(3/31)
更新を休止しました。

(10/14)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「もぅマヂ無理」を追加しました。
(8/21)
アクセスランキング・人気記事ランキングをリニューアル。現在調整中につきもう暫くお待ち下さい。

(8/12)
本日は更新をお休みさせて頂きます。
ご了承下さい。

(7/1)
トップ絵・壁紙をリニューアル。
「怖いコピペ」に新カテゴリ
「ロミオ・勘助」を追加しました。

(6/18)
副管理人・副々管理人のプロフィールを追加しました。

(5/25)
一部フォントを変更しました。

(5/6)
「ゴールデンウィークスペシャル」最後までお楽しみ頂けましたか?
次回の特別編成は夏頃を予定しております。ご期待下さい。
五月病は笑えるコピペを読んでサッパリ笑い飛ばしちゃいましょう!

(5/6)
ゴールデンウィークスペシャルもいよいよ今日がラスト!
最終日は管理人オススメ、2chの長編スレシリーズをたっぷりお楽しみ下さい!

(5/5)
ゴールデンウィークスペシャル三日目は特別編成恒例「洒落怖」!
各まとめサイトで殿堂入りを果たしたあの名作、この名作をお楽しみ下さい!

(5/4)
ゴールデンウィークスペシャル二日目は
真偽の程はともかく「ちょっぴりタメになるコピペ」をたっぷりご紹介致します!

(5/3)
今日から6日までの4日間は「ゴールデンウィークスペシャル」!
本日はネットで古くから愛されてきた名作コピペの祭典「古典祭 ~春の陣~」をお楽しみ下さい!

(4/22)
「あやぽんRSS」無事復旧のためヘッドラインを元に戻しました。

(3/4)
地味で暗い背景を何とかしようと模様替え()。ついでにテンプレも少々修復しました。
こういうリニューアルは4月頭にやるのがセオリーだと言うのに、一ヶ月も先走って改築してしまう洒落の利かない管理人なのであった。
ここはそういうクソのような人がやってるブログだと思って下さいませ。

(3/1)
RSS一覧を整理。

(2/24)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「くぅ~w」を追加。

(2/7)
メニューバーをリニューアルしました。
これでIEでの表示も問題なくなるかも…?

(2/2)
4ヶ月ぶりにトップ絵一新。
ブログ創立以来初のテキスト複合型トップ絵に無謀にも挑戦。
不具合等ありましたら至急連絡お願いします。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【4】はこちら

    49 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+ 投稿日:2009/06/22(月) 06:16:33.66 ID:V88tLildO
    「芽衣子さん。俺もねぇ…芽衣子さんに招待状を送れると思う。まだまだ先の話になると思うけど…」

    口をついて出た自分の言葉に照れ、俯いてしまった。
    芽衣子さんの声が1オクターブ高くなった。
    「ホントに!?…じゃあ…なのね?」
    「うん」
    「…よかったぁ…」
    ウンウンと、芽衣子さんは何度も頷いていた。
    お互いに、おめでとうと言い合った。

    3次会は辞退した。
    腕に絡まる友枝を芽衣子さんに押し付け、熱帯夜の街に出る。
    時刻は8時を回っていた。
    今一番聞きたい声を求めて、携帯を手にとった。
    「お疲れ様」
    ああ、恵子ちゃんの声だ。
    もう俺はメロメロだった。
    更なる欲求に引火する。
    「会いたい…なぁ」
    「会えるよ」
    事も無げに恵子ちゃんが言った。
    「今ね、健吾君の近くにいるの。友達と会ってたんだ。今、別れたから…」
    「すぐ来て!今来て!早く来て!」
    電話の向こうで恵子ちゃんが爆笑していた。
    「会いたい」と言えることに感動した。
    (“言える”関係になったんだ)
    改めて昨夜の喜びを反芻した。



    関連記事
    スポンサーサイト

    【3】はこちら


    33 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+ 投稿日:2009/06/22(月) 05:55:26.43 ID:V88tLildO
    渋滞に巻き込まれながら太田家に帰り着いた時には陽はとっぷりと暮れていた。
    さすがにみんな疲れていたため飲み直す気はなく、三々五々、各々の部屋で休息をとることとなった。
    俺は身体に染み付いたバーベキュー臭を洗い流そうと、風呂をつかった。
    身体だけはさっぱりとし、居間に戻ると母が座っていた。
    「お茶、飲む?」
    「ん。もらうよ」
    「今日はお疲れさん」
    「ホント疲れた(笑)でも楽しかったよ」
    「守さんと盛り上がってたね」
    「あんまり飲めないのに付き合わせちゃって、悪いことしたよ」
    「よろこんでたよ」
    「ならいいけど」
    「アンタがいなくなってた時、突然ガバッと起きだして『健吾どこだ~』って騒いでた」
    「マジで?あはは」
    「気にいられたね」
    「だったらうれしいね」
    「恵子ちゃんのこと、好きなの?」
    はい、とお茶を差し出しながら、流れるように母が聞いてきた。

    「…なんで?」
    視線をTVに固定したまま、平静を装った。
    焦点はぼやけていた。
    「なんとなく。今日のアンタ見てたらそんな気がしたの」
    もはや言い逃れることも、取り繕うことも、俺自身が許さなかった。
    「…うん。好き、だ」
    まっすぐに母を見た。
    「そう」
    「うん」
    「いつから?」
    「ずっと、前から」
    母の表情に変化はなかった。
    「お父さん(実父)は、知ってるの?」
    「いや、言ってない」
    「そう…」

    ふたりのお茶が冷めていく。
    母の目の光が強くなった。
    「恵子ちゃんには伝えたの?」
    「…ううん…」
    光がしぼんだ。
    顔を伏せた母の声が小さくなった。
    「私たちのこと…考えたから…なのね?」
    「………」

    廊下を踏む足音がした。
    誰かが起きてきたのだろう。
    「考えさせてたのね…ずっと」
    消え入るような声だった。

    明くる朝、帰りの身支度を整え居間に下りると、母はすでに仕事に出た後だった。
    結局、母はあれ以上なにも言わなかった。
    (なんか…言ってほしかったな)
    賛成にせよ反対にせよ、何かしら母の言葉が欲しかった。
    賛成ならば感謝した。
    反対ならば説得した。
    昨日、絶好のタイミングを逃してしまった俺は、情けないが俺を後押しする何かを求めていた。



    関連記事

    【2】はこちら


    671 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+ 投稿日:2009/06/21(日) 02:14:58.52 ID:dw10+mQ9O
    それは3月に入ってすぐの、日曜日の朝のことだった。
    夜勤明けでマンションに帰ると、エントランスホールの郵便受けの前に、長髪のデカい男が立っていた。
    そいつの足元には大きな旅行用トランク。なにやら携帯で話していた。
    (マンションの住人じゃないな)
    俺の住んでるマンションは、
    エントランスホールにあるインターフォンの操作盤に鍵をささないとエレベーターが動かないようになっていた。
    部外者が2階以上に上がるには、インターフォンで住人に呼びかけ、
    エレベーターを動かしてもらわなければいけない。
    (邪魔くせーな)
    そいつをすり抜けるようにして郵便受けに手を伸ばしたら、そいつが声を上げた。
    「あ」
    なんだ?と思い、そいつを見た。
    目が合った。
    「来た。帰ってきた」
    電話の相手に言っているようだった。
    帰ってきた?俺のことか?
    「おお、大塚!」
    声を聞いてようやくわかった。
    高校時代の友人、辻田 大だった。

    「大か!?…なんで、ここに」
    「おお!ほれっ」
    大が携帯を俺に差し出した。
    「大塚、おひさ~!」

    電話の相手は三浦 勝だった。
    こいつも高校の時の友人だ。
    すぐに俺から携帯を取り返した大は、「ありがとな!じゃな!」と三浦に言い、電話を切ってしまった。
    あまりに突然で二の句が告げずにいる俺に、大が言った。
    「とにかく部屋に入れろ。話はそれからそれから」
    言われるまま部屋に案内した。

    不思議な風景だ。
    大が横浜の、俺の部屋にいる。
    俺はコイツが大好きだった。
    高校時代、俺は大と三浦、そして木島 周平、河相 真子という友人たちとバンドを組んでいた。
    世は空前のバンドブームで、河相 真子以外の4人は女の子にモテたいがための結成だった。
    俺以外の4人は同じ高校で、中学の時から大と友達だった俺が後から誘われた格好だった。
    高1の終わりから2年間バンドは続いたが、高校卒業と同時に解散した。
    卒業後、俺と三浦は社会に出、周平と真子は東京の大学に進学し、
    大は「ビッグになるぜい(笑)」と笑いながら、なんとイギリスに行ってしまった。
    ベーシストだった彼は、その道でメシを食っていこうとしていたのだ。
    それ以来の再会だった。



    関連記事

    【1】はこちら

    643 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+ 投稿日:2009/06/21(日) 00:51:56.27 ID:dw10+mQ9O
    一週間が過ぎた。
    大晦日。
    今日は俺の誕生日だ。

    俺の仕事は365日、平日と休日の別ない仕事だったが、
    転勤してまもないということで職場の先輩が気を遣ってくれ、この年末年始はまるまる休みとなっていた。
    しかしその休みも今は恨めしい。
    この間、俺は芽衣子さんに連絡をしなかった。彼女からも一切連絡はなかった。
    夜も昼も、芽衣子さんに言われたことをひとつひとつ考えてみた。
    彼女の言うとおり、恵子ちゃんへの想いが顔に出ていたのだろうか。
    感情が顔に現れやすい人間だと、自覚はしていた。
    怒れば口がとんがり、嬉しければ目尻が下がりっぱなしになる。
    しかしそれがこんな結果を招くとは。なんだかなぁ。このまま年越しかよぉ…。



    関連記事

    605 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+ 投稿日:2009/06/20(土) 17:20:57.36 ID:g/jF6Sx/O
    従姉に恋をした。
    信じられないほど心が痛い。
    彼女に会ってから今日まで、一年一年、一日一日、その痛みは蓄積されていき、今は極限だと思う。
    それはもう彼女との未来など有り得ないのだと実感してしまったからだ。二ヶ月前のあの日に。



    関連記事

    笑えるコピペ・ミニ
    FC2プロフ
    アクセスカウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    723位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    2chまとめブログ
    119位
    アクセスランキングを見る>>
    カレンダー&月別アーカイブ
    プルダウン 降順 昇順 年別

    05月 | 2013年06月 | 07月
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -


    最新記事
    最新コメント&トラックバック
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    BlogRing
    RSSリンクの表示
    メールフォーム
    ご意見・ご要望・諸連絡・情報提供等はこちらまで。 相互リンク・RSSの依頼も大歓迎!
    検索フォーム
    カテゴリ
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Powered By FC2ブログ b(爪ー爪)

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。