(3/31)
更新を休止しました。

(10/14)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「もぅマヂ無理」を追加しました。
(8/21)
アクセスランキング・人気記事ランキングをリニューアル。現在調整中につきもう暫くお待ち下さい。

(8/12)
本日は更新をお休みさせて頂きます。
ご了承下さい。

(7/1)
トップ絵・壁紙をリニューアル。
「怖いコピペ」に新カテゴリ
「ロミオ・勘助」を追加しました。

(6/18)
副管理人・副々管理人のプロフィールを追加しました。

(5/25)
一部フォントを変更しました。

(5/6)
「ゴールデンウィークスペシャル」最後までお楽しみ頂けましたか?
次回の特別編成は夏頃を予定しております。ご期待下さい。
五月病は笑えるコピペを読んでサッパリ笑い飛ばしちゃいましょう!

(5/6)
ゴールデンウィークスペシャルもいよいよ今日がラスト!
最終日は管理人オススメ、2chの長編スレシリーズをたっぷりお楽しみ下さい!

(5/5)
ゴールデンウィークスペシャル三日目は特別編成恒例「洒落怖」!
各まとめサイトで殿堂入りを果たしたあの名作、この名作をお楽しみ下さい!

(5/4)
ゴールデンウィークスペシャル二日目は
真偽の程はともかく「ちょっぴりタメになるコピペ」をたっぷりご紹介致します!

(5/3)
今日から6日までの4日間は「ゴールデンウィークスペシャル」!
本日はネットで古くから愛されてきた名作コピペの祭典「古典祭 ~春の陣~」をお楽しみ下さい!

(4/22)
「あやぽんRSS」無事復旧のためヘッドラインを元に戻しました。

(3/4)
地味で暗い背景を何とかしようと模様替え()。ついでにテンプレも少々修復しました。
こういうリニューアルは4月頭にやるのがセオリーだと言うのに、一ヶ月も先走って改築してしまう洒落の利かない管理人なのであった。
ここはそういうクソのような人がやってるブログだと思って下さいませ。

(3/1)
RSS一覧を整理。

(2/24)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「くぅ~w」を追加。

(2/7)
メニューバーをリニューアルしました。
これでIEでの表示も問題なくなるかも…?

(2/2)
4ヶ月ぶりにトップ絵一新。
ブログ創立以来初のテキスト複合型トップ絵に無謀にも挑戦。
不具合等ありましたら至急連絡お願いします。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    383 名前:本当にあった怖い名無し [] 投稿日:2013/03/27(水) 16:43:55.68 ID:EYpnJkG+0
    かれこれ20年以上も前の話だから事項だからもう書いてもいいだろう
    これは自分の友人が体験した奇妙な物語です

    20年以上前の大雪の夜のことでした
    仕事が終わった夜、彼女は自宅のある○○市へ向かう電車を待っていました
    大雪のため、大変寒く、プラットホームは真っ白で寒さに震えながら
    早く電車が来ないかとイライラしていました
    やっと電車が来たので大急ぎで乗り込むと、ホッとして
    ついうつらうつらしながら電車に揺られていたそうです

    しばらくして外の景色を見た彼女はあることに気付いたのです
    夜でもあり、大雪でもあり、はっきりとはわからなかったのですが
    いつもと違う景色の中を電車は走っていました


    関連記事
    スポンサーサイト

    1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/03/27 16:26:49 ID:j8v5B1/n0
    実は、ダンボールの中のボクを抱えて持ち帰られたのが始まりでした
    本当はお金持ちのお家がよかったのですが←
    ご厚意を無駄にするわけには行かないので
    愛くるしい笑顔で懐いてみた所存ですw
    以下、家族たちみんなのメッセジをどぞ

    母「ポチ、うちにきてくれてありがとう
    あんまりお金持ちのお家じゃなかったけど・・・許してね」

    姉「今までありがとう!
    私のお布団の中は温かかったかなぁ・・グスンッ」

    婆「犬は嫌いだったけどちょっと寂しいわね・・・」

    父「今までありがとうな!!
    天国に行ってもお前はずっと家族だよ!」

    俺「・・・ありがと」ファサ

    では、

    母、姉、婆、父、俺、ポチ「幸せな時間をありがとうございました!」ワンッ



    母、姉、婆、父、俺「って、今ポチの鳴き声がしたような!?
    改めまして、ありがとうございました!」

    本当の本当に終わり


    5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/03/27 16:28:20 ID:2uY5X5Zy0
    なんだよ…
    なんなんだよ…(震え声)

    35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/03/27 17:23:01 ID:d7ppAEAtP
    母、姉、婆、父、俺「って、今ポチの鳴き声がしたような!?

    これは卑怯

    関連記事

    64 名前:癒されたい名無しさん 投稿日:2008/07/20(日) 00:02:18 ID:vCfXtTj/
    自分で読み返して見て釣りっぽいなあと思ったけど一応実話。

    九州の田舎に生まれた。母子家庭だった。
    歯科技工士だった父は私が4歳の頃、くも膜下出血で他界。
    自営業だったので厚生遺族年金も労災も下りず、仕事関係の機械や車のローンも有り
    生活はかなり苦しかったwww

    母は介護施設の職員で、土日祝関係なく働き、残業は当たり前。
    夜勤も月8回ほど有り、休みは少なく、祖母が面倒を見てくれた。

    その後激務で体を悪くした母は、独学で資格を取り、民間病院の医療事務に転職。
    勤務時間は短くなり、身体的な負担も減ったが、正社員なのに手取りは11万。
    頼りにしていた祖父母も立て続けに他界し、学校に秘密で青果店でアルバイトもした。

    それなりに偏差値の高い公立高校に通っていた私は看護師を志願していたんだけど
    寮のある県立看護学校ですら通える経済状況ではなかった。今思えば通えないことはなかった気もするが。
    その時自衛隊の看護学生の募集を知った。
    採用されれば学生でも自衛官扱いで給料をもらえる。学費も寮費も無料。
    もうこれしかないと思って必死に勉強した。倍率は60倍を超えていた。

    合格したのは奇跡だったと思う。
    もちろん合格できなくても、働いてお金を貯めて県立看護学校に奨学金借りてでも看護師になってたと思う。
    これは後で思ったことだけど、この時落ちてたら良かった。

    看護学生になったと同時に自衛官として採用され、東京にある自衛隊の全寮制看護学校に進むことになった。

    新幹線に乗り九州から上京する朝、母は駅まで迎えに来てくれた。
    私はまたいつでも会えるだろうと思っていたが、母は最期の別れのような顔をしていた。
    私はそれを笑い飛ばした。
    ただただ希望で胸がいっぱいだった。


    関連記事

    912 名前:小箱 1 投稿日:2005/06/06(月) 12:57:48 ID:lJdBivui0
    俺、暇なときにまとめサイト見てる者です。

    俺自身霊感とかまったくなくて、ここに書き込むようなことはないだろうなぁって思ってたんですが、
    先月あったホットなお話を書き込もうかと思いここに来た次第。

    一応話の主役の許可は取って書き込んでます。
    ここなら多くの人が信じてくれそうなので。
    長文かも。(文才もなく長文カキコもほとんどしたこと無いので読みにくいかも)

    冒頭述べたように、俺自身にはまったくもって霊感などは存在してません。
    なのでこれ、ホントに霊とか絡んでる話かは俺には判別不可。
    皆さんに判別してほしい。
    会話の内容も、覚えてるものを書いているのでかなり乱文かもしれません。

    で、本題。
    この話は、霊感の強い友達の話。

    その友達は中学生の時からの付き合いで、30手前になった今でもけっこう頻繁に遊んだり、飲みに行くような間柄。
    そいつん家は俺らの住んでるところでもけっこう大きめの神社の神主さんの仕事を代々やってて、普段は普通の仕事してるんだけど、
    正月とか神事がある時とか、ケコーン式とかあると、あの神主スタイルで拝むっていうのかな?
    そういった副業(本業かも)をやってるようなお家。
    普段は神社の近くにある住居にすんでます。

    で、その日も飲みに行こうかってことで、とりあえず俺の家に集合することになったんです。
    先にそいつと、そいつの彼女が到着して、ゲームしながらもう一人の女の子を待ってたんです。

    その神社の子をM、遅れてくる子をS、俺のことをAとしますね。Mの彼女はKで。


    関連記事

    39 名前:名無しの心子知らず 投稿日:2009/07/11(土) 22:21:58 ID:RMZsAJnQ
    代理ミュンヒハウゼンママって多いのかな。
    うちの近所にも子供が病気だったらいいのに、って言うママさんがいる。
    余命何ヶ月、最後の○○、みたいのに憧れる、と。

    ぞっとした。
    子供の付き添いで救急車乗ってみたい、手術室のランプの色が変わる瞬間を見てみたい、
    腎臓とか肝臓を○○にあげたい、意識が戻るまで手を握りしめてたい、とウットリと語る。

    その○○ちゃんとうちの子が仲いいからガツンと言えないのが辛い。
    しかも○○ちゃんはDQNネーム。
    秋雪くん?ダウン症で幼くして亡くなった子のドラマ見たから、とそのママ第二子はダウンちゃんがいいわ、だと。
    手作りおやつに手作り服、躾も優しく諭してるのにバッチリ、なのにこれで全て帳消し、むしろマイナス。

    42 名前:名無しの心子知らず 投稿日:2009/07/11(土) 23:06:31 ID:sm2gxpJu
    >>39
    怖っ、それ本気で言ってるのなら相当精神病んでると思う。
    我が子には病気ひとつして欲しくないのが親心ってもんでしょ。
    非常識通り越して本当に怖い。


    関連記事

    笑えるコピペ・ミニ
    FC2プロフ
    アクセスカウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    468位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    2chまとめブログ
    95位
    アクセスランキングを見る>>
    カレンダー&月別アーカイブ
    プルダウン 降順 昇順 年別

    02月 | 2013年03月 | 04月
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -


    最新記事
    最新コメント&トラックバック
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    BlogRing
    RSSリンクの表示
    メールフォーム
    ご意見・ご要望・諸連絡・情報提供等はこちらまで。 相互リンク・RSSの依頼も大歓迎!
    検索フォーム
    カテゴリ
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Powered By FC2ブログ b(爪ー爪)

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。