(3/31)
更新を休止しました。

(10/14)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「もぅマヂ無理」を追加しました。
(8/21)
アクセスランキング・人気記事ランキングをリニューアル。現在調整中につきもう暫くお待ち下さい。

(8/12)
本日は更新をお休みさせて頂きます。
ご了承下さい。

(7/1)
トップ絵・壁紙をリニューアル。
「怖いコピペ」に新カテゴリ
「ロミオ・勘助」を追加しました。

(6/18)
副管理人・副々管理人のプロフィールを追加しました。

(5/25)
一部フォントを変更しました。

(5/6)
「ゴールデンウィークスペシャル」最後までお楽しみ頂けましたか?
次回の特別編成は夏頃を予定しております。ご期待下さい。
五月病は笑えるコピペを読んでサッパリ笑い飛ばしちゃいましょう!

(5/6)
ゴールデンウィークスペシャルもいよいよ今日がラスト!
最終日は管理人オススメ、2chの長編スレシリーズをたっぷりお楽しみ下さい!

(5/5)
ゴールデンウィークスペシャル三日目は特別編成恒例「洒落怖」!
各まとめサイトで殿堂入りを果たしたあの名作、この名作をお楽しみ下さい!

(5/4)
ゴールデンウィークスペシャル二日目は
真偽の程はともかく「ちょっぴりタメになるコピペ」をたっぷりご紹介致します!

(5/3)
今日から6日までの4日間は「ゴールデンウィークスペシャル」!
本日はネットで古くから愛されてきた名作コピペの祭典「古典祭 ~春の陣~」をお楽しみ下さい!

(4/22)
「あやぽんRSS」無事復旧のためヘッドラインを元に戻しました。

(3/4)
地味で暗い背景を何とかしようと模様替え()。ついでにテンプレも少々修復しました。
こういうリニューアルは4月頭にやるのがセオリーだと言うのに、一ヶ月も先走って改築してしまう洒落の利かない管理人なのであった。
ここはそういうクソのような人がやってるブログだと思って下さいませ。

(3/1)
RSS一覧を整理。

(2/24)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「くぅ~w」を追加。

(2/7)
メニューバーをリニューアルしました。
これでIEでの表示も問題なくなるかも…?

(2/2)
4ヶ月ぶりにトップ絵一新。
ブログ創立以来初のテキスト複合型トップ絵に無謀にも挑戦。
不具合等ありましたら至急連絡お願いします。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    540 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/03/31(土) 00:09:22 ID:s7bEJAi4
    俺さ、元水泳選手で今でもプールに泳ぎに行くんだ。
    俺がよく行くプールは区営プールでハンディキャップ持ってる人も良く来るんだよね。
    で今日ね、両腕の肘から先がない女の子が来たんだ。
    高校生くらいかな。
    ボランティアっぽく子供たちと一緒に。
    で俺のコースに入ってきて泳ぐわけさ。
    元水泳選手の俺からしても綺麗なフォームで。
    しかも堂々と。私が泳いで何が悪いって感じで。

    凛としてた。
    後光がさしてた。

    感動した。

    書いちゃいけないかもしれないけど肘から先の傷跡が黒いんだよ。
    どうしてか分からないけど。
    俺は泳ぎながら考えたよ。
    何て言っていいか分からないけど、考えた。

    確かに俺の顔もまともじゃないさ。
    だけど今日のあの瞬間だけは顔のことでくじけちゃいけないと思ったさ。

    明日は分からないけど・・・

    関連記事
    スポンサーサイト

    92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 23:05:24.10 ID:nhwM0+/h0
    ビジネスで成功し、ある会社の社長に納まっている男が、ふと妻に尋ねた。
    「僕は君を裏切ったことはない。君もだろう?」
    ところが妻はうつむいて答えなかった。男は妻に言った。
    「もし君が僕を裏切ったことがあるのなら、正直に言ってごらん」
    妻はしばらく黙っていたが、意を決したように言った。
    『あなたが若い頃、仕事でミスをしてクビになりそうだったことがあったわよね?』

    聡明な男は妻の言葉の先を読んだ。
    「…つまり、君が僕の上司と寝て、僕を窮地から救ってくれたんだね?」
    妻は小さく頷いた。男は妻の心遣いに感謝し、不貞を許した。

    『あと、あなたが心臓病で死を宣告されたとき、タイミングよく心臓のドナーが現れたわよね?』
    男は再び妻の言葉の先を読んだ。
    「…と言うことは、君が医者と寝たことで、僕の命を救ってくれたんだね?」
    妻は再び頷いた。男は妻に再び感謝し、また妻を許した。妻は言葉を続けた。

    『もう一つあるの』
    男は少し驚きながら言葉の続きを待った。

    『あなたが出世して重役になって、とうとう社長の座を賭けた役員会に臨むとき、
     社長になるには15票足りなかったわよね?』

    関連記事

    388 名前:名無しさん@涙目です。(東京都) 投稿日:2011/11/27(日) 06:45:31.63 ID:QK2+M7NQ0
    「お年寄りを大切にしよう」なんていうのは昭和のキレイごとなのか。
    きのうは社会と自分の意識の変化に気づかされる小さな事件があった。

    電車の座席はほぼ埋まり、車内には立っている人がちらほらいる程度。
    私の向かい側座席の前には男性1人、女性2人のハイキング帰りらしい高齢者が立っていた。
    私に背中を向けているから時たま見える横顔で判断するしかないが、60代半ばぐらいか。
    彼らの目の前の座席には若者2人と50代ぐらいの女性1人が座っている。
    若者は2人とも茶髪、1人はサングラスをしていた。

    この人たちに気づいたのは、この高齢者組の男性が
    「最近の若い者は年寄りを立たせても平気なんだから」
    「ちょっと前は罪悪感からか寝たふりをしたもんだが、最近じゃ寝たフリもしないからふてぶてしい」などと、
    かなり大きな声で話しているのが耳に入ってきたからだ。
    どうも自分の前にいる若者に席を譲らせて女性2人を座らせたかったらしい。

    ここまで嫌味っぽく言われると、まったく関係ない第三者の私だってちょっと気分が悪い。
    すっかり眠気が覚めてしまった。
    反対側にいる私が席を譲れば、もう1人ぐらい誰か立ってくれるだろうと思って腰を浮かせかかった瞬間、
    サングラスの若者が口を開いた。

    「あんたたちさぁ、山は歩けるのに電車では立てないの?
     それっておかしくない?遊んできたんだろ?こっちはこれから仕事に行くところなんだよ。
     だいたいさぁ、俺みたいなヤツが土曜日も働いてあんたたちの年金を作ってやってるんだって分かってる?
     俺があんたみたいなジジイになったら年金なんてもらえなくて、優雅に山登りなんてやっていられないんだよ。
     とにかく座りたかったらシルバーシートに行けよ」

    チャラチャラしているように見える若者の意外な発言に正直言ってビックリ仰天した。
    「お年寄りに席を譲りましょう」とか「お年寄りを大切にしましょう」
    などというキレイごとを聞いて育ってきた世代の私にしても、彼の言っていることは正論に聞こえた。あたしって壊れてきているのかな?
    浮かせかかった腰を再び降ろしちゃったよ。
    3人の高齢者は凍りついたように黙りこくり、次の駅で降りていった。
    ほかの車両に乗り換えたのかもしれない。

    関連記事

    832 名前:1 [sage] 投稿日:2011/05/20(金) 18:01:33.84 ID:nQejWJo+O
    流れ読まずに投下
    携帯から失礼します。

    私の彼氏はアニメオタク。部屋にアニメのDVDやフィギュアが沢山あった。
    私は漫画は読むがアニメは苦手(目がちかちかするから)。
    でも個人の趣味だから…と思っていた。無理矢理押し付けられる事も無かったし。

    しかし何週間か前のこと、興奮した様子の彼氏にいきなり呼び出された。
    驚いて彼の部屋に行ってみると、怒り狂った彼氏が部屋であぐらをかいていた。

    「どうしたの!?」
    「俺の○○(女の子の名前)を馬鹿にされた!」
    「は?」
    「2ちゃんで馬鹿にされた!!」

    そう言って地団駄を踏む彼氏。
    最初は浮気か?と思ったが、よくよく話を聞いてみると、
    最近始まった彼氏びいきの女の子がいるアニメが、2ちゃんでぼろくそに叩かれて激高したらしい。

    正直あきれたが、私の趣味も特殊で批判されることが多々あるので、
    自分の好きなものを否定されたらムカつくよね…と思って彼氏を慰めていたら、
    何か変なスイッチが入ってしまったらしい。

    833 名前:2 [sage] 投稿日:2011/05/20(金) 18:05:57.38 ID:nQejWJo+O
    そのアニメをお前も見ろ!と言われて無理矢理4話くらいぶっ続けで見させられた。

    そのアニメはギャグものらしいが、ぶっちゃけびっくりする程つまらなかった。
    意味不明過ぎて逆に哲学とかなんじゃないかと思うくらい。

    4話流した所で、「どうだった!」と彼氏が聞いてきたので、「よく分からなかった」と言ったら、
    いきなりグーで思い切り殴られた。
    ふっとぶ私に、「お前がそんなやつだと思わなかった!帰れ!」と鞄を投げつける彼。
    状況を飲み込めずにいると、「これだから三次元は!」とか
    「こっちはお前で我慢してやってるんだ!
     ××ちゃん(彼の大好きなキャラクター)がいたらお前なんて即刻捨ててやるのに!肉便器風情が!」
    と最低な事を言われまくったので、泣きながら逃げ帰った。
    本当に100年の恋も冷めた瞬間でした。

    昨日、彼と彼両親、私と私両親と話し合いをしてきた。
    彼一家はずっと土下座で、彼は「あの時は頭がおかしくなっていた。なんとかやり直してほしい!」と言っていたが、
    「彼女を殴るくらい好きなんでしょ。アニメと結婚したら」と言って突っぱねた。
    彼両親には「どうか落ち着いて…」と言われたが、彼が私に言ったことを言ったら黙った。彼母は泣き出した。
    私父はずっと怒っていて、「精神障害のオタク野郎が」と
    「おたくらはどういう教育をしてきたんですか!」と罵っていた。最後には彼も泣いてた。
    結局彼側は全面降伏で、治療費と慰謝料をもらって終わった。

    おわり

    プチ修羅場で申し訳ない。
    未だに元彼からアニメDVDを割った写メが来るけど、シカトしています。



    関連記事

    798 名前:本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2011/08/28(日) 22:18:25.10 ID:BbCHkUCw0
    新卒で入社した職場に、ハイパーセクハラオヤジがいた。
    肉体的なのは少なかったけど、エロ話がハンパなかった。
    昼休憩では、周りに女性がいようとも、風俗の武勇伝を大声で話し、
    新卒女性には彼氏がいるかしつこく聞き、聞き出したら夜の生活をしつこく聞き・・・。私も相当やられた。
    オヤジは土木系の部署のトップの立場で、見た目も中身もヤクザみたいで怖いし権力もあるし、止めるすべはなかった。

    しかし、私が入社して数年たったある年の新卒には一切といっていいほど、エロ話をしなかった。
    むしろ、「困ってることはないか?」とか、優しい言葉までかける始末。
    その年入社した女の子達は、オヤジの娘と同い年で、娘と重なって性的な話なんてできなかったらしい。

    あるとき、オヤジが新卒達に「娘もお前たちみたいに、仕事頑張ってるかなぁ」なんて話してるのが聞こえてきたので、
    「大丈夫ですよ、いい上司が色々指導してくれてますよ。あなたが 私 に し て く れ た み た い に。」
    と言ったら、オヤジは勝手に深読みして、この世の終わりみたいな顔してた。

    関連記事

    笑えるコピペ・ミニ
    FC2プロフ
    アクセスカウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    502位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    2chまとめブログ
    101位
    アクセスランキングを見る>>
    カレンダー&月別アーカイブ
    プルダウン 降順 昇順 年別

    02月 | 2013年03月 | 04月
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -


    最新記事
    最新コメント&トラックバック
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    BlogRing
    RSSリンクの表示
    メールフォーム
    ご意見・ご要望・諸連絡・情報提供等はこちらまで。 相互リンク・RSSの依頼も大歓迎!
    検索フォーム
    カテゴリ
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Powered By FC2ブログ b(爪ー爪)

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。