(3/31)
更新を休止しました。

(10/14)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「もぅマヂ無理」を追加しました。
(8/21)
アクセスランキング・人気記事ランキングをリニューアル。現在調整中につきもう暫くお待ち下さい。

(8/12)
本日は更新をお休みさせて頂きます。
ご了承下さい。

(7/1)
トップ絵・壁紙をリニューアル。
「怖いコピペ」に新カテゴリ
「ロミオ・勘助」を追加しました。

(6/18)
副管理人・副々管理人のプロフィールを追加しました。

(5/25)
一部フォントを変更しました。

(5/6)
「ゴールデンウィークスペシャル」最後までお楽しみ頂けましたか?
次回の特別編成は夏頃を予定しております。ご期待下さい。
五月病は笑えるコピペを読んでサッパリ笑い飛ばしちゃいましょう!

(5/6)
ゴールデンウィークスペシャルもいよいよ今日がラスト!
最終日は管理人オススメ、2chの長編スレシリーズをたっぷりお楽しみ下さい!

(5/5)
ゴールデンウィークスペシャル三日目は特別編成恒例「洒落怖」!
各まとめサイトで殿堂入りを果たしたあの名作、この名作をお楽しみ下さい!

(5/4)
ゴールデンウィークスペシャル二日目は
真偽の程はともかく「ちょっぴりタメになるコピペ」をたっぷりご紹介致します!

(5/3)
今日から6日までの4日間は「ゴールデンウィークスペシャル」!
本日はネットで古くから愛されてきた名作コピペの祭典「古典祭 ~春の陣~」をお楽しみ下さい!

(4/22)
「あやぽんRSS」無事復旧のためヘッドラインを元に戻しました。

(3/4)
地味で暗い背景を何とかしようと模様替え()。ついでにテンプレも少々修復しました。
こういうリニューアルは4月頭にやるのがセオリーだと言うのに、一ヶ月も先走って改築してしまう洒落の利かない管理人なのであった。
ここはそういうクソのような人がやってるブログだと思って下さいませ。

(3/1)
RSS一覧を整理。

(2/24)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「くぅ~w」を追加。

(2/7)
メニューバーをリニューアルしました。
これでIEでの表示も問題なくなるかも…?

(2/2)
4ヶ月ぶりにトップ絵一新。
ブログ創立以来初のテキスト複合型トップ絵に無謀にも挑戦。
不具合等ありましたら至急連絡お願いします。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    3 :名無し募集中。。。:2009/02/20(金) 18:48:51.70 0
    君が死んでからもう1年。

    君は今も僕を見守ってくれているのかな?
    君は、僕の生まれて初めて出来た彼女だった。
    すごく嬉しくて、幸せだったなあ。

    突然、白血病だって医者に宣告されてから、君は病室で日に日に弱っていった。
    「病院ってひまねえ」って笑う君を見て、僕はいつも泣いていたんだ。
    君の為に、僕の小汚いノートパソコンをあげたら、君はすごく喜んでくれたよね。
    ネットをするようになった君がいつも見ていたサイト、
    それが「2チャンネル」だった。

    ある日君はいつものように、笑いながら言った。
    「ほら、見て今日も2ゲット出来たよ。」
    「あまりパソコンばっかいじってると身体に障るよ」
    なんて僕が注意すると、
    「ごめんねえ。 でもね、これ見てよ。 
     ほら、この3のひと、2げっとぉ!なんて言っちゃってさぁ、ふふ」

    僕は黙っていた。
    君がすごく楽しそうで、僕は何も言えなかった。
    「ほらみて、この3のひと、変な絵文字使ってくやしぃ~!だって。
     かわいいねえ。 ふふ。」 

    僕はまだ黙っていた。
    笑う君を見て、どうしようもなく悲しくなった。
    「憶えててくれるかなあ」
    君がふと言った。
    「…この3のひと、私がいなくなっても、あの時変な奴に2をとられたんだよなー
     なんて、憶えててくれないかなあ……無理かな……憶えてて、ほしいなぁ……」

    それから数ヶ月後、君は家族と僕に見守れながら息を引き取った。

    君はもうこの世に居ない、なのに僕は今F5を連続でクリックしている。
    君の事を、3のひとが忘れないように、いつまでも、いつまでも忘れないように。


    天国にいる君と一緒に、今ここに刻み込む


            2 ゲ ッ ト


    関連記事
    スポンサーサイト

    490 :1/4 :04/07/19 02:34 ID:7i5beqVi
    長文をお許しください。

    家内を亡くしました。
    お腹に第二子を宿した彼女が乗ったタクシーは、病院に向かう途中に居眠り運転のトラックと激突。即死のようでした。
    警察から連絡が来たときはひどい冗談だと思いました。
    いつものように今朝も笑顔で送ってくれたのに。
    冷たくなった彼女と対面しても現実の事態として理解できませんでした。

    帰宅して呆然としているところ、トラックを運転していた男性の父親と婚約者の訪問を受けました。
    父親は土下座しながら、
    「自分と家内が死んでお詫びするから、息子には生きていく事を許してほしい」と。
    警察から聞いたところによると、入院している母親の治療費を稼ぐため男性は無理な労働をしており、
    それが居眠り運転をした原因のようでした。

    同様に土下座している婚約者に目をやると、若くて綺麗な女性にもかかわらず荒れた手をしています。
    本来ならとっくに結婚しているところ、運転手の母親の入院のために延期し、
    彼女もまた入院費を捻出するために懸命に働いていると聞きました。
    私は何て言葉をかければいいのか分かりませんでした。

    罵ることができる相手だったらよかったのに。


    491 :2/4 :04/07/19 02:36 ID:7i5beqVi
    家内の葬儀にはトラック運転手が警察官に伴われて参列しました。
    彼には思い切り罵詈雑言をぶつけ、殴ってやろうと思いました。
    一生憎むつもりでした。

    しかし、震えながら土下座し私の顔を見ることのできない彼を見ると、
    「彼もまたこれから苦しみを背負っていく人間なのだろう」
    との思いがよぎりました。

    「つまらない人間のために家内を亡くしたと思いたくない。
     罪は罪として償ってもらうが、その後はきちんと生きて欲しい」。

    私が彼にかけた言葉です。
    正しかったかどうか分かりません。本当の私の本音かどうかもわかりません。
    ただ、私には彼を憎むことができませんでした。
    震える声で返事をする彼をみると私の気持ちは伝わったようです。

    怒りをぶつけられる相手だったらよかったのに。彼そして彼の家族に会わなければよかった。


    関連記事

    12 :名無しさん@明日があるさ :2005/10/18(火) 20:09:48
    約10年くらい前の話。
    そろそろ付き合っていた彼女と結婚を考えていた。
    仕事の遣り甲斐も感じ、結婚しても仕事を続けたいと希望していた彼女と俺にとっては
    まさに好条件が整った状況下で不運は突然訪れた。

    地方への転勤。
    全く異なる業務と理不尽な異動。
    今思えば確かに上司と意見が食違いぶつかりあう事も多かった・・・。
    どうしても納得出来なかった俺は、転勤して3日以内に辞めてやるっ、
    更に憎まれ口を叩かれる存在になってやろうと決意した。
    俺は転勤した後、誰とも口を聞かずまともに仕事もしなかった。
    流石に3日でやめる勇気もなく1ケ月が過ぎたころ、残業中の俺に上司が声を掛けてきた。

    「飲みに行かないか?」
    行きたいとも思わなかったが断る理由もなかったので行く事にした。
    店に着くとすぐに「何を悩んでいるんだ?」
    普段、比較的厳しい人だったので突然、屈託の無い笑顔でそう言われた事にいささか拍子抜けしてしまった。


    関連記事

    215 名前:黒山羊 ◆Goat/63M 投稿日:02/08/28 12:32
    今から7年前の7月 当時付き合っていた彼女と死別しました

    それまでの自分は 呆れる程女遊びが酷かった
    ふとしたことから ちゃんとした恋愛をしてみたいって思って
    付き合い始めたのが彼女だった お互い我を通しちゃうから
    いつも些細なことで喧嘩ばかりの日々 その日も詰らないことで
    喧嘩を始めてしまった 「・・・謝ろう」と思った翌日 PBには
    彼女の家の番号 何と言おうか考えた後に電話をすると 出たのは違う女性だった

    「XXちゃんの親友ですけど XXXさんですよね? 実は彼女 昨日の晩に事故で・・」

    もう何が起こったか分からない 本当に頭の中で何かが崩れるような衝撃が走った
    信じられないという思いが強すぎて 涙は出てこなかったけれど
    出棺前の最期の別れの時 膝から崩れ涙が止まらなかった
    帰りの車中 時には彼女を乗せて走っていた狩場線
    涙で良く前が見えなかったのを覚えている

    それからと言うものの 引け目を感じ 後悔ばかりの毎日
    それは3度目の命日まで続いてた

    彼女のおふくろさんの一言を聞くまで・・・


    関連記事

    732 名前:名無しさん@お腹いっぱい。2009/03/24(火) 08:39:18 ID:m3q8BSGt0
    学生時代に半年ほど住んでた超ボロアパート(6畳1間で家賃26000円、風呂無しトイレ共同)での話。

    俺は2Fの1室に住んでたんだが、真下の部屋に子持ちの女性(30代後半くらい)が住んでいた。
    何回か夕方くらいに3歳くらいの男の子連れて出てくるのを見たことがあるが、
    見るからに水商売です!っていう派手な服と化粧。
    夜中の3時くらいに帰ってきたりしてたんで、あー苦労してるんだなぁくらいに思っていた。

    あるとき、真昼間にその部屋でいきなりギシアンが始まった。
    クーラーなんてもちろんないので、夏場は窓フルオープンで凌いでいるのだが、
    真下の部屋も窓全開のままらしく、手をのばせば届きそうなくらい近くで声がする。
    途中で体位変えるときの
    女「え、どうすんの」
    男「後ろむいて」
    みたいな生々しい会話まで…
    あまりに凄まじいので、ちょっくら通りかかった振りして窓から覗いてやろうかしら?
    とスケベ心を起こして1Fに降りてみると、
    その部屋のドアの前で例の男の子が1人でしゃがみ、
    プラスチックのスコップと鍬で雑草だらけの地面をこつこつ突っついていた。

    俺は何ともいえない気持ちになって、とぼとぼと自室に戻った。


    関連記事

    笑えるコピペ・ミニ
    FC2プロフ
    アクセスカウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    1254位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    2chまとめブログ
    167位
    アクセスランキングを見る>>
    カレンダー&月別アーカイブ
    プルダウン 降順 昇順 年別

    02月 | 2012年03月 | 04月
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    最新記事
    最新コメント&トラックバック
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    BlogRing
    RSSリンクの表示
    メールフォーム
    ご意見・ご要望・諸連絡・情報提供等はこちらまで。 相互リンク・RSSの依頼も大歓迎!
    検索フォーム
    カテゴリ
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Powered By FC2ブログ b(爪ー爪)

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。