(3/31)
更新を休止しました。

(10/14)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「もぅマヂ無理」を追加しました。
(8/21)
アクセスランキング・人気記事ランキングをリニューアル。現在調整中につきもう暫くお待ち下さい。

(8/12)
本日は更新をお休みさせて頂きます。
ご了承下さい。

(7/1)
トップ絵・壁紙をリニューアル。
「怖いコピペ」に新カテゴリ
「ロミオ・勘助」を追加しました。

(6/18)
副管理人・副々管理人のプロフィールを追加しました。

(5/25)
一部フォントを変更しました。

(5/6)
「ゴールデンウィークスペシャル」最後までお楽しみ頂けましたか?
次回の特別編成は夏頃を予定しております。ご期待下さい。
五月病は笑えるコピペを読んでサッパリ笑い飛ばしちゃいましょう!

(5/6)
ゴールデンウィークスペシャルもいよいよ今日がラスト!
最終日は管理人オススメ、2chの長編スレシリーズをたっぷりお楽しみ下さい!

(5/5)
ゴールデンウィークスペシャル三日目は特別編成恒例「洒落怖」!
各まとめサイトで殿堂入りを果たしたあの名作、この名作をお楽しみ下さい!

(5/4)
ゴールデンウィークスペシャル二日目は
真偽の程はともかく「ちょっぴりタメになるコピペ」をたっぷりご紹介致します!

(5/3)
今日から6日までの4日間は「ゴールデンウィークスペシャル」!
本日はネットで古くから愛されてきた名作コピペの祭典「古典祭 ~春の陣~」をお楽しみ下さい!

(4/22)
「あやぽんRSS」無事復旧のためヘッドラインを元に戻しました。

(3/4)
地味で暗い背景を何とかしようと模様替え()。ついでにテンプレも少々修復しました。
こういうリニューアルは4月頭にやるのがセオリーだと言うのに、一ヶ月も先走って改築してしまう洒落の利かない管理人なのであった。
ここはそういうクソのような人がやってるブログだと思って下さいませ。

(3/1)
RSS一覧を整理。

(2/24)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「くぅ~w」を追加。

(2/7)
メニューバーをリニューアルしました。
これでIEでの表示も問題なくなるかも…?

(2/2)
4ヶ月ぶりにトップ絵一新。
ブログ創立以来初のテキスト複合型トップ絵に無謀にも挑戦。
不具合等ありましたら至急連絡お願いします。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    35 名前:以下、VIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/04(水) 10:52:24.55 ID:tBJRoDEl0
    女「すみませーん。あのぉ彼女いますかぁ?」
    男「いませんよ。で、そちらこそ彼氏はいますか?」
    女「やだ、何てこと聞くの! サイテー! ・・・じゃあ今何歳ですか?」
    男「30歳ですよ。そちらは?」
    女「やだ、女性に歳聞くなんてサイテー!
      じゃあどんなタイプの女の子が好みですか?」
    男「家庭的だといいかなぁ。で、あなたはどんなタイプが好き?」
    女「やだ、私の好みと合わなかったらさっさと消える気?
      何で男ってこんな余裕が無いの? 恋愛に飢えてるの? サイテー!
      で、今日はここに何しに来たんですかぁ?」
    男「そりゃ合コンだし、いい人と出会えたらなって。あなたもそうでしょ?」
    女「やだ、私が寂しくて彼氏欲しくて来てると思ってるの? サイテー! あんた童貞?」
    男「いや、彼女いたんだけど去年別れちゃって。」
    女「私と同じじゃん。前のその彼女はどんな人でした? 私みたいな人?」
    男「ちょっと違う感じかも。でもどちらかと言えばあなたの方が・・・
      あ、それで、そっちの彼氏はどんな人だったの?」
    女「やだ、人の過去を詮索するの? それってサイテー!
      まあとにかく、とりあえずメアドを教えてくださいます?」
    男「じゃあ赤外線でメアド交換しましょうか。」
    女「やだ、初対面で女の子がいきなりメアド教えるとか思ってるの? サイテー!」
    男「・・・じゃあ名刺を。」
    女「え、○○物産に勤めてるんですか。年収いくらです? 前のボーナス何ヶ月出ました?」
    男「全部あわせて、まあ、800万ぐらいですかね。」
    女「え、1000万円ないのに声かけてきたの? 私を何だと思ってるの! サイテー!
      結婚したら私にも働かせる気ね。信じらんない! 私にいくら稼がせる気!
      ねえ、逃げないでよ! 逃げんなクソ野郎!」

    関連記事
    スポンサーサイト

    283 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/09/18(土) 21:53:01 ID:hgLaAcTyO
    小さい時、親の不仲で家庭内が目茶苦茶になり、親戚の家に預けられた。
    親戚とはいえ甘えるのもためらわれ、洗濯やら掃除やら勝手にやったり、
    誕生日とかに何か買ってくれようとしても意地で「いりません」と断ったり、
    今思うと遠慮が過ぎて逆に可愛くないガキだったと思う。

    当然一緒に寝るなんて事も無く、一人で寝ていた。
    親戚の方は、寂しいだろうから一緒に寝ようよとよく言ってくれていたが。
    本当に可愛くないガキだった。

    その頃、一人で寝てるはずなのに、夜中に頭撫でられたり、手を優しく握られる事があった。
    なんとなく女の人だと思った。
    すぐに飛び起きて見ても誰もいない。
    親戚は別室で寝ていたし、部屋には隠れるような場所も無かった。

    結局、両親が離婚して父に引き取られ、引っ越し、数年して新しい母が出来るまで、そういう事がよくあった。
    慣れてからは素直に撫でられたりしてたので、それが無くなって少し寂しくもあった。

    不思議なのは、そういう事をしてくれそうな誰かを亡くした事も、亡くなっていなくてもそんな人の心当たりも無い事。
    実母の生霊?とも思ったが、
    物心ついてから名前を呼んでくれた覚えも抱いてくれた記憶も無い実母がそんな事をするとはとても思えない。
    ただ、撫でられてる時に感じてた安心感みたいなものは「母性」を感じていたからかなあ、
    と、今の母に素直に甘えられるようになってから思った。
    小学校の図書室で「墓の中で産んだ子の為に飴を買いにくる幽霊」の話を読んだ時からは、
    ひょっとしたら血筋じゃない子でも子供を世話する幽霊もいるかも知れない、と思っている。

    関連記事

    133 : 名無しさん@ご利用は計画的に : 2006/10/13(金) 12:20:34
    毎朝満員電車で都心まで通うしがないサラリーマンのオレ。
    昨日の朝は寝ぼけていて改札通る時に間違って、
    Suica定期じゃなくて三井住友VISAゴールドカードをタッチパネルに当ててしまったんだ。

    もちろん改札は通れずに防御バーが降りてしまって、駅員が迷惑そうに飛んできたんだ。
    「お客さん、Suica以外で通ろうとしても無理ですよ!」と怒る駅員。
    ラッシュアワーで駅にいる大勢の通勤客の迷惑そうな目に晒されて、オレは恥ずかしくて情けなかった。

    カードを仕舞おうとしたその瞬間、きらっと神々しく光る金色のカードを見て、
    「お・・・お客様は、そっ・・それは三井住友VISAゴールドカードでは?」
    と急にうろたえる駅員。周りの通勤客たちも驚きの表情を浮かべている。
    「三井住友VISAゴールドカードをお持ちのお客様のような方に大変ご無礼をいたしました!!」と
    その駅員はオレを下にも置かぬいきおいで、駅長室まで連れていった。

    長くなるからはしょるけど、駅長室では駅長だけではなく、
    東日本社長がでてくるわ、記念品をくれるやら、記念撮影をするわで大変な騒ぎ。
    東日本社長の粋な計らいでオレは来週からは車掌の隣の特別席に乗れることになったんだ。

    まったく、どえらいカードだよ。

    関連記事

    13 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/05/02(水) 14:41:33.67 ID:Ejyye2wY0
    ホームレスが社会復帰しようとするドキュメンタリーが苦々しくてずっと記憶に残ってる。
    サラリーマンやってたけど50歳ぐらいでリストラされて特に手に職があるわけでもないので
    再就職もままならずホームレスに堕ちてしまった独身男性Aさん。
    実は多少絵心があり絵を描くのが趣味。そこで絵を描いて売ることを思いつく。
    拾った紙切れに拾ったボールペンで色々な建物や静物をスケッチして売ろうとする。(悪いけどあまり上手くない・・。)
    でも本人は楽しそうに描いていて、仕上がった絵をビニールシートの上に並べている。
    ものめずらしさに目をとめ絵を手に取った通行人に
    「おじさんね、一応時間と労力をかけて描いたからね、三千円ぐらい頂けると助かるなぁ」と言う。
    (つまり一枚3000円で売ろうとしていた。売れたかは不明)
    やがてボランティアの女性(Aさんと歳が近いか少し上ぐらい)に声をかけられ、社会復帰しようと決意する。
    Aさんに親切な女性。
    確かにAさんは公園にいる周りのホームレス(ホームレス生活に年季の入った高齢者ばかり)の人たちとは少し異質だった。
    再就職するには住む場所が必要だったが、求職活動の間、女性が自分の家に居ていいと提案する。
    Aさん「食っていける仕事が持てもね、絵を描き続けようと思う。いつか絵で食っていけたらいいな。」
    Aさんに明るい希望が見えてきた。女性もわが事のように喜んだ。

    (ここで別のホームレスの話。のらりくらりとホームレス生活を続けるお爺ちゃんの話)

    場面変わってAさんの続き。
    ナレーション「そういえば、社会復帰の希望が見えたAさんは、どうなったのでしょうか?」
    例の女性の家。浴室を写すカメラ。女性が浴槽を指し、
    女性「ここで・・・」
    ナレーション「Aさんは入浴中に脳溢血で倒れ、病院に搬送されましたが、そのまま帰らぬ人となりました。」
    女性「いつか絵を仕事にしたいってずっと言っていましたよ。ずっと言ってました。
       まだ仕事は見つかっていませんでしたけど・・。お酒飲んでからお風呂に入ったのがいけなかったんでしょうか」

    ここでAさんの話はEND

    Aさんの夢もちょっと無謀だし、せっかく希望が見えてきた矢先に逝くとか嫌な話だった。


    関連記事

    31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/29(日) 15:26:23.59 ID:0+DxyJwG0
    ある日、叔母さんのうちに一本の電話がかかってきた。

    「こちら警察のものですが、お宅の息子さんが事故を起して通行人に怪我をさせてしまいまして、
     被害者の方から示談で良いとのことで、至急こちらの口座に振 り込んでいただきたいのです。
     ただいま、息子さんに代わりますね・・・」

    叔母さんはすぐにそれが最近流行っているオレオレ詐欺だということに気が付いた。
    なぜなら、息子は5年前に事故で亡くなっているからだ。
    「母さん、俺だよ、事故起しちゃってさぁ、大変だよ。すぐに示談金振り込んでくれよ」

    叔母さんはその声を聞いてハッとした。
    死んだ息子の声とそっくりだったからだ。
    まるで死んだ息子が蘇り、そこにいるような気がした。
    叔母さんは電話を切ることが出来ず、
    しばらく息子にそっくりなその電話の声に聞き入っていた。
    そして再び警察官と名乗る男に代わった。

    「そういうわけなので、どうかお母さん、示談金、お願いしますね・・・」
    再び息子と名乗る男に代わった。
    「母さん、ゴメンよ、助けてくれ」
    そこで叔母さんはやっと真実を話した。

    「あのね、私の息子は5年前に死んでるの。」
    電話の声がパタリと止まった。気まずい空気が流れた。
    しばらくの沈黙の後、電話が切られる前におばさんは言った。
    「ちょっと待って、あなたの声、息子とそっくりなの。
     電話切る前に、もう一言だけ、声を聞かせてもらえないかしら。」
    しばらくして、電話の主はこう言い、電話を切った。

    「母さん」

    関連記事

    笑えるコピペ・ミニ
    FC2プロフ
    アクセスカウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    1254位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    2chまとめブログ
    167位
    アクセスランキングを見る>>
    カレンダー&月別アーカイブ
    プルダウン 降順 昇順 年別

    04月 | 2012年05月 | 06月
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    最新記事
    最新コメント&トラックバック
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    BlogRing
    RSSリンクの表示
    メールフォーム
    ご意見・ご要望・諸連絡・情報提供等はこちらまで。 相互リンク・RSSの依頼も大歓迎!
    検索フォーム
    カテゴリ
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Powered By FC2ブログ b(爪ー爪)

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。