(3/31)
更新を休止しました。

(10/14)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「もぅマヂ無理」を追加しました。
(8/21)
アクセスランキング・人気記事ランキングをリニューアル。現在調整中につきもう暫くお待ち下さい。

(8/12)
本日は更新をお休みさせて頂きます。
ご了承下さい。

(7/1)
トップ絵・壁紙をリニューアル。
「怖いコピペ」に新カテゴリ
「ロミオ・勘助」を追加しました。

(6/18)
副管理人・副々管理人のプロフィールを追加しました。

(5/25)
一部フォントを変更しました。

(5/6)
「ゴールデンウィークスペシャル」最後までお楽しみ頂けましたか?
次回の特別編成は夏頃を予定しております。ご期待下さい。
五月病は笑えるコピペを読んでサッパリ笑い飛ばしちゃいましょう!

(5/6)
ゴールデンウィークスペシャルもいよいよ今日がラスト!
最終日は管理人オススメ、2chの長編スレシリーズをたっぷりお楽しみ下さい!

(5/5)
ゴールデンウィークスペシャル三日目は特別編成恒例「洒落怖」!
各まとめサイトで殿堂入りを果たしたあの名作、この名作をお楽しみ下さい!

(5/4)
ゴールデンウィークスペシャル二日目は
真偽の程はともかく「ちょっぴりタメになるコピペ」をたっぷりご紹介致します!

(5/3)
今日から6日までの4日間は「ゴールデンウィークスペシャル」!
本日はネットで古くから愛されてきた名作コピペの祭典「古典祭 ~春の陣~」をお楽しみ下さい!

(4/22)
「あやぽんRSS」無事復旧のためヘッドラインを元に戻しました。

(3/4)
地味で暗い背景を何とかしようと模様替え()。ついでにテンプレも少々修復しました。
こういうリニューアルは4月頭にやるのがセオリーだと言うのに、一ヶ月も先走って改築してしまう洒落の利かない管理人なのであった。
ここはそういうクソのような人がやってるブログだと思って下さいませ。

(3/1)
RSS一覧を整理。

(2/24)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「くぅ~w」を追加。

(2/7)
メニューバーをリニューアルしました。
これでIEでの表示も問題なくなるかも…?

(2/2)
4ヶ月ぶりにトップ絵一新。
ブログ創立以来初のテキスト複合型トップ絵に無謀にも挑戦。
不具合等ありましたら至急連絡お願いします。

    スポンサーサイト


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    三姉妹


    33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2008/03/02(日) 20:22:02.92 ID:TFpyCJ7B0
    高校二年の秋、家に帰ると玄関に靴がたくさんあった。
    来客なんて珍しい。誰が来てるのか気になったが、
    リビングからは大人特有のぼそぼそ声が聞こえてきたので入りづらかったし、
    生徒会に所属していた俺はちょうど部費や学校行事の予算をまとめる作業をしていたので疲れきっていた。
    いったん部屋に戻ってうだうだしようと思い、二階に登る。
    すると部屋からゲームをする気配がした。(なんかあるじゃん、テレビのキーンって音)
    父親がやってるもんだと思った俺は、何の疑いも持たずに部屋のドアを開ける。
    しかしそこにいたのは女の子二人だった。
    覚えているのが、少し幼い感じの一人が片ひざを立ててゲームしていたのでパンツ丸見えだったこと。白。
    そして俺と同じくらいの歳つきのもう一人が、いやに落ち着いた感じで俺を見つめていたこと。

    予想外もいいとこの展開である。突っ立ったまま、パンツとその姉らしき人物を交互に見るしかできなかった。
    「ごめんなさい、ちょっとお借りしてます」
    口を開いたのは、俺を見つめていた方だった。
    「え、いや。はあ」
    よく分からず返事をしてから、ああそうか、お客さんの娘さんだと気付く。
    「もしかしてお客さんで?」
    「お母さんに付いてきたの」
    と今度はパンツの方が声を上げる。やっぱり娘さんだ。
    へえ、と女の子二人が自分の部屋にいることに感心しつつ、
    学校から持ってきた部の予算申請用紙とかがぎっしり詰まったカバンをベッドに放り投げる。


    34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2008/03/02(日) 20:24:37.75 ID:TFpyCJ7B0
    ぎゃっ、とうめくような悲鳴がした。もう一人ベッドにいたらしかった。
    「え、誰か寝てんの!?」
    エミちゃん!と姉の方が慌ててベッドに身体を向けた。むくりと布団からまた女の子が出てきた。
    「…痛い」
    それだけ言って、気が動転してるのか当たりを見回して、俺に気付くと泣き出しそうな顔をした。
    普通のカッコしてたし、顔だって普通のはず。原因は俺じゃない、とその時は思っていた。
    でも俺を見ながら泣き出したし。すすり泣く感じで、俺から顔をそむけた。

    カバンか、カバンが原因なのか!と思い当たり、謝ろうと思って近づくと、姉が一喝。
    「来ないで下さい!」
    「え?」
    さらに泣き出す布団の子。さっきまでぷよぷよやってたパンツの方も立ち上がって、俺を部屋から押し出した。
    俺の部屋なのに、しばらく部屋の前に立ちんぼう。大丈夫だから、とか諌めるような声がドアの向こうから聞こえてくる。
    そりゃ痛かったかもしれないけど、そんなに泣くか?というのがその時の俺の心境だった。

    しばらくすると泣きやんだらしく静かになる。
    ドアがカチャ…とゆっくり開けられ、姉が申し訳なさそうに出てきた。
    「来ないでなんて言ってすいません」
    あまり気にはしてなかったが、かと言って納得もできなかった。
    「あの子は…」
    君の妹?何であそこまで泣くの?という二つがごっちゃになって、歯切れの悪い質問になる。


    35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2008/03/02(日) 20:27:49.72 ID:TFpyCJ7B0
    「すいません」
    しかしそれだけ言って、俺を部屋に入れた。ベッドの上に二人が座っていた。
    妹のエミとハルナです、と紹介してくれた。パンツがハルナで、泣き出した子がエミだった。
    で、姉はユキだと名乗った。ユキが高校二年、ハルナが中学二年、エミが中学一年と付け加える。
    「エミちゃんごめんな」
    さきほどのような恐がり方はしないものの、やはり俺には目を合わせずに「いえ…」と答えた。
    代わりに謝るように、ユキがもう一度頭を下げた。
    なんだか釈然としないまま、俺はもう一度だけ謝って部屋を出た。
    当然といえば当然だけど、なんだか自分が異物のように感じたからだ。

    時間は七時を回っていたし、九時にはお客さんも帰るだろうと踏んだ俺は親の寝室で寝ていた。
    身体が揺すられるのを感じて目を覚ますと、ハルナが俺の隣に立っていた。
    「智也さん、ご飯だって」
    最初、真剣に夢かと思ったくらいに違和感があった。新妻?
    「あれ、ハルナちゃん?」
    起き上がって、時計を見ると八時。晩御飯にしては遅いのは来客のせいだろう。
    「ご飯、って」
    「うん、お寿司。お寿司だよー」
    じゃあ彼女らと一緒に食べるのか。そう思うと憂鬱になる。
    さっきエミを泣かせてしまっているのが取り沙汰されて、親に何か言われるんじゃないかというのが気がかりだった。
    正直なところ、エミを泣かせたこと自体にはあまり罪悪感は無かった。
    痴漢に間違われた男の気持ちってこんなんだろうか。
    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    笑えるコピペ・ミニ
    FC2プロフ
    アクセスカウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    1334位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    2chまとめブログ
    146位
    アクセスランキングを見る>>
    カレンダー&月別アーカイブ
    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2017年03月 | 09月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    最新記事
    最新コメント&トラックバック
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    BlogRing
    RSSリンクの表示
    メールフォーム
    ご意見・ご要望・諸連絡・情報提供等はこちらまで。 相互リンク・RSSの依頼も大歓迎!
    検索フォーム
    カテゴリ
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Powered By FC2ブログ b(爪ー爪)

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。