(3/31)
更新を休止しました。

(10/14)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「もぅマヂ無理」を追加しました。
(8/21)
アクセスランキング・人気記事ランキングをリニューアル。現在調整中につきもう暫くお待ち下さい。

(8/12)
本日は更新をお休みさせて頂きます。
ご了承下さい。

(7/1)
トップ絵・壁紙をリニューアル。
「怖いコピペ」に新カテゴリ
「ロミオ・勘助」を追加しました。

(6/18)
副管理人・副々管理人のプロフィールを追加しました。

(5/25)
一部フォントを変更しました。

(5/6)
「ゴールデンウィークスペシャル」最後までお楽しみ頂けましたか?
次回の特別編成は夏頃を予定しております。ご期待下さい。
五月病は笑えるコピペを読んでサッパリ笑い飛ばしちゃいましょう!

(5/6)
ゴールデンウィークスペシャルもいよいよ今日がラスト!
最終日は管理人オススメ、2chの長編スレシリーズをたっぷりお楽しみ下さい!

(5/5)
ゴールデンウィークスペシャル三日目は特別編成恒例「洒落怖」!
各まとめサイトで殿堂入りを果たしたあの名作、この名作をお楽しみ下さい!

(5/4)
ゴールデンウィークスペシャル二日目は
真偽の程はともかく「ちょっぴりタメになるコピペ」をたっぷりご紹介致します!

(5/3)
今日から6日までの4日間は「ゴールデンウィークスペシャル」!
本日はネットで古くから愛されてきた名作コピペの祭典「古典祭 ~春の陣~」をお楽しみ下さい!

(4/22)
「あやぽんRSS」無事復旧のためヘッドラインを元に戻しました。

(3/4)
地味で暗い背景を何とかしようと模様替え()。ついでにテンプレも少々修復しました。
こういうリニューアルは4月頭にやるのがセオリーだと言うのに、一ヶ月も先走って改築してしまう洒落の利かない管理人なのであった。
ここはそういうクソのような人がやってるブログだと思って下さいませ。

(3/1)
RSS一覧を整理。

(2/24)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「くぅ~w」を追加。

(2/7)
メニューバーをリニューアルしました。
これでIEでの表示も問題なくなるかも…?

(2/2)
4ヶ月ぶりにトップ絵一新。
ブログ創立以来初のテキスト複合型トップ絵に無謀にも挑戦。
不具合等ありましたら至急連絡お願いします。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    754 名無しさん@恐縮です 2009/10/06(火) 21:23:21 ID:jMhnEuCy0
    浅草キッドが15年くらいして、ようやく飯が食えるようになったと感謝の気持ちとしてたけしを料亭に招いてもてなした。
    そのとき帰りがけに「たけちゃんタクシー代」と洒落でぽち袋に入った金一封をたけしに渡した。
    たけしは馬鹿野郎、と言って悪態をついていたが、
    後日、水道橋博士がたけしの家に行くと神棚の上にそのぽち袋が大事に飾ってあった。
    水道橋博士はうれしくてその場で号泣したという。

    関連記事
    スポンサーサイト

    21 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 20:39:58 ID:xH45y36M0
    子どもの頃、僕は2階建ての借家にすんでいた。
    母親も仕事をしていたので、学校から帰っても自分一人のことが多かった。

    ある日、夕方遅く学校から帰ってくると、家の中が暗い。
    「おかあさ~ん」と呼ぶと、
    2階からか小さな声で「はあ~い」と応える声がする。
    もういっかい呼ぶとまた「はあ~い」。

    自分を呼んでいるような気がして、2階へあがる。
    階段をあがったところでまた母を呼ぶと、奥の部屋から「はあ~い」と声がする。

    奇妙な胸騒ぎと、いっこくも母に会いたいのとで、奥の部屋へゆっくりと近づいていく。

    そのとき、下で玄関を開ける音がする。
    母親があわただしく買い物袋をさげて帰ってきた。

    「しゅんすけ、帰ってる~?」
    明るい声で僕を呼んでいる。
    僕はすっかり元気を取り戻して、階段を駆け下りていく。

    そのとき、ふと奥の部屋に目をやる。
    奥の部屋のドアがキキキとわずかに動いた。
    僕は一瞬、ドアのすきまに奇妙なものを見た。

    こっちを見ている白い人間の顔だった。

    「動くな!!!」

    颯爽と謎の人物が白い人間と私の間に躍り出た。
    その人は何やらお経・・・もしくは呪文のようなものを唱え、最後に「破ぁ!!」と叫んだ。
    すると白い人間はドアもろとも粉々になって消滅した。
    僕は恐怖におののきながらもその砕けた様子が硝子細工のように感じられ、子供心ながらにどきどきしたのであった。

    「危なかったな・・・まさかこんな家に隠れていたとはな」
    その人は自分のことをTと名乗り、
    寺育ちのせいで嫌々ながらもこのようなお払いじみたことをしているのだいう。

    寺生まれってスゴイ、そう思った


    改変元:『2階からの「はあ~い」』

    関連記事

    228:彼氏いない歴774年LR変更議論中@自治スレ:2011/06/09(木) 14:09:15.50 ID:2vMoE1Fc
    中学の時、掃除の時間帯は火のついた焼却炉に美化委員が2人必ず居て
    ゴミを持ってきた人から受け取って燃やすというシステムだった

    軽くいじめられてた私は当番に関係なくほぼ毎日ゴミ出しに行かされてて
    その日も焼却炉にいた上級生にゴミ渡して、帰ろうと踵を返したら
    後ろで吹き出す声がして、振り向くと一人が笑いをこらえてる
    えっと思う間もなくもう一人が真顔で近寄ってきて、
    びびって竦む私の両肩を掴んでクルッと後ろ向かせて背中から何か剥がした
    藁半紙(古い話でスマン)のプリントで、裏に大きく『生きててすいません
    ショックと恥ずかしさで固まる私の前で、真顔のままクシャッと丸めて焼却炉に投げ込み
    笑ってる方の人に「面白いか?」
    真顔の人が3年、笑ってたのは2年生だったみたいで、顔色変えてゴメンナサイ…と下向いてた

    涙堪えるのに必死でまともにお礼も言えなかったのが今でも心残りだけど、一生忘れない

    関連記事

    149 :恋人は名無しさん:2011/05/28(土) 18:52:19.54 ID:Pw2zXDZ50
    修羅場っていうかワケワカランな話。
    社会人一年生の時、つきあった彼女がいた。
    俺は正社員で彼女は派遣だった。

    俺はきっすいの関東人で職場も関東。
    彼女の家は関西の生まれで進学を機に上京したと言っていた。
    2人姉妹で、彼女の姉は美人で頭がよくて「世界一姉を尊敬している」と彼女はよく言っていた。
    俺は弟しかいないから男のきょうだいと女のきょうだいって感覚が違うんだなーと思っていた。

    お盆休みが来て彼女は地元に帰った。
    俺は写真が好きで、知らない町の祭り風景を撮るのに当時はまってた。
    実家はもともと近いから盆休みだからって帰省する必要もないと西へ行きあちこちの町で写真を撮って
    ついでに帰りに彼女の実家に寄ってそのまま彼女を拾って帰ろうと思った。


    150 :恋人は名無しさん:2011/05/28(土) 18:55:13.13 ID:Pw2zXDZ50
    彼女にその旨メールすると
    夕飯は七時頃だからその頃に来て」と返事があった。
    俺は七時ちょっと前くらいに彼女の家に着いた。

    家には彼女のご両親と彼女がいた。
    居間に通されると五人分の夕飯が並んでいてテレビがついていた。
    両親と、彼女と、彼女の姉と、俺のぶんと五人だなと思った。

    でもまだ彼女の姉が揃わないうちから夕飯がはじまった。
    俺が「お姉さんは今日はまだお帰りにならないんですか?」と目の前の父親に訊くと
    父親は「私は他人なんでわかりません」と言う。
    俺が「?」と思っていると、彼女が横から
    「この人はうちのお父さんじゃなくて、他人だから」とにこにこしながら言った。
    俺はなおも「??」と思ったが
    向かいにいるお父さんじゃないらしい初老の男性も照れたようににこにこしている。



    関連記事

    409 名前:○○ 投稿日:02/09/08 11:39
    母の葬儀から数日たったある日 遺品を整理していたら育児日記が出てきた
    中には幼い頃の俺のことが書いてあった

    ○月×日
    今日はミルクをたくさん飲んだ
    ×月△日
    今日はお風呂に入れた 気持ちよさそうだった
    ♂月♀日
    今日は
    ・・・

    日記を読み進めていくウチに俺の目に涙がにじんできた
    そして日記は7冊目の終わりに入り、日記の中での俺は5歳になっていた

    10月9日
    ○○(俺の名)を連れて買い物に出かけた
    街路樹からは色とりどりの落ち葉が舞い ○○はそれを一生懸命追いかけていた
    ○○が一枚の落ち葉を私に差し出した イチョウの落ち葉だった
    「おかーさんにあげる」と舌足らずな声で喋りながら私の手にイチョウを持たせてくれた
    私が「なんでくれるの?」と聞くと「きれいだからおかーさんにあげる」と答えた
    自分の息子とは言えプレゼントを貰うのは嬉しいものだ
    ○○に「ありがとう」と言うとニカッと嬉しそうに笑った
    この子はホントにいい笑顔をする


    そこで7冊目の日記は終わった 俺は全く覚えていない出来事だった
    日記の最後のページにはしおりが貼り付けてあった
    そのしおりには一枚のイチョウが封されていた そしてその下にこう書かれていた

    ○○からの大切な思い出

    ・・・俺は・・・声を出して泣いた・・・いくら泣いても涙は止まらなかった・・・

    しおりは今もパソコンの脇に飾られている・・・

    関連記事

    笑えるコピペ・ミニ
    FC2プロフ
    アクセスカウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    617位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    2chまとめブログ
    115位
    アクセスランキングを見る>>
    カレンダー&月別アーカイブ
    プルダウン 降順 昇順 年別

    07月 | 2012年08月 | 09月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    最新記事
    最新コメント&トラックバック
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    BlogRing
    RSSリンクの表示
    メールフォーム
    ご意見・ご要望・諸連絡・情報提供等はこちらまで。 相互リンク・RSSの依頼も大歓迎!
    検索フォーム
    カテゴリ
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Powered By FC2ブログ b(爪ー爪)

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。