(3/31)
更新を休止しました。

(10/14)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「もぅマヂ無理」を追加しました。
(8/21)
アクセスランキング・人気記事ランキングをリニューアル。現在調整中につきもう暫くお待ち下さい。

(8/12)
本日は更新をお休みさせて頂きます。
ご了承下さい。

(7/1)
トップ絵・壁紙をリニューアル。
「怖いコピペ」に新カテゴリ
「ロミオ・勘助」を追加しました。

(6/18)
副管理人・副々管理人のプロフィールを追加しました。

(5/25)
一部フォントを変更しました。

(5/6)
「ゴールデンウィークスペシャル」最後までお楽しみ頂けましたか?
次回の特別編成は夏頃を予定しております。ご期待下さい。
五月病は笑えるコピペを読んでサッパリ笑い飛ばしちゃいましょう!

(5/6)
ゴールデンウィークスペシャルもいよいよ今日がラスト!
最終日は管理人オススメ、2chの長編スレシリーズをたっぷりお楽しみ下さい!

(5/5)
ゴールデンウィークスペシャル三日目は特別編成恒例「洒落怖」!
各まとめサイトで殿堂入りを果たしたあの名作、この名作をお楽しみ下さい!

(5/4)
ゴールデンウィークスペシャル二日目は
真偽の程はともかく「ちょっぴりタメになるコピペ」をたっぷりご紹介致します!

(5/3)
今日から6日までの4日間は「ゴールデンウィークスペシャル」!
本日はネットで古くから愛されてきた名作コピペの祭典「古典祭 ~春の陣~」をお楽しみ下さい!

(4/22)
「あやぽんRSS」無事復旧のためヘッドラインを元に戻しました。

(3/4)
地味で暗い背景を何とかしようと模様替え()。ついでにテンプレも少々修復しました。
こういうリニューアルは4月頭にやるのがセオリーだと言うのに、一ヶ月も先走って改築してしまう洒落の利かない管理人なのであった。
ここはそういうクソのような人がやってるブログだと思って下さいませ。

(3/1)
RSS一覧を整理。

(2/24)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「くぅ~w」を追加。

(2/7)
メニューバーをリニューアルしました。
これでIEでの表示も問題なくなるかも…?

(2/2)
4ヶ月ぶりにトップ絵一新。
ブログ創立以来初のテキスト複合型トップ絵に無謀にも挑戦。
不具合等ありましたら至急連絡お願いします。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/31(月) 00:38:01.63 ID:D/aE0HLd0

    マ○コ臭すぎワロタwwwそりゃ赤ん坊も泣いて産まれるわwwwww

    ってやつ


    3: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2012/12/31(月) 00:38:49.47 ID:1RpOFy6d0

    ベ、ベターwwwwwwwwグッドより良奴ーwwwwwwwwwwwwwww

    だったっけな


    5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 00:40:16.70 ID:DMpGI6CY0

    猫背になりすぎてついに生活に師匠が出た


    9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 00:41:59.41 ID:rk/62T8P0

    begin「らめぇぇ不規則変化しちゃう…!」ビギンビギャンビガン


    59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 01:06:51.14 ID:ZHBZkk050
    >>9
    クソワロタwwwwwwwww



    関連記事
    スポンサーサイト

    19 :名前::04/12/22 23:55:12 ID:???
    三人兄弟の末っ子だったオレ。オレが消防だった時に兄貴が高3だった。
    車好きの兄貴は自動車会社に就職したくて大学に行きたかったみたいけど、
    頭は決してよく無かったので私立の大学にしかいける大学がなった。
    兄貴は親父に大学に行きたいと言ったが、
    親父は『家には金が無い。残りの兄弟もいるし、我慢してくれ。すまん。』と言った。
    影でその話を聞いていた俺は、それまで自分の家が貧乏だと思ってはなかったので驚いた。
    話を承知した兄貴は、肩を揺らして泣いていた。
    親父も自分が不甲斐無いのか泣いていた。

    その後、兄貴は高卒で就職した。
    数年後、同様に二番目の兄貴も高卒で就職した。
    そして、俺が高3になった時、俺も大学に行きたいと思っていた。
    自分でもいうのはなんだが、学校での成績はかなりいいほうだった。
    しかし、親兄弟には迷惑はかけれないと進学は諦めていた。迷惑をかけないように、
    『オレも高校卒業したら就職するから。』って家族にいつも言っていた。
    そんな時、2人の兄貴が『お前は安心して好きな道を歩め。大学に行きたいなら、はっきり言え。オレがどうにかしてやる。
    お前は頭もいいし、オレの出来なかった夢を叶えてくれ。』と言ってくれた。嬉しかった。大声で泣いた。

    数年後、オレは無事に大学を卒業、兄貴の夢でありオレの夢であった自動車会社に就職することができた。
    兄貴は喜んでくれてはいたが、さぞ悔しかっただろうと思う。申し訳ないことをしたと思っている。
    面と向かって言うのは照れるので、ここで言わせてもらいたい。
    兄貴、ありがとう。いつか、最高の車を造るからな。

    関連記事

    763 本当にあった怖い名無し sage 2007/03/14(水) 04:54:54 ID:Xss+iCNa0
    長文です。

    九州のある地域の話。
    仮だがS区という地域の山を越えた地域の裏S区って呼ばれてる地域の話。
    現在では裏とは言わずに「新S区」って呼ばれてるがじいちゃん、ばあちゃんは今でも裏S区と呼んでる。
    まぁ、裏と言うのは良くない意味を含んでる。
    この場合の裏は部落の位置する場所を暗に表してる。
    高校時代は部落差別の講義も頻繁にあるような地域。そこでの話。
    (あくまで体験談&自分の主観の為部落差別、同和への差別の話ではありません)


    今から何年か前に男の子(仮にA)が一人行方不明になった。(結局自殺してたのが見つかったけど)
    俺はS区出身者。彼は裏S区出身者だけどS区の地域にある高校に通ってた。
    まぁ、彼は友人だった。あくまで「だった」だ。
    1年の頃は仲良かった。彼が一人の生徒をいじめるまでは。
    いじめられたのは俺。周りはだれも止めない。止めてくれないし、見てもない。傍観者ですらなかった。
    必死にやめてと懇願しても殴る、蹴る。俺は急に始まったから最初はただの
    喧嘩と思い殴りあったが、彼の体格と俺のでは全く強さが違う。
    でも、次の日も急に殴ってきた。意味も無く。理由を聞くも答えない。
    薄っすらと笑ってたからもう兎に角怖かった。

    764 本当にあった怖い名無し sage 2007/03/14(水) 04:57:13 ID:Xss+iCNa0
    ある日いきなりAが学校に来なくなった。俺はかなりうれしかった。
    でも、もうその状況では誰も俺に話かける奴はいなかった。初めての孤独を味わった。
    多数の中に居るのに絶対的な孤独だった。それからAが3週間学校を休んだある日、先生が俺を呼び出した。
    ここからは会話

    先生「お前Aと仲良かっただろ?」
    俺 「いえ・・。」
    先生「う~ん・・・。お前Aをいじめてないか?」
    俺 「はい??え?俺が??それともAが俺を???」
    先生「いや、お前が。大丈夫誰にも言わんから言ってみろ。問題にもせんから」
    俺 「いや、俺がですか???」

    このときは本当に意味が分からなかった。先生の中では俺がいじめてることになってるし。
    で、俺は本当のことを言うことにした。

    俺 「本当は言いたくなかったけど、俺がいじめられてました・・。皆の前で殴る蹴るの暴力を受けてましたし・・・。」
    先生「本当か??お前が??他の生徒も見てたか??」
    俺 「見てましたよ。っていうか何で先生は俺がいじめてるって思ったんですか?誰かが言ったんですか?」
    先生「いや・・・。いや、何でも無い。」


    関連記事

    863 名前:1/2[sage] 投稿日:2012/12/29(土) 23:10:18.84 ID:CpO3iTcU0
    流れを読まずに自分の復讐話投下。
    意図せず復讐になった話なのでつまらないかもしれない。
    長いしあまり学もないので目が滑ったらすいません。

    中学1年のとき、母子寮に入っている子をからかってた同じクラスのボス格みたいな男(以下ボス男)に
    「お前だって母子家庭じゃん」と言ったら自分もいじめられるようになった。

    そんなある日、クラスでそのボス男とその取り巻きの財布が盗まれる事件が何度か発生した。
    盗まれた当日にさっさと帰宅した自分が盗んだという話になったらしく
    ボス男とその取り巻き10人くらいが「お前がやったんだろう」と、私の家に訪ねてきた。
    身体の弱い母親のかわりに家事をしていたから早く帰宅していただけの私ポカーン。
    自宅玄関前でゴチャゴチャやってたもんだから家の母親が出てきて話を聞いて激怒。
    手近にあった雪かき用のプラスコップ持って暴れだしたので、母親を取り押さえながら
    「母親有段者だから逃げてー!!!」と叫ぶと、そいつらは蜘蛛の子を散らすように逃げていった。

    翌日、クラス担任や学年主任の教師に相談するも
    「疑われるようなことをしたんじゃないのか?」「双方で話し合えばきっと誤解は解けるよ!」
    等といわれ、終いに
    「実際あまり裕福じゃないはずなのに、文房具なんか新品も多いしねぇ」
    と言われ、安いときにまとめ買いしたり、私自身も新聞配達のアルバイトなんかをして
    貧乏ったらしくならないようにしてきただけなのにと、激怒。
    「もう解決するまで学校には行かんでよろしい」と親のお墨付きを頂いて不登校開始。
    「学校に来い」という教師達と「解決するまで行かない」という私とで大揉めに揉めた。
    最終的に、教育委員会まで巻き込むくらい話が大きくなったが、なんとか落ち着いて翌学年から普通に通学。
    自分が通学を再開したあたりから母親の体調がじわりじわりと悪くなっていった。
    3年になり、内申書も悪かろう、と公立の底辺高へ進学を決めて無事進学。奨学金も獲得した。

    卒業後、同じ学校に進学した取り巻きのひとりから
    「(ボス男)の財布を盗んだの、取り巻きA(以下A)だと本人から教えてもらった、本当に申し訳ない」
    と土下座された。
    しかし正直今更知らされてもなぁ、という感想しかなかった。


    関連記事

    375 名前:スペースNo.な-74[sage] 投稿日:2009/08/27(木) 19:59:47 ID:???
    この間バスの中から見えた和み
    犬猫注意

    渋滞してて正直暇だった。
    何気なく外を見ていると、あるお宅の庭でご飯中のでかくて真っ白い犬を発見。
    ハスキーあたりを純白にした感じ。一瞬狼に見えた。

    綺麗だなぁかっこいいなぁと釘付けになっていたら、ご飯に夢中だった狼犬がぱっと振り向いた。
    視線の先を辿ると何かちっさい毛玉が…よく見たら三毛の子猫。
    捨てられたのかガリガリに痩せてて、どうも狼犬のご飯に釣られたらしかった。

    二匹は物凄い体格差なわけで当然子猫はびくついてる。でも目の前にはご飯が。
    ご飯の前には氷山の如く聳える白い巨体が。
    挙動不審な子猫を見つめていた狼犬、見兼ねたのか
    ゆっくりした動きでご飯から離れてそっぽ向いて寝そべった。

    狼犬「もうお腹ふくれたよー全然見てないよー(`・ω・´)」
    子猫「!?寝ちゃったの?食べていいの?罠なの!?でもご飯…(*゚∀゚*)」

    そんな感じで誘惑に勝てなかった子猫、一度食べ始めたら無我夢中でがっついてた。
    それをこっそり横目で見てる狼犬が「たんとお食べ(*´∀`*)」みたいな優しい顔してて、
    物凄い勢いで和むと同時に何だか泣きそうになってしまった。
    ふと気付いたら飼い主さんとおぼしき男の人までお家の中から窓越しに(*´∀`*)な顔で二匹を見てたし。
    子猫にも幸せフラグの予感と共にバスはようやく走り出しましたとさ。
    たまには渋滞も悪くない。



    関連記事

    笑えるコピペ・ミニ
    FC2プロフ
    アクセスカウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    629位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    2chまとめブログ
    114位
    アクセスランキングを見る>>
    カレンダー&月別アーカイブ
    プルダウン 降順 昇順 年別

    11月 | 2012年12月 | 01月
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    最新記事
    最新コメント&トラックバック
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    BlogRing
    RSSリンクの表示
    メールフォーム
    ご意見・ご要望・諸連絡・情報提供等はこちらまで。 相互リンク・RSSの依頼も大歓迎!
    検索フォーム
    カテゴリ
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Powered By FC2ブログ b(爪ー爪)

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。