(3/31)
更新を休止しました。

(10/14)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「もぅマヂ無理」を追加しました。
(8/21)
アクセスランキング・人気記事ランキングをリニューアル。現在調整中につきもう暫くお待ち下さい。

(8/12)
本日は更新をお休みさせて頂きます。
ご了承下さい。

(7/1)
トップ絵・壁紙をリニューアル。
「怖いコピペ」に新カテゴリ
「ロミオ・勘助」を追加しました。

(6/18)
副管理人・副々管理人のプロフィールを追加しました。

(5/25)
一部フォントを変更しました。

(5/6)
「ゴールデンウィークスペシャル」最後までお楽しみ頂けましたか?
次回の特別編成は夏頃を予定しております。ご期待下さい。
五月病は笑えるコピペを読んでサッパリ笑い飛ばしちゃいましょう!

(5/6)
ゴールデンウィークスペシャルもいよいよ今日がラスト!
最終日は管理人オススメ、2chの長編スレシリーズをたっぷりお楽しみ下さい!

(5/5)
ゴールデンウィークスペシャル三日目は特別編成恒例「洒落怖」!
各まとめサイトで殿堂入りを果たしたあの名作、この名作をお楽しみ下さい!

(5/4)
ゴールデンウィークスペシャル二日目は
真偽の程はともかく「ちょっぴりタメになるコピペ」をたっぷりご紹介致します!

(5/3)
今日から6日までの4日間は「ゴールデンウィークスペシャル」!
本日はネットで古くから愛されてきた名作コピペの祭典「古典祭 ~春の陣~」をお楽しみ下さい!

(4/22)
「あやぽんRSS」無事復旧のためヘッドラインを元に戻しました。

(3/4)
地味で暗い背景を何とかしようと模様替え()。ついでにテンプレも少々修復しました。
こういうリニューアルは4月頭にやるのがセオリーだと言うのに、一ヶ月も先走って改築してしまう洒落の利かない管理人なのであった。
ここはそういうクソのような人がやってるブログだと思って下さいませ。

(3/1)
RSS一覧を整理。

(2/24)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「くぅ~w」を追加。

(2/7)
メニューバーをリニューアルしました。
これでIEでの表示も問題なくなるかも…?

(2/2)
4ヶ月ぶりにトップ絵一新。
ブログ創立以来初のテキスト複合型トップ絵に無謀にも挑戦。
不具合等ありましたら至急連絡お願いします。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    722 名前:名無しさん@お腹いっぱい。2010/02/27(土) 04:44:40 ID:1F8kceH90
    僕の実家は阪神淡路大震災の直撃を受けた。
    後に聞いた話で、家の崩壊まで10分ほど時間があったそうなのだが、
    その間父は 逃げ延び、祖母は自室で絶命し、母親は生き埋めになった。

    僕と妹は運良く上京しており、被災から3日目には掘り起こしを手伝っていた。
    泥まみれの母親を初めに発見したのは僕だった。
    その時足は骨折していたが、身動きが取れない中、ボロ雑巾のようなものを握り締めて放さないでいた。

    僕が小学校の時に描いた、
    お絵かきコンクールで銀賞を取った絵だった。
    自分では 記憶にすら残っていなかったその絵が、
    母親にとっては自分の息子を誇る最も大切な宝物だったらしい。
    危機に直面した土壇場で、身の安全やお金よりも、息子の絵の事を考えたんだそうだ。

    大学に殆ど顔も出さず退学寸前だった俺は、その日から勉強に励み、5年掛けて大学を卒業した。
    当時は後ろめたかったけど、今では胸張って叱ってあげられる。
    「今度地震があったら、自分の命を一番に考えろよ」って。

    母さん、長生きして下さい

    関連記事
    スポンサーサイト

    30 : やきやき戦隊ニクレンジャーNEO(catv?):2011/01/17(月) 02:33:18.47 ID:A9MFtviW0
    1/17はひどい日なんだよな

    阪神大震災
    カルフォルニア大震災
    ブラックマンデー
    俺の誕生日
    湾岸戦争開戦

    関連記事

    268 :1/6 :2009/12/15(火) 22:15:46 ID:1fSqPHYk0
    ありがたいことに需要はあるようなので、もう一つあげておこうかな。
    次に2ちゃんどころかネットできるのがいつかわからないので。

    病院にまつわる幽霊系の話はよく聞きますが、自分では1つしか体験したことがありません。
    というわけで、その唯一を…。

    これも研修医時代、しかも働き始めの4月です。(日付まで覚えています)
    おりしも世間はお花見+新歓シーズン真っただ中、
    浮かれすぎてべろんべろんになって救急車でご来院いただく酔っ払いで、深夜も大忙しでした。

    ちなみにある意味洒落にならないことに、前後不覚の酔っ払いは研修医のいい練習台です。
    普段めったに使わない太い針で点滴の練習をさせられたりしました。
    一応治療上太い針で点滴をとって急速輸液ってのは医学上正しいのも事実ですよ?
    でも、血行がよくて血管がとりやすく、失敗しても怒られず、しかも大半は健康な成人男性というわけで
    上の先生にいやおうなしに一番太い針を渡され、何回も何回もやり直しをさせられながら半泣きでブスブスやってました。
    普通の22G針は研修医同士で何回か練習すればすぐ入れれるのですが、
    16Gという輸血の為の針になるとなかなかコツがつかめず、入れられる方も激痛…
    でも、練習しておかないと、出血で血管のへしゃげた交通事故の被害者なんかには絶対入らないわけで。
    (皆様、特に春は飲みすぎには注意ですよ!)

    269 :2/6 :2009/12/15(火) 22:16:37 ID:1fSqPHYk0
    話を戻します。
    その日の深夜、心肺停止の患者が搬送されてきました。
    まだ本当に若い方で、医者になりたての若造は使命感に燃え、教科書通りに必死に蘇生を行いました。
    しかし結局30分経過したところで、ご家族と連絡をとった統括当直医の一言で全ては終了。

    その方は、(自分は知りませんでしたが)今まで何回も自殺未遂で受診していた常連さん。
    しかもいわゆる「引き際を抑えた見事な未遂」で、ギリギリ死なない程度でとどめていたようです。
    しかし今回、運が悪かったというのか自業自得というのか…
    だいぶ薬のせいで心臓が弱っていたらしく、(推測ですが)まさかの心停止。

    駆けつけた知人という人も、固定電話から救急車は要請したものの到着時にはその場におらず連絡不能。
    状況から事件性が否定できないため、警察に連絡。
    検視が行われることになりましたが、たまたま大きな事件があったので朝まで引き取れないとのこと。
    家族と連絡を取る時、やむを得ず故人の携帯を見て連絡をとりましたが、あっさり蘇生中止を希望。
    生前、家族全員をさんざん振り回し、借金を負わせ、みんなが疲れきって病んでしまった、
    自殺が最後の希望だったろうから頼むから逝かせてやってくれ、と…。
    死亡確認後改めて連絡しましたが、地方に住んでいて今晩は引き取りにも付添にもいけないとのことでした。
    最後に携帯から電話をしていた(おそらく通報者でしょう)異性の知人にも連絡をとりましたが、
    今までまとわりつかれ、逃げようとすれば自殺未遂をされて疲れ切っていた、家族でも友達でも何でもない、
    もう関わりたくない、と泣き声で通話を切り、その後はつながらず…。

    暗澹とした気分になりました。最初の社会勉強でした。


    関連記事

    314 :名無しさん@HOME:2010/02/04(木) 14:29:12 0
    今日の夫

    明日生まれて初めての手術で全身麻酔をする
    夫「麻酔からさめるときって、朦朧として変なこと口走るらしい・・・」
    妻「そういうこともあるみたいね~」
    夫「みんなが見てるのに、嫁子さん、好きとかいったらどうしよう」
    と真剣に心配している。

    どんなみっともないこと言ってもいいから、
    ガンなんかやっつけて、ちゃんと覚めて帰ってきてください。

    関連記事

    869 名前:1/3  sage 投稿日:05/01/14(金) 21:51:28 ID:2WWRasrw
    私達親子は阪神淡路大震災の時、自衛隊のみなさんに大変助けていただきました。
    震災当時、私達夫婦には6歳になる息子があり、
    私は神戸市役所勤務、妻は保健婦として勤める共稼ぎをしておりました。
    震災直後から、二人とも職務に忙殺されていて、
    息子は保育所の先生とボランティアのケースワーカーの方に頼らざるを得ないような状況でした。
    これは、私達夫婦がいない時に起こったことで、後になって息子とお世話になった自衛隊員から聞いたことです。

    震災のあと、二月に入ったころ、息子が近所の公園で遊んでいた時にかなり大きな余震があり、
    息子は「揺れ」にトラウマがあったためにその場で動けなくなっていました。
    そばで給水活動をしていた若い自衛官が息子を抱き上げてくれたそうです。
    息子はその自衛官の足にしがみついたまま震えていたと聞きました。
    「お兄ちゃんがいるから安心しな」ってずっと抱きしめていてくれた、と後になって息子から聞きました。
    給水活動の持ち場は、その人の上官が代わってくれたそうです。
    このことは、私達はしばらくのあいだ知らないままでした。
    息子が小学校2年生になったとき、「あのときのお兄ちゃんにあいたい」と聞かされ、
    そのときに息子を助けてくれた自衛官のいたことをはじめて知ったのです


    関連記事

    笑えるコピペ・ミニ
    FC2プロフ
    アクセスカウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    889位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    2chまとめブログ
    132位
    アクセスランキングを見る>>
    カレンダー&月別アーカイブ
    プルダウン 降順 昇順 年別

    12月 | 2013年01月 | 02月
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    最新記事
    最新コメント&トラックバック
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    BlogRing
    RSSリンクの表示
    メールフォーム
    ご意見・ご要望・諸連絡・情報提供等はこちらまで。 相互リンク・RSSの依頼も大歓迎!
    検索フォーム
    カテゴリ
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Powered By FC2ブログ b(爪ー爪)

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。