

    私は息子の前でも家内を愛していることを口に出す父親でした。
    好きな女と生きていける幸せをいつも伝えてました。
    息子相手に、付き合った時どんなに楽しかったか、
    私の子供を生んでくれてどんなに嬉しかったか、
    どれくらい幸せにしてくれたか、
    と家内の思い出をぽつぽつと語っているうちに涙がとまらなくなりました。

    今思えば、この時になってようやく家内及びお腹の子の死を現実のものとして捉えることができました。
    そう、悲しくて泣くことによって。
    凍結した感情が解凍したことによって。

    情けない父親でごめんな。


    493 :4/4 :04/07/19 02:39 ID:7i5beqVi
    交通刑務所にいるトラック運転手から時折手紙が届きます。
    謝罪をつづった言葉ばかりですが、行間から彼もまた苦しんでいる様子が伺えます。
    人の命を奪った自分が生きていってもいいのだろうか、と。
    また、彼の婚約者から毎月手紙とともに金が送付されてます。
    最初は受け取りを拒否しようと思いましたが、考えを変えて新しく作った口座に預金しています。
    彼が出所したらファイルに綴じた彼の手紙とともに通帳を渡すつもりです。
    そして「これらのものを背負いつつ、きちんと人生を歩んで欲しい」と伝えるつもりです。

    私たち親子もまた大事な家族を失った事実を背負って生きていきます。
    私は父親として、社会人として一生懸命な背中を息子に見せ、息子の目に写る私は誰よりも強い男であるべく努めたいと思っております。

    家内が安心できるように。
    二人で頑張っていきます。

    だから時々泣くことは許して欲しい。誰にも分からないようにするから。









    518 :490(1/3) :04/07/20 06:27 ID:GEt7DVtZ
    レス有り難うございます。
    胸中を吐き出すことで少し楽になれました。
    もう一度だけお付き合いください。

    今回の事故により、私たち親子だけではなく大勢の方が苦しみを抱えることになりました。
    許してもらえなくも謝罪させてくれ、と送金する婚約者。
    自分が入院したために息子が人を死なせてしまったと嘆く相手の母親。
    そして自らを責め続ける運転手本人。

    何度も自分に確認しましたが、私には懸命に生きる事によって事故を起こしてしまった人間を憎むことはできません。
    それでも正直に告白すると自らの弱さゆえに色々な葛藤がありました。
    無理に相手を恨もうとしたりもしました。
    被害者の立場を利用して加害者を非難する考えが頭をよぎったこともあります。
    相手も苦しんでいる事実に目を背けて大げさに周囲の同情をひき、一方的に攻撃する。
    行き先のない気持ちを持って現実から逃げるにはいいアイデアかもしれません。
    ただし、その場合は私の持っている「大事な何か」が崩壊し、なによりも家内及び子供達から軽蔑される事になるでしょう。
    私にとって何よりも耐え難い事です。


    519 :490(2/3) :04/07/20 06:34 ID:fmiL5bGd
    運転手の手紙及び彼女からの送金は返すわけではありません。
    彼が一生背負うべきものとして渡すものです。
    彼にしてみれば罵られた方がよっぽど楽かもしれません。

    「一生苦しむ事は覚悟しよう。肝心なことはそれを受け止めた上でどう生きていくかだ」。
    彼に伝えたい事であり、今私が自分自身と息子に言い聞かせている事です。

    「彼を責めるのも許すのも彼自身にしかできない」。
    散々自問自答した上で達した私の結論です。
    もっとも、自分の結論を理不尽な理由で否定しては自己嫌悪に陥る、その繰り返しが今でも続いています。
    ただ、彼には、彼のために苦労した御両親及び婚約者を幸せにすることで自らを救済して欲しいと心から願っております。

    私と息子も失った家族の分も人生を充実させることに道を見出したいと思います。


    520 :490(3/3) :04/07/20 06:36 ID:fmiL5bGd
    息子は最近「おもちゃ片付けたよ」、「ピーマン食べたよ」等
    今までしなかった事をしたと報告してくれます。
    よく考えると家内に叱られていた事ばかり。
    息子も自分なりのやり方で家族を失った事の苦しさを乗り越えようとしているようです。
    私もまた悲しさも、切なさも正面から対峙して乗り越えてやろうと思っております。

    急に広くなった家に帰ると胸が張り裂けそうになる事があります。これからも続くでしょう。
    それでも、息子がつらくなった時には安心して飛び込める父親になるためには堪えるしかありません。
    当分は息子の前では泣けません。

    「子供は親の杖だ」。
    誰の言葉か忘れましたが今しみじみと感じております。
    弱い父親でも、挫けそうになった時には息子の存在にしがみついて踏みとどまれる事ができそうです。

    また長文になりました。
    でも溜まっていた事を吐き出したおかげでしばらく頑張れそうです。

    このスレ及び皆様に深く感謝します。


    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    笑えるコピペ・ミニ
    FC2プロフ
    アクセスカウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    463位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    2chまとめブログ
    63位
    アクセスランキングを見る>>
    カレンダー&月別アーカイブ
    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2020年09月 | 10月
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -


    最新記事
    最新コメント&トラックバック
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    BlogRing
    RSSリンクの表示
    メールフォーム
    ご意見・ご要望・諸連絡・情報提供等はこちらまで。 相互リンク・RSSの依頼も大歓迎!
    検索フォーム
    カテゴリ
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Powered By FC2ブログ b(爪ー爪)

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ