(3/31)
更新を休止しました。

(10/14)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「もぅマヂ無理」を追加しました。
(8/21)
アクセスランキング・人気記事ランキングをリニューアル。現在調整中につきもう暫くお待ち下さい。

(8/12)
本日は更新をお休みさせて頂きます。
ご了承下さい。

(7/1)
トップ絵・壁紙をリニューアル。
「怖いコピペ」に新カテゴリ
「ロミオ・勘助」を追加しました。

(6/18)
副管理人・副々管理人のプロフィールを追加しました。

(5/25)
一部フォントを変更しました。

(5/6)
「ゴールデンウィークスペシャル」最後までお楽しみ頂けましたか?
次回の特別編成は夏頃を予定しております。ご期待下さい。
五月病は笑えるコピペを読んでサッパリ笑い飛ばしちゃいましょう!

(5/6)
ゴールデンウィークスペシャルもいよいよ今日がラスト!
最終日は管理人オススメ、2chの長編スレシリーズをたっぷりお楽しみ下さい!

(5/5)
ゴールデンウィークスペシャル三日目は特別編成恒例「洒落怖」!
各まとめサイトで殿堂入りを果たしたあの名作、この名作をお楽しみ下さい!

(5/4)
ゴールデンウィークスペシャル二日目は
真偽の程はともかく「ちょっぴりタメになるコピペ」をたっぷりご紹介致します!

(5/3)
今日から6日までの4日間は「ゴールデンウィークスペシャル」!
本日はネットで古くから愛されてきた名作コピペの祭典「古典祭 ~春の陣~」をお楽しみ下さい!

(4/22)
「あやぽんRSS」無事復旧のためヘッドラインを元に戻しました。

(3/4)
地味で暗い背景を何とかしようと模様替え()。ついでにテンプレも少々修復しました。
こういうリニューアルは4月頭にやるのがセオリーだと言うのに、一ヶ月も先走って改築してしまう洒落の利かない管理人なのであった。
ここはそういうクソのような人がやってるブログだと思って下さいませ。

(3/1)
RSS一覧を整理。

(2/24)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「くぅ~w」を追加。

(2/7)
メニューバーをリニューアルしました。
これでIEでの表示も問題なくなるかも…?

(2/2)
4ヶ月ぶりにトップ絵一新。
ブログ創立以来初のテキスト複合型トップ絵に無謀にも挑戦。
不具合等ありましたら至急連絡お願いします。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    383 :(1/2):2008/06/27(金) 16:17:47 ID:4QVkhMlb0
    俺の親戚の間で有名な話。

    姪が小6のとき、下校中にクルマから降りてきた男に腕を掴まれ、危うく連れ去られかけるという事件があった。
    姪が激しく抵抗していたら、どこからともなく仔犬が現れて、猛然と男の足に噛み付いた。
    男は驚いて逃走し、事無きを得た。
    仔犬は姪を送るように家までついて来た。
    話を聞いた両親は仔犬に大変感謝し、そのまま家で飼うことにした。

    仔犬は真っ白だったので、当時公開されていたアニメ映画にちなんで「モロ」と名付けられた。
    モロは成長するにつれピレネー犬のような巨体となり、相変わらず何かにつけて姪を守ろうとした。
    川遊びで姪が危ない方へ行こうとすると体を張って制したり、
    散歩中に見知らぬ人が近づいてくると低く唸って追い払おうとした。
    姪が病気で寝ているときは、一日中心配そうに添い寝していたらしい。

    あまりモロがつきまとうので姪は少々迷惑そうだった。
    よく周囲に「ちょっとウザい」と漏らしたりもしていた。



    関連記事
    スポンサーサイト

    442 :本当にあった怖い名無し :2007/04/12(木) 07:14:08 ID:E3Pde0GDO
    その日、我が剣道部の精鋭五名は決戦の舞台である武道館へと電車で向かっていた。
    高まる緊張感が車内での五人を沈黙させる・・
    皆が緊張に押し潰されそうになっていたその時、普段は寡黙な部長が口を開いた。
    「俺らが練習で流してきた血と汗を信じよう。」
    皆の顔つきが変わる。
    そう、辛かった鍛練の日々は彼らに自信と言う名の力を与えていたのである。
    揺るがぬ自信が、緊張を闘志へと変えていく。
    「勝とう!」
    皆の心が一つになる。

    気合いの入った五人の若武者は颯爽と電車を下車した。
    怖れるものは何もない、あふれ出る闘志が皆の歩を早める。
    武道館へとつながる長い坂道を力強く上っていく五人。
    その時、部員の一人が呟いた。
    「あれ?俺ら防具は?」

    同時刻、網棚に持ち主不在の五人分の防具を乗せた電車は
    終点目指し力強く歩を進めていたのであった・・

    戦わずして勝つ
    その日、対戦予定だった相手校は武道の極意を学んだ事であろう。



    関連記事

    242:おさかなくわえた名無しさん :2011/10/14(金) 11:07:57.57 ID:bqqXrYAN
    昨日一人バイトの面接に来たんだが、そいつが物凄かった。

    面接は休憩室近くの小さな部屋で行われ、店長とそいつの一対一、そして何故か俺が立ち会う事に。
    店長が「では何故当店を志望されましたか」と、お決まりの質問を投げ掛けた時の、そいつの答え

    「はい、貴社を韓国人の魔の手から守る為です!」

    店長も俺もびっくり。
    聞けばこいつ、高校にも行かず(それも地元じゃ有名な底辺校)、毎日愛国運動なるものをやってるらしい。
    店長「…えーと、その愛国運動って、例えばどんな?」
    そいつ「はい、日本は今韓国の工作員や、在日更には民主党によって蝕まれつつあります。
        私はそういったものから日本を守る為に日夜日本国民に呼び掛けているのです!」
    店長「…具体的には?」
    そいつ「2ちゃんねるやニコニコ動画等、インターネットを使ってです。」
    この時点で俺苦笑い。すると俺に向かって
    「そこのTさん(俺の苗字ね)、あなたも韓国人や在日から日本を守りたいと思いますよね?」と言ってきたから
    「いやぁ…でも愛国心って、そういうものでは無いと…」と返した途端、そいつは急変した。

    「…何だと?お前は在日か!!」
    そいつがいきなり机を叩き出して、俺になにやらわめきだした。
    しばらくして店長がなだめて落ち着いて、面接に戻った。



    関連記事

    797 :本当にあった怖い名無し :2010/03/21(日) 22:27:18 ID:6FosvROF0
    三年程前に、一人暮らしをしていたマンションで怖い体験をした。
    7階建てで1フロアに5部屋というこじんまりとしたマンション。
    俺は403号室に住んでいた。
    間取りは2DK。玄関を入ってすぐ右側の部屋を俺は寝室に使っていた。
    仕事から帰ってきて寝るまでの時間は、ほとんどダイニングでPCを使ったり、TVを見たりして過ごしていた。
    俺は飲食店で働いてるから、自宅に帰るのは早くても午前1時過ぎくらい。
    マンションの周りは住宅街で、少し歩けば大通りもある。
    静かだけど、深夜でも特別寂しいという雰囲気ではない。

    帰宅してからの俺の行動パターンは大抵こんな感じ。
    寝室で寝巻きに着替える→TVとPC起動→飯食う→風呂→3時ごろ就寝

    毎晩寝床に入ってウトウトしていると、部屋の窓の向こうから「ガガーッ」という、エレベーターの開く音がする。
    そして「コツコツコツ・・・」という足音が聞こえる。
    これはほとんど毎晩だった。
    少し深夜にしては足音がデカイかな?と少し気にはなっていたけど、次の日の朝にはそんな事忘れていた。


    798 :本当にあった怖い名無し :2010/03/21(日) 22:28:05 ID:6FosvROF0
    そんな感じで、特に何の問題もない毎日を送っていたんだ。そしてついにその日が来てしまった。
    俺は、いつものように深夜3時過ぎに寝室のベッドに入っていた。
    また、エレベーターの開く音が聞こえた。
    「コツコツコツ・・・」足音が聞こえた。
    俺の部屋の窓には厚いカーテンがしてあるので、シルエットは見えないけど、
    足音で、自分の部屋を通り過ぎたのがわかった。
    恐らくハイヒールを穿いた女性で、「404号室か405号室の住人だろうな・・」と何となく考えていた。
    何だか寝付けなかったので、TVをつけてボケーっとしてると、こんな事を思った。

    「そういえば、足音は聞こえるのにドアを開けたり鍵を閉めたりするときの音って聞こえないよなぁ・・」と。
    そんなに作りがしっかりしたマンションでもないし、隣近所のドアの開け閉めや鍵の開閉の音はいつも聞こえていた。
    あんまり気にして聞いていた事はないけど、今回に限っては深夜なので「絶対に聞こえるはずなのにな・・」と少し気になってしまった。


    関連記事

    481 :おさかなくわえた名無しさん:2010/04/28(水) 21:09:27 ID:eTxuCRyo
    近所にかなり老犬を飼っている家がある
    当然だが、散歩はまともに歩くこともできないので、
    柔らかい紐で後ろを支え飼い主さんは犬に合わせてゆっくり歩く
    それでも犬は飼い主さんに全てを預け、飼い主さんも家族全員でありたけの愛情を注いでいた

    ある日、成金ぽい家族が引越して来た
    はっきり言えるぎんぎらの悪趣味さ
    子供は口から先に生まれたような・・察して下さい
    その子供が散歩中の犬を見て「きったねぇ!しねばいいのに」と一言
    その場にいた誰もが凍り付く中、飼い主さんは何も言わずに犬を抱きしめた
    そして優しく「ずっと一緒にいようね」

    どんな言葉より強い言葉にスーッとし、鼻がツーンとした

    関連記事

    笑えるコピペ・ミニ
    FC2プロフ
    アクセスカウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    476位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    2chまとめブログ
    95位
    アクセスランキングを見る>>
    カレンダー&月別アーカイブ
    プルダウン 降順 昇順 年別

    06月 | 2012年07月 | 08月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    最新記事
    最新コメント&トラックバック
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    BlogRing
    RSSリンクの表示
    メールフォーム
    ご意見・ご要望・諸連絡・情報提供等はこちらまで。 相互リンク・RSSの依頼も大歓迎!
    検索フォーム
    カテゴリ
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Powered By FC2ブログ b(爪ー爪)

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。