(3/31)
更新を休止しました。

(10/14)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「もぅマヂ無理」を追加しました。
(8/21)
アクセスランキング・人気記事ランキングをリニューアル。現在調整中につきもう暫くお待ち下さい。

(8/12)
本日は更新をお休みさせて頂きます。
ご了承下さい。

(7/1)
トップ絵・壁紙をリニューアル。
「怖いコピペ」に新カテゴリ
「ロミオ・勘助」を追加しました。

(6/18)
副管理人・副々管理人のプロフィールを追加しました。

(5/25)
一部フォントを変更しました。

(5/6)
「ゴールデンウィークスペシャル」最後までお楽しみ頂けましたか?
次回の特別編成は夏頃を予定しております。ご期待下さい。
五月病は笑えるコピペを読んでサッパリ笑い飛ばしちゃいましょう!

(5/6)
ゴールデンウィークスペシャルもいよいよ今日がラスト!
最終日は管理人オススメ、2chの長編スレシリーズをたっぷりお楽しみ下さい!

(5/5)
ゴールデンウィークスペシャル三日目は特別編成恒例「洒落怖」!
各まとめサイトで殿堂入りを果たしたあの名作、この名作をお楽しみ下さい!

(5/4)
ゴールデンウィークスペシャル二日目は
真偽の程はともかく「ちょっぴりタメになるコピペ」をたっぷりご紹介致します!

(5/3)
今日から6日までの4日間は「ゴールデンウィークスペシャル」!
本日はネットで古くから愛されてきた名作コピペの祭典「古典祭 ~春の陣~」をお楽しみ下さい!

(4/22)
「あやぽんRSS」無事復旧のためヘッドラインを元に戻しました。

(3/4)
地味で暗い背景を何とかしようと模様替え()。ついでにテンプレも少々修復しました。
こういうリニューアルは4月頭にやるのがセオリーだと言うのに、一ヶ月も先走って改築してしまう洒落の利かない管理人なのであった。
ここはそういうクソのような人がやってるブログだと思って下さいませ。

(3/1)
RSS一覧を整理。

(2/24)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「くぅ~w」を追加。

(2/7)
メニューバーをリニューアルしました。
これでIEでの表示も問題なくなるかも…?

(2/2)
4ヶ月ぶりにトップ絵一新。
ブログ創立以来初のテキスト複合型トップ絵に無謀にも挑戦。
不具合等ありましたら至急連絡お願いします。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    332 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/05/08(火) 05:28:14.51 ID:???
    嫁が娘@2歳8ヶ月に説教したら、「ママなんかやだー!いーやーだー!」と叫び俺の後ろに隠れた。
    あらら、と思ってたら嫁が「ママは娘ちゃん嫌じゃないー!好きー!だからこっちおいでー!」と言った。

    娘泣きながら「娘ちゃんもママしゅきー!うわああああゎ」と叫び嫁にダイブ。

    二人しばらく抱き合った後に、嫁再び説教の続き。
    神妙な面持ちで頷き謝る娘。
    すげえかわいかった。
    そして嫁の対応がすげえと尊敬したわ。
    でかい子どもだと思ってたけど、ちゃんと母親してんだなと思ったよ。

    関連記事
    スポンサーサイト

    126 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/02(火) 01:59:34 ID:T+pJz0MA0
    三年の夏までは俺よりも頭悪いくらいだったのに、秋くらいに何故か覚醒。
    気持ち悪いくらい頭良くなった奴がいた
    同じバスケ部だったんだけど、勉強だけじゃなくて、ある日を境に何かが乗り移ったみたいに上達していた。
    引退してたから意味は無いんだけど本人も本気で気持ち悪がってて、
    「宇宙人に改造されたんじゃないか」と自分で言ってた

    それで何を思ったのか三年の秋に、俺と一緒に行く予定だった県外の私立大学から地元の国立へ進路変更した
    そこは結構な難関なのに一発合格。しかも特別待遇
    そいつは「何か怖いなww」って言ってた

    で、俺は予定通り県外へ出て、ここ一年ぐらいそいつとは連絡していなかった
    それで先週、そいつの訃報が入った
    一年前までは病気なんて全然しないような奴だったのに、死因は心不全
    殆ど原因不明らしい

    大学へ入ってからもそいつの覚醒っぷりは凄かったらしくて、何かいろんな賞とかとってたらしい
    その賞金や、貯めてたらしいバイト代とかが全部遺されて、二十歳そこそこの癖に遺産相続やらまで行われた。
    何か知らんけど俺はバットとアンプをいただいた

    127 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/02(火) 02:05:46 ID:T+pJz0MA0
    そういうのが全部遺書みたいに纏められてて、何だか不気味だった
    自殺じゃないのかって疑われてたようだけど、
    調べてもやっぱり自然死としか言いようがない、みたいなことを言われたらしい

    俺の貯金は妹の学費に、とか、二十歳の大学生が書いて遺しておくか?自然死なのに?

    何か凄い怖い
    あいつなんで死んだんだろう


    128 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/02(火) 02:37:01 ID:6lECg6+l0
    >>126
    死亡時の詳しい状況は?

    129 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/02(火) 02:56:18 ID:5HcfL3Hg0
    >>128
    ソファだか椅子だかに座って伏せてて、朝飯だ起きろって起こそうとしたら起きないみたいな感じ
    全然苦しんだりはしてなかったらしい

    関連記事

    966 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/12/04(金) 21:55:23 ID:???
    流れ切るけど失礼。
    結婚7年目で嫁を病死で失くして2年すこし。
    子供も居ないし、意外に普通に葬式も墓の準備も何もかもが順調に済んだ。

    妥協で結婚した的な感覚もあったし、大して泣かなかったし、
    けろっとしちゃってるな俺、情の薄い男だなと自分で思う。
    だけど親や周りがしきりと再婚を勧めてきたり心配したりする。

    少しうんざりして、何がそんなに心配なんだよって友達に聞いたら、
    自分で平気だと思ってやがるのが怖いんだって逆ギレされた。

    俺が、嫁が死んだら化けて出るって言ってたから
    毎晩酒とつまみ買って スタンバイしてる(嫁、飲んべえなんだよw)のに出てこねーって愚痴ったり、
    飲み会で酔って壊れるとうっかり嫁携帯(だった番号)に
    「今日、メシいらね」って電話したりするのが気になるそうだ。

    そんだけで、周りから勝手にスゲー愛妻家だと思われた上に後追いの心配されてる俺ってorz
    善意の気遣いなんだろうが、いらん気を回すなよと思う。



    関連記事

    936 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/09/02(水) 00:28:29 ID:0QN/6Ssp
    昨日、友達が家に遊びに来ていたとき、高校生の兄貴がちょうど家に帰ってきた。
    顔を見るなり兄貴が、

    兄「お、いいトコにいた。
      ケーキ屋の娘はケイコ、
      洋服屋の娘はヨウコ、
      ではまんじゅう屋の娘の名前は? 」

    私・友「え・・・?・・・」

    この、バカ兄貴!!

    関連記事

    654 名前:キャラメル[] 投稿日:01/10/21(日) 03:48 ID:dWP29E5y
    仕事が忙しく、ほとんど家庭を顧みなかった父。いつも暖かかった母。
    父はいつも眉間にしわを寄せていて、一緒の部屋にいるだけでも緊張した。
    もちろん会話もない。なにを話していいのかわからなかった。
    自営だったので家族で出かけることもなく、夏休みも冬休みもどこにも行ったことがなかった。
    そんな両親も年老いてきて、今では笑いの絶えない家庭になっている。

    2年前、26歳にして初めて親元(関西)を離れ上京。一人暮しを始めた。
    「なにも東京に行くことはないのに」と母。
    「お前が一人で食っていけるわけがない」と父。
    出発の日、父はテレビを見ていた。母はバス停まで送ってくれた。
    バスに乗り後ろを振り向くと、母が手を振ってくれていた。私の姿が見えなくなるまで。
    駅に着くと携帯が鳴った。父からだった。
    「頑張れよ」と涙声で一言だけ。
    人がいっぱいいる中で泣きそうになった。

    それから数年後、恥ずかしながら私は自己破産をしてしまった。
    両親に話すと「だから言わんこっちゃない!」と父に怒られた。
    「一度、帰っておいで」と母に言われ、実家に帰った。
    自己破産のことは何も聞かれなかったが、父と二人きりになったとき、
    「またゼロからやり直せばいい。お前はまだ若いんだ。いくらでもやり直しが出来る」と言われ、
    泣きそうになったので「うん」としか言えなかった。
    東京に帰るとき、また母がバス停でずっと手を振ってくれた。
    それから週に一度は必ず父が電話をくれる。「元気にやってるか?」と。

    父が定年を迎えた今年、久しぶりに帰省した。
    「もうすぐ寒くなるから」と父がトレーナーを買ってくれていた。
    「ろくなもの食べてないんでしょう」と母が煮物を作ってくれていた。
    たしかに、東京での私の食生活はカップラーメンはほとんどだ。

    偶然、父の日記を発見し、ちょっと覗いてみると
    ○○(私の名前)から定年祝いが届いた。一生の宝物だ」の文字が。
    電話では「あんなものいらねぇよ」と言っていたけど、こう思っていてくれたことが嬉しかった。

    東京へ帰る日、「いつでも帰って来い。ここはお前の家だ」と父が言ってくれ、
    「愚痴でも何でもいいから何かあったら電話してきなさい」と母が言ってくれた。
    そして母はいつものように、私の姿が見えなくなるまでバス停で手を振ってくれた。

    今の私の目標は、両親を二人揃って旅行に連れていってあげること。
    上京して初めてわかったこと。
    “親って偉大だね”。

    関連記事

    笑えるコピペ・ミニ
    FC2プロフ
    アクセスカウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    797位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    2chまとめブログ
    123位
    アクセスランキングを見る>>
    カレンダー&月別アーカイブ
    プルダウン 降順 昇順 年別

    04月 | 2013年05月 | 06月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    最新記事
    最新コメント&トラックバック
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    BlogRing
    RSSリンクの表示
    メールフォーム
    ご意見・ご要望・諸連絡・情報提供等はこちらまで。 相互リンク・RSSの依頼も大歓迎!
    検索フォーム
    カテゴリ
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Powered By FC2ブログ b(爪ー爪)

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。