(3/31)
更新を休止しました。

(10/14)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「もぅマヂ無理」を追加しました。
(8/21)
アクセスランキング・人気記事ランキングをリニューアル。現在調整中につきもう暫くお待ち下さい。

(8/12)
本日は更新をお休みさせて頂きます。
ご了承下さい。

(7/1)
トップ絵・壁紙をリニューアル。
「怖いコピペ」に新カテゴリ
「ロミオ・勘助」を追加しました。

(6/18)
副管理人・副々管理人のプロフィールを追加しました。

(5/25)
一部フォントを変更しました。

(5/6)
「ゴールデンウィークスペシャル」最後までお楽しみ頂けましたか?
次回の特別編成は夏頃を予定しております。ご期待下さい。
五月病は笑えるコピペを読んでサッパリ笑い飛ばしちゃいましょう!

(5/6)
ゴールデンウィークスペシャルもいよいよ今日がラスト!
最終日は管理人オススメ、2chの長編スレシリーズをたっぷりお楽しみ下さい!

(5/5)
ゴールデンウィークスペシャル三日目は特別編成恒例「洒落怖」!
各まとめサイトで殿堂入りを果たしたあの名作、この名作をお楽しみ下さい!

(5/4)
ゴールデンウィークスペシャル二日目は
真偽の程はともかく「ちょっぴりタメになるコピペ」をたっぷりご紹介致します!

(5/3)
今日から6日までの4日間は「ゴールデンウィークスペシャル」!
本日はネットで古くから愛されてきた名作コピペの祭典「古典祭 ~春の陣~」をお楽しみ下さい!

(4/22)
「あやぽんRSS」無事復旧のためヘッドラインを元に戻しました。

(3/4)
地味で暗い背景を何とかしようと模様替え()。ついでにテンプレも少々修復しました。
こういうリニューアルは4月頭にやるのがセオリーだと言うのに、一ヶ月も先走って改築してしまう洒落の利かない管理人なのであった。
ここはそういうクソのような人がやってるブログだと思って下さいませ。

(3/1)
RSS一覧を整理。

(2/24)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「くぅ~w」を追加。

(2/7)
メニューバーをリニューアルしました。
これでIEでの表示も問題なくなるかも…?

(2/2)
4ヶ月ぶりにトップ絵一新。
ブログ創立以来初のテキスト複合型トップ絵に無謀にも挑戦。
不具合等ありましたら至急連絡お願いします。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    205 名前:涎(よだれ) ◆90luq5TOlE [] 投稿日:2006/09/20(水) 20:47:43 ID:FKte8lp50
    個人的な希望としては尿管結石になったので病院へ行ったら、
    「あのなんだか尿管結せ…」まで言ったところで
    無表情な女医の栗山千明にいきなり有無を言わさずむんずと掴まれたチンコを
    メスでうなぎの蒲焼みたく縦にズバババと裂かれて
    尿管の途中に引っかかっていた結石は人差指先でピーンと弾かれ
    治ったって言うかどっか飛んで行っちゃったけど
    もうチンコ使い物にならないし死にそうだし縫合してくれないし保険適用外です

    関連記事
    スポンサーサイト

    767 :じつ8�:2009/12/07(月) 23:06:59 ID:G6mpNvt1O

    この話は実話です。私自身も体験したのですが、当時はなにも気付きませんでした。
    霊などはでません。
    長い割に怖くないかもしれません。



    それはまだ私が幼いころです。
    記憶は曖昧なのですが、確か妹がまだ赤子だったので、私は小学生の低学年だったと思います。

    当時妹はひどい小児喘息で、診察と常備薬を処方してもらうため、車で1時間ほどかかる遠方の病院に通っていました。
    私は病気でもないのに、よくそれについていきました。
    なぜなら幼いころはたとえ病院だろうと遠くに行くだけで楽しかったですし、それに道で外食をすることがあったのです。
    一方手間がかかる私をつれていくのを母は嫌がり、家にいなさいと言っていました。
    私はそれでも無理を言って病院についていきました。
    病院では、私はいつも妹が診察をうける間病院内をうろうろと歩いておりました。
    いつものように広い病院を探検する気持ちで歩いていると、いきなり院内服を着た知らないお婆さんから話しかけられました。
    「ぼく、飴いる?」
    そのお婆さんは真っ白な白髪にまばらに残る黒髪が印象的で体格は小柄、それに酷く痩せていました。
    顔色も悪くて不健康そうに見えました。
    思い詰めたように暗くて疲れきったような表情に見えます。なにより私を見る目が怖かったのを覚えています。

    お婆さんは、自分はここに入院しているのだといいました。
    前からよく病院内を歩く私をみて話しかけたかったのだそうです。
    寂しいから友達になって欲しいといいました。
    私はお婆さんを怖いと思ったので嫌だと思い、黙って首を横にふり、母の元に逃げました。


    関連記事

    765 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2012/04/26(木) 07:05:08.44 ID:TH74dhzX
    申込用紙の職業欄に「ママ」と書いた39歳の人に驚愕したよ。
    何あれ?

    766 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2012/04/26(木) 07:23:58.98 ID:45hBPc4f
    ハロワに勤めてる知り合いが職歴欄に「主婦」と書いてくる無職に頭を痛めてるよ
    主婦も母親も立場であって職歴にはならないというと女性差別だフジコフジコ!ってなるらしい
    でも専業なら無職だよね

    雇用保険にも入ってないから失業給付でないの当たり前なのにそう説明するとキレたりとか

    ハロワの待合室でダニを走らせるくらいならまだかわいいもんだって力なく笑ってたよ

    関連記事

    368 :例えばこんな日本びいき:2012/03/03(土) 21:29:30.49 ID:p9IrX60I
    ここ数日、インドネシア独立について書いているうちに、
    結構な文書量になってしまいました。3回くらいに分けて投稿します。

    黄色い人とムルデカ ①

    ムルデカとはインドネシア語で独立のことです。
    大航海時代より長きにわたりオランダの植民地とされたインドネシア。
    何世代にもわたる苦難の生活の中、
    現地の民衆には、ジョヨボヨ王の民族叙事詩の一説からとられた「予言」が語られていました。

    「第5の時代、北方から『黄色い人』たちがやってきて、『白い人』を追い払う。
     『黄色い人』もインドネシアを支配するが、トウモロコシの花の咲く前に去っていく」

    これが、本当に予言なのか、あるいは民衆の願望から生まれた伝承なのかは今となっては分りません。
    ただ言えることは、インドネシアの人々が、日露戦争に勝利した日本に、「黄色い人」の幻想を託したこと、
    そして、日本軍もこの伝説を利用しインドネシアの民衆の支持を得たことです。

    それにしても、伝説の後半部分「トウモロコシの花が咲く前に去っていく」
    つまりは、「黄色い人の支配期間が短期で終わる」という部分まで予言が実現するとは
    日本軍の関係者は、果たして考えていたのでしょうか?


    369 :例えばこんな日本びいき:2012/03/03(土) 21:30:28.22 ID:p9IrX60I
    1942年2月から、日本の第16軍(陸軍)がスマトラ・ジャワを侵攻。
    破竹の快進撃で、オランダ軍を僅か9日間で降伏させ、
    360年に及んだオランダの植民地支配は終わりを告げます。
    日本軍は、インドネシアの独立を約束。独立運動家のスカルノやハッタを解放。
    食料の調達、資源確保などに動く一方、現地の人々の言語を統一し、
    教育制度を設け、農業の改良を行うなどの改革を施行。
    さらに、イスラム教の活動を認め、新聞を刊行するなど、民族意識を鼓舞し、
    インドネシア人の社会構築、政治参加を促す政策を矢継ぎ早に行います。

    そして何よりも、オランダ軍との再戦に備え、「郷土防衛義勇軍(PETA)」を組織。
    現地の人々に兵士としての訓練をほどこしました。
    44年には、インドネシア国旗と国歌を解禁。翌45年3月には、独立準備委員会が発足。

    しかし、そこまででした。
    45年8月15日、日本はポツダム宣言を受け入れ、連合国に降伏。

    直後の8月17日、スカルノとハッタは、慌しく独立を宣言。
    独立宣言書にしるされた日付は、「17805」
    インドネシアには、日付を、日、月、年の順に記す風習があります。
    178は、8月17日のこと、05とは日本の皇紀2605年のことです。

    インドネシア独立を描いた映画「ムルデカ17809」のタイトルはここからとられました。
    「ムルデカ」とは、独立のことです。


    370 :例えばこんな日本びいき:2012/03/03(土) 21:32:00.34 ID:p9IrX60I
    敗戦後、インドネシアでの日本人の状況は一変しました。

    考えてもみてください。
    日本人の多くは、「この戦争には必ず勝つ」といっていたのです。
    だからこそ現地のインドネシア人も日本に協力しました。
    しかも、この時点でインドネシアでは日本軍が戦いに負けたわけではありません。
    彼らの目からすれば、日本人は大口を叩いておきながら、
    敵が本気になった途端、戦わずに降伏した臆病者のように見えたはずです。
    大いに幻滅したことでしょう。

    インドネシア独立派は、各地に非正規の武装組織を作ります。
    そして日本軍に武器を引き渡すように要求します。オランダ軍が戻ってきたとき、ゲリラ戦を仕掛けるつもりだったのです。

    ところが、それは日本側に拒否されました。
    意外に知られていない戦争の基本ルールがあります。
    降伏した軍は、勝者の側に、自分たちの武器に関する権限を全て引き渡さなくてはなりません。
    (考えてみれば、勝った側が、負けた側に武装解除や武器の引渡しなどを要求するのは、当然のことです)

    勝者であるオランダ側は、インドネシア独立勢力に武器がわたることを恐れ、敗者である日本軍に、現地人への武器の引渡しを禁止。
    ルールに厳格な日本軍は、それを遵守したのです。


    関連記事

    319 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/08/24(月) 16:25:40 ID:h3/FotI0
    旅行の土産として、友人達にマドレーヌを配った。
    旅先にあった美味しいケーキ屋のマドレーヌなので皆喜んでいた中、
    一人が「は?」ないちゃもんをつけてきた。
    曰くそいつの家は「6人家族でうち2人はまだ幼い弟や妹、
    しかし土産はマドレーヌ5つの詰め合わせなので喧嘩になることは必至。
    配慮が足りないにも程がある。」らしい。

    あなたの詳しい家族構成を知らなかったの、ごめんと謝っても怒りは収まらない。
    私の家なら、この友人の家のような状況になったら切るか割るかして家族で仲良く分けあっていたのに・・・

    関連記事

    笑えるコピペ・ミニ
    FC2プロフ
    アクセスカウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    2459位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    2chまとめブログ
    151位
    アクセスランキングを見る>>
    カレンダー&月別アーカイブ
    プルダウン 降順 昇順 年別

    06月 | 2012年07月 | 08月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    最新記事
    最新コメント&トラックバック
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    BlogRing
    RSSリンクの表示
    メールフォーム
    ご意見・ご要望・諸連絡・情報提供等はこちらまで。 相互リンク・RSSの依頼も大歓迎!
    検索フォーム
    カテゴリ
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Powered By FC2ブログ b(爪ー爪)

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。