(3/31)
更新を休止しました。

(10/14)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「もぅマヂ無理」を追加しました。
(8/21)
アクセスランキング・人気記事ランキングをリニューアル。現在調整中につきもう暫くお待ち下さい。

(8/12)
本日は更新をお休みさせて頂きます。
ご了承下さい。

(7/1)
トップ絵・壁紙をリニューアル。
「怖いコピペ」に新カテゴリ
「ロミオ・勘助」を追加しました。

(6/18)
副管理人・副々管理人のプロフィールを追加しました。

(5/25)
一部フォントを変更しました。

(5/6)
「ゴールデンウィークスペシャル」最後までお楽しみ頂けましたか?
次回の特別編成は夏頃を予定しております。ご期待下さい。
五月病は笑えるコピペを読んでサッパリ笑い飛ばしちゃいましょう!

(5/6)
ゴールデンウィークスペシャルもいよいよ今日がラスト!
最終日は管理人オススメ、2chの長編スレシリーズをたっぷりお楽しみ下さい!

(5/5)
ゴールデンウィークスペシャル三日目は特別編成恒例「洒落怖」!
各まとめサイトで殿堂入りを果たしたあの名作、この名作をお楽しみ下さい!

(5/4)
ゴールデンウィークスペシャル二日目は
真偽の程はともかく「ちょっぴりタメになるコピペ」をたっぷりご紹介致します!

(5/3)
今日から6日までの4日間は「ゴールデンウィークスペシャル」!
本日はネットで古くから愛されてきた名作コピペの祭典「古典祭 ~春の陣~」をお楽しみ下さい!

(4/22)
「あやぽんRSS」無事復旧のためヘッドラインを元に戻しました。

(3/4)
地味で暗い背景を何とかしようと模様替え()。ついでにテンプレも少々修復しました。
こういうリニューアルは4月頭にやるのがセオリーだと言うのに、一ヶ月も先走って改築してしまう洒落の利かない管理人なのであった。
ここはそういうクソのような人がやってるブログだと思って下さいませ。

(3/1)
RSS一覧を整理。

(2/24)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「くぅ~w」を追加。

(2/7)
メニューバーをリニューアルしました。
これでIEでの表示も問題なくなるかも…?

(2/2)
4ヶ月ぶりにトップ絵一新。
ブログ創立以来初のテキスト複合型トップ絵に無謀にも挑戦。
不具合等ありましたら至急連絡お願いします。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    191 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2011/03/09(水) 15:45:57.13 ID:7zNAgntF
    小、中、高校とただの本好きの貧弱君として過ごしてきた俺。
    高校時代、いじめに遭っていた。

    最初は些細なことだった。
    授業中、不良グループのたわいない悪戯に同調しなかったせい。
    教育実習の女の先生が泣くのを見たいというただそれだけの理由で、一切無視という通達が回ってきた。

    実習が上手く行かなかったら当然教師にもなれないだろうし、そもそも不良どもの言うことを聞いて無視なんて嫌だったから、
    通達が回って最初に当てられたのが俺だったけど、俺は普通に受け答えをした。
    それがきっかけで、クラスのみんなも無視せず、無事に実習は終わった。

    さて収まらないのは不良グループ。彼らには不良なりの面子があるらしく、
    「貧弱君に逆らわれた」「クラス内のモヤシも支配できてない」とのことで校内の不良連中や先輩達から散々馬鹿にされたらしい(よく解らない理屈だが)

    彼らの行動様式は非常に単純で、俺は放課後、笑いながら肩を組まれ、
    さも遊びに行くような格好で部活棟の倉庫に引きずり込まれた。
    地面に立てる形のサンドバッグ(?)にくくりつけられて、
    不良グループの一人の傷害で退部させられたもとボクシング部に、吐くまで腹を殴られ続けた。
    もともと貧弱な俺は胃液に血が混じるまで吐いた。


    192 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2011/03/09(水) 15:46:48.50 ID:7zNAgntF
    「被害状況」
    ・内臓、特に胃にダメージ。神経性の急性胃潰瘍も含むらしい
    ・肋骨4本にヒビ。胸骨にもヒビ。
    ・体中打撲だらけ。手のひらと二の腕に煙草での火傷。
    ・眼鏡全損。購入価格32000円
    ・学ランとスラックス没収。あわせて15000円ぐらい?
    ・トランクスを引きずり下ろされた姿勢で土下座。(ろくでなしブルース参照)
     その姿を写真に撮られ、「チクったらネットに流すから」
    ・チクろうがチクるまいが、女子更衣室にその写真は「驚愕!@@クンの実態!」
     という実名と住所入りで置かれていたことが判明。

    涙と鼻水と鼻血とゲロを流しながら、
    「こいつら、一人残らず絶対殺す…」と厨房まる出しの決意をしていた。



    関連記事
    スポンサーサイト

    86 名前: セン・ゲットー(東北地方)[sage] 投稿日:2008/05/31(土) 04:37:01.73 ID:yiZov3jD0
    俺もインポになったことあるんだけど
    誰にも相談できなかったんだけど、ある日思い切って母親に相談したんだ。

    そして母親と病院にいったんだ。
    すると医者に「他の病気の可能性もあるから、ズボンを脱いでみてください」といわれ
    脱いだら、母親と医者にみられてなんか興奮してきてギンギンに立ってしまったorz

    あれ以来母親と顔を合わすと死にたくなる・・・

    関連記事

    122: 癒されたい名無しさん []投稿日:2011/05/31(火) 12:34:12.54 ID:/wMeNdyk
    2004年、俺はとあるコンビニでバイトをしていた
    近くの高校のDQN数人がたまり場に使っており、
    駐車場は散らかすわ、原付はふかすわ、長時間座り読みするわもう辟易としてた
    店長が良く怒鳴りつけてたが、次の日になるとまた現れる

    その日の夕方、客は白い杖をついたおばさんと、付き添っている小学2年くらいの女の子、DQN2人
    不意に大きな揺れが起こり、地震だ!と店長が叫び、
    俺はとっさにレジ裏の菓子折が倒れてくるのを防ぐことしかできなかった
    ふと見ると、DQN2人がおばさんと女の子へ駆け寄り、ガラス戸から離れるよう肩を抱いて誘導していた

    揺れはすぐに収まり、幸いけが人は出なかった
    おばさんと女の子はDQNに何度もお礼を言い、帰って行った
    店長「おう、なんだ、お前らいいとこあるじゃねーか、ありがとな..」というとDQNはなんか恥ずかしそうにモジモジしてた
    そのあと、二人は散乱た商品の片付けを手伝ってくれた
    店長は礼に、とパンとコーヒーをおごってた

    その後もやつらはうちの店をたまり場にしていたが、ゴミを散らかしたり、迷惑な立ち読み等はしなくなった
    それでも、駐車場にたまられては迷惑、とのことで店長は裏の自宅の駐車場を貸してたw
    そのうち、引きこもりがちだった店長の一人息子(中学生)と仲良くなったみたいで、一緒にパワプロとかしてた
    店長は悪いことを教えられるんじゃないかと心配そうだったが、徐々に社交性を取り戻していく息子の姿を見てうれしそうだった
    たばこだけは絶対禁じてたけど

    やがて、DQNたちは高校を卒業し、それぞれの道を歩んだようだ
    一人は地元の大学に進学し、一時期うちのコンビニでバイトしていた
    店長の息子は、高校進学を決め、地元でも有名なヤンキーの先輩を持つ男として、一目おかれながら学校へ復帰したようだ
    それがいいことかどうかはわからないが、とにかく彼は自分の意志で部屋を出た
    その後大学に無事現役合格したと聞いた
    店は今も健在 もう年賀状でしかやりとりをしていないが、店長は元気みたい

    俺の大学時代のいい思い出です

    関連記事

    122 名前:774RR[sage] 投稿日:2012/06/11(月) 11:38:36.62 ID:usOZ0jcO
    インド人、アラブ人、朝鮮人の3人が旅をしていたが、今晩の宿がない。
    しばらく歩くと、小さな灯を見つけた。人里離れた小さな一軒家だった。
    3人が宿を求めると、主人は泊まってもらっていいが、あいにく家が狭いため、ひとりは納屋に寝てもらうしかないと言った。
    相談の結果、インド人が納屋に寝ることにした。

    しばらくするとノックの音がした。
    ドアを開けると、そこにはインド人が立っていた。
    「あの納屋には牛がいますね」
    インド人は申し訳なさそうに言った。
    「私の宗教では、牛は神聖な生き物です。とても一緒に眠ることはできません」
    仕方ないので、アラブ人が納屋に寝ることにした。

    しばらくすると、またノックの音がした。
    ドアを開けると、そこにはアラブ人が立っていた。
    「あの納屋には豚がいますな」
    アラブ人は困った顔をした。
    「私の宗教では、豚は不浄な生き物です。とても一緒に眠ることはできません」
    仕方ないので、朝鮮人が納屋に寝ることにした。

    しばらくすると、三たびノックの音がした。
    ドアを開けると、そこには牛と豚が立っていた。

    関連記事

    333 名前:名無し三等兵[] 投稿日:2010/06/04(金) 19:39:34 ID:HPHAhg7E
    最近東欧革命1989とか現代東欧史とかいい東欧関係の本がいろいろでてるけどその中の一冊にのってたエピソード。

    戦争ではなく冷戦の最前線での話だけど。
    ここの人なら「汎ヨーロッパ・ピクニック」の時の話ってだけで説明できる水準なのはありがたいwww
    オーストリアが国境を開放して東ドイツ市民がベルリンの壁を越えずともほぼ自由に西ドイツに亡命できるようになってしまった。

    オーストリアが国境開いただけだったのになぜかどんどんトラバントにのって
    ハンガリーやチェコスロバキアの西ドイツ国境にも東ドイツ市民が亡命できると思った集まってきた。
    けれど、西ドイツとしては大量の東ドイツの亡命者を受け入れると東ドイツとの関係が悪くなるので受け入れには慎重になっていた。
    けれども寒空の下に東ドイツ国民を放置しておくのは同民族として心が痛むのでチェコの西ドイツ大使館は難民を大使館の敷地に入れてやり食事などをあたえていた。
    西ドイツと東ドイツは交渉の結果東ドイツの亡命希望者を受けいれることは認めるが、
    一度東ドイツに亡命希望者を電車で帰してパスポートや市民権を剥奪するデモンストレーションをしたあと、西ドイツに移送することにした。
    この後にいたっても東ドイツは「裏切り者どもから東ドイツ国民としての権利を取り上げ追放する」
    という無駄な体面を保ちたかったのである。

    そのことを大使館の敷地いる東ドイツ国民に伝えると東ドイツ国民は口々に
    「国に帰ったらシュタージになにされるかわからん。いやだ!!!」と不安を口にする。
    当然である。1989年にはだいぶマシになっていたとはいえシュタージが秘密警察として拷問や逮捕を多用して国民を恐怖で縛り付けていたのは周知の事実であったのである。
    西ドイツ政府も馬鹿ではないので、
    電車に「西ドイツ政府の保安要員(まぁ諜報機関要員なわけだが)もいっしょに電車にのっていくから大丈夫だ」と説得し、彼らは電車で東ドイツに一時帰ることを了承した。


    関連記事

    笑えるコピペ・ミニ
    FC2プロフ
    アクセスカウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    629位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    2chまとめブログ
    114位
    アクセスランキングを見る>>
    カレンダー&月別アーカイブ
    プルダウン 降順 昇順 年別

    05月 | 2012年06月 | 07月
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    最新記事
    最新コメント&トラックバック
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    BlogRing
    RSSリンクの表示
    メールフォーム
    ご意見・ご要望・諸連絡・情報提供等はこちらまで。 相互リンク・RSSの依頼も大歓迎!
    検索フォーム
    カテゴリ
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Powered By FC2ブログ b(爪ー爪)

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。