(3/31)
更新を休止しました。

(10/14)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「もぅマヂ無理」を追加しました。
(8/21)
アクセスランキング・人気記事ランキングをリニューアル。現在調整中につきもう暫くお待ち下さい。

(8/12)
本日は更新をお休みさせて頂きます。
ご了承下さい。

(7/1)
トップ絵・壁紙をリニューアル。
「怖いコピペ」に新カテゴリ
「ロミオ・勘助」を追加しました。

(6/18)
副管理人・副々管理人のプロフィールを追加しました。

(5/25)
一部フォントを変更しました。

(5/6)
「ゴールデンウィークスペシャル」最後までお楽しみ頂けましたか?
次回の特別編成は夏頃を予定しております。ご期待下さい。
五月病は笑えるコピペを読んでサッパリ笑い飛ばしちゃいましょう!

(5/6)
ゴールデンウィークスペシャルもいよいよ今日がラスト!
最終日は管理人オススメ、2chの長編スレシリーズをたっぷりお楽しみ下さい!

(5/5)
ゴールデンウィークスペシャル三日目は特別編成恒例「洒落怖」!
各まとめサイトで殿堂入りを果たしたあの名作、この名作をお楽しみ下さい!

(5/4)
ゴールデンウィークスペシャル二日目は
真偽の程はともかく「ちょっぴりタメになるコピペ」をたっぷりご紹介致します!

(5/3)
今日から6日までの4日間は「ゴールデンウィークスペシャル」!
本日はネットで古くから愛されてきた名作コピペの祭典「古典祭 ~春の陣~」をお楽しみ下さい!

(4/22)
「あやぽんRSS」無事復旧のためヘッドラインを元に戻しました。

(3/4)
地味で暗い背景を何とかしようと模様替え()。ついでにテンプレも少々修復しました。
こういうリニューアルは4月頭にやるのがセオリーだと言うのに、一ヶ月も先走って改築してしまう洒落の利かない管理人なのであった。
ここはそういうクソのような人がやってるブログだと思って下さいませ。

(3/1)
RSS一覧を整理。

(2/24)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「くぅ~w」を追加。

(2/7)
メニューバーをリニューアルしました。
これでIEでの表示も問題なくなるかも…?

(2/2)
4ヶ月ぶりにトップ絵一新。
ブログ創立以来初のテキスト複合型トップ絵に無謀にも挑戦。
不具合等ありましたら至急連絡お願いします。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    377 名前:卵の名無しさん[] 投稿日:2011/08/12(金) 12:05:51.76 ID:7RQ75aEb0
    母親Aと母親Bが、1人の若くて美しい娘を連れ王の前にやって来た。
    「王様、聞いて下さい。この娘を私の息子と結婚させたいんです」
    「違います!王様、この娘は私の息子と結婚するんです」
    「あなた何よ!私の息子に決まってるでしょ!」
    「あなたこそ何よ!!私の息子だって言ってるの!!」
    2人の言い争いは終わる気配もないので、王は言った。
    「ではこうしよう。私がこの娘を、斧で真っ二つに切ってしまおう。
     そうして母親Aは右半分、母親Bは左半分を持ち帰り、それぞれ息子と結婚させればよい」

    それを聞いて母親Aは大喜び。
    「さっすが王様!スパッと切っちゃってくださいね、スパッと」
    しかし母親Bは、慈愛に満ちた涙を流して反対した。
    「王様。無用な血は流すべきではありません。
     そんなかわいそうな事をするなら、私はおとなしく引き下がります」

    賢い王は、それぞれの言葉を聞いて静かに言い渡した。
    「母親A。お前の勝ちだ。この娘を連れて行きなさい」
    「王様?母親Aは娘を真っ二つに切ってしまえと言った方ですよ??」

    「だからこそ姑にふさわしい」

    関連記事
    スポンサーサイト

    276 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2007/06/13(水) 13:01:09 ID:5fsm47sR
    駅ホームでポケットのごみをポイ捨てしている男性がいた。

    落としましたよと声をかけたが、睨みつけられたので、
    その男性の落し物を拾い、わざわざ改札口まで戻り駅員さんに渡してきた。
    ホームに戻ると、特急が停車していて、先程の男性が駅員さんと何やらもめているようだ。
    私は特急ではなく、快速に乗ったのでその後は分からない。

    落ちましたよ。って言ったのになぁ。
    ガムの包み紙と、レシートと、特急券。

    関連記事

    581 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08 01:35:57.51 ID:o+fzyehI0
    この前昔からの友人の娘の結婚式に出席した
    私と友人は高校からの友達で、かれこれ30年以上の付き合いで、その娘の事も知っている。
    その子の結婚式という事で電話が来て出席することにした。
    しかしその子、本当は友人の娘ではなく、友人が20歳の時に生まれた妹だ。
    なぜ妹を娘としていたのかというと、友人が21歳の時に両親が事故で他界、家族は兄妹二人となり、
    親のいない家族として育てるよりも、
    片親ではあるが父親のいる家族として育てたほうが妹のためにもなるのではと、彼なりに判断したからである。

    当時そのことで友人から相談された時は私はすごく反対した。
    確かに妹のことを考えればそれがよいのかもしれないが、お前自身はどうなるのか?
    21才やそこらで子供一人、しかも片親として育てる事は幾らなんでも無理がありすぎる。
    母親のことを尋ねられたらどう答えるのか?そもそも戸籍を見られた際気がつく。
    祖父の元で育ててもらったほうが良いのではないか?
    それに友人自身の将来の結婚などのこともどうするのか?
    それらの事を友人に尋ねると、友人は父親母親方の祖父はすでに病気で他界、親戚に預けるのも嫌、
    それ以前に自身、両親の他界しつらい時妹の笑顔に救われた、この子が無事育ってくれるのならば
    自分の幸せは二の次でも構わない。
    そういわれたら私自身何も言い返せず、ただ
    「つらい道なのかもしれないが、頑張れ」
    としか言えなかった。

    それから友人は一家事と仕事、妹の育児とで一生懸命だった。
    私も何か手伝えることはないか?と時折聞いてはみたものの、
    酒に付き合い話を聞くぐらいしか出来ることは何もなかった。
    私の知る限りその子が友人が父親ではなく兄という事を知っている様子はなく
    又友人からそのような話を聞いた事もなかったので、うまくいっているのであろうと思っていた。
    式も順調に新郎の会社の方、友人のスピーチなどすべてが順調に進んでいた。
    そして新婦が友人に手紙を読み始めた。良くある内容の父への手紙である。
    「お父さん今まで本当にありがとう」
    そう言って娘さんは泣いていた。泣きじゃくっていた。
    しかしそこで事態は変わった。娘が一向に続きを読まないのである。
    そして首を横に振りながら何か訴えてる。何が起こったのかわからず周りはざわつきだした。



    関連記事

    130 名前:名無しさん@5周年[] 投稿日:04/11/01 18:01:15 ID:rVt78BM2
    俺が小学校の頃、図工の時間に夕陽の絵を紫で表現した子がいた。
    それを見た担任が、狂ったように「それはおかしい!本当にそう見えたの!」と、
    その子を詰問したんだ。
    困った顔してたなあ、皆の前で色盲扱いだよ。
    絵の具の配合ミスればね、変な感じの絵にもなるよって、俺の中では解決してた。

    それから十数年後、すごい不思議な夕陽をこの目にしたよ。
    きれいな紫だ。
    大気の状態によっては稀にそういう事もあるんだよな。
    あの子はその不思議な体験を絵にしたかったんだなって、その時思った。

    関連記事

    46 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 22:37:10 ID:n4qJSm6qO
    今から18年くらい前の話しだからイマイチかもしれんけど、
    当時、ソープやらヘルスやらに出前持ってくバイトしてたんだ。
    そこで色んな出逢いもあったけど、怖い?話しをひとつ。

    もうとっくに潰れてなくなっちゃったあるソープランドなんだけど、
    地下に女の子の控え室があって受付に断って直接渡しに行くの。ハンバーグ弁当とかね。
    裸電球にカビ臭い室内で、ノーブラキャミソール姿のお姉さんが2・3人アグラかいてタバコ吸ってたりして。
    でね、部屋の隅っこで一人だけ黄色いバスタオル巻いたお姉さんがいるの。
    俺が行く度、いつも、山積みした座布団の隣に。

    もう想像ついたと思うけど、その姉さん幽霊だったと思う。
    肌が、オレンジ色の電球の灯りの下でも土気色しててね、ず~っと咳込んでた。
    そのバイト辞めるまで、一度もその姉さんに弁当届けた事なかった。
    例えば持ってく弁当が3個なら、控え室には必ず4人いた。
    タバコ吸ってる姉さんの隣で“これ見よがし”に咳込んでるのに、誰1人気にもとめない。

    偶然だと思うかも知れないよね、俺もそう思うようにしてた。
    けど、ある日受付のお兄さんに挨拶してから控え室に行こうとした時、こう言われたのよ。
    「お兄ちゃん、控え室誰もいないんだ。お客さんついたから。
     お金、テーブルに置いてあるって言ってたから、弁当とお釣り置いてって」

    誰もいないって言ってた控え室に、やっぱりバスタオルの姉さんが正座して咳込んでた。
    あ、真っ暗だった控え室の電気つけたのは俺。
    必死に気づかないふりをして、テーブルの千円札一枚と50円玉一枚
    (震えちゃってなかなか掴めなくて焦った)貰って、お釣り20円置いて逃げ帰った。
    あのビルはまだあって、地下の控え室もなんらかの形で残ってるかも知れない。

    いまだに、あの姉さんはあそこでお客がつくのを待ってるんだろか?

    関連記事

    笑えるコピペ・ミニ
    FC2プロフ
    アクセスカウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    1671位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    2chまとめブログ
    191位
    アクセスランキングを見る>>
    カレンダー&月別アーカイブ
    プルダウン 降順 昇順 年別

    05月 | 2012年06月 | 07月
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    最新記事
    最新コメント&トラックバック
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    BlogRing
    RSSリンクの表示
    メールフォーム
    ご意見・ご要望・諸連絡・情報提供等はこちらまで。 相互リンク・RSSの依頼も大歓迎!
    検索フォーム
    カテゴリ
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Powered By FC2ブログ b(爪ー爪)

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。