(3/31)
更新を休止しました。

(10/14)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「もぅマヂ無理」を追加しました。
(8/21)
アクセスランキング・人気記事ランキングをリニューアル。現在調整中につきもう暫くお待ち下さい。

(8/12)
本日は更新をお休みさせて頂きます。
ご了承下さい。

(7/1)
トップ絵・壁紙をリニューアル。
「怖いコピペ」に新カテゴリ
「ロミオ・勘助」を追加しました。

(6/18)
副管理人・副々管理人のプロフィールを追加しました。

(5/25)
一部フォントを変更しました。

(5/6)
「ゴールデンウィークスペシャル」最後までお楽しみ頂けましたか?
次回の特別編成は夏頃を予定しております。ご期待下さい。
五月病は笑えるコピペを読んでサッパリ笑い飛ばしちゃいましょう!

(5/6)
ゴールデンウィークスペシャルもいよいよ今日がラスト!
最終日は管理人オススメ、2chの長編スレシリーズをたっぷりお楽しみ下さい!

(5/5)
ゴールデンウィークスペシャル三日目は特別編成恒例「洒落怖」!
各まとめサイトで殿堂入りを果たしたあの名作、この名作をお楽しみ下さい!

(5/4)
ゴールデンウィークスペシャル二日目は
真偽の程はともかく「ちょっぴりタメになるコピペ」をたっぷりご紹介致します!

(5/3)
今日から6日までの4日間は「ゴールデンウィークスペシャル」!
本日はネットで古くから愛されてきた名作コピペの祭典「古典祭 ~春の陣~」をお楽しみ下さい!

(4/22)
「あやぽんRSS」無事復旧のためヘッドラインを元に戻しました。

(3/4)
地味で暗い背景を何とかしようと模様替え()。ついでにテンプレも少々修復しました。
こういうリニューアルは4月頭にやるのがセオリーだと言うのに、一ヶ月も先走って改築してしまう洒落の利かない管理人なのであった。
ここはそういうクソのような人がやってるブログだと思って下さいませ。

(3/1)
RSS一覧を整理。

(2/24)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「くぅ~w」を追加。

(2/7)
メニューバーをリニューアルしました。
これでIEでの表示も問題なくなるかも…?

(2/2)
4ヶ月ぶりにトップ絵一新。
ブログ創立以来初のテキスト複合型トップ絵に無謀にも挑戦。
不具合等ありましたら至急連絡お願いします。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    925 名前:大人の名無しさん 投稿日:03/02/06 02:27 ID:C5vaTHX4
    つい先日、レコード(古くて恐縮)を整理中のこと。
    高校時代のブラスバンドの演奏会のものが出てきたので懐かしくなって聞こうとしたら何か紙が一枚。
    それは亡くなった後輩の葬儀で読んだ弔辞の下書きらしき文面でした。
    鉛筆の小汚い字で稚拙な文章が・・・自分の字です。

    そいつは妙に彫りの深いロシア人のような顔をしたティンパニーを叩くのが上手いチビで・・骨髄の癌でした。
    大学3年で発病、右足を膝から切断しても、元気に自動車免許をとりに行くんだと笑ってくれました・・病院で。

    でも、私の同期だった打楽器の先輩と最後に見舞ったとき・・
    『痛いよ、・・さん。もう無いんだけど足・・痛いよ。』
    繰り返し繰り返し・・そして『治るよね・・。』と・・。

    それから一月後彼の葬儀が行われることになり、
    故人と親睦の深かったバンドのメンバーの代表で葬儀での弔辞を私が書くことになったのです。
    私はローカルのテレビ局で駆け出しの制作屋でしたから文章は得意だろう・・と・・。
    どんな気持ちで書いたかもう覚えていないくらい昔。
    いま読むと稚拙で力みかえった慣用句が並んでいます。
    でも、読み返すうちに涙がどんどん出てきてしまいました。40過ぎの中年男が・・

    なあ、遠藤・・もう20年も経つんだなあ。
    オレも今、人工透析なんぞ受けながらそれでも仕事してるよ。
    カラダがこんなで結婚もしちゃいないし、毎日もキツイ。
    今夜も全身痒くて眠れそうもねえよ、定年まで生きられそうもないけどさ。
    まだ、弱音吐いちゃ駄目だよな・・。オレ生きてるもんな。
    楽器吹くのも止めちまったけど、今度会えたらあっちで奏ろうな。
    でも、まだ先にしてくれよ。・・もう少しこの世でやりたい仕事あるからさ。

    そうして、泣いたあと、少し元気が出てきました。
    今、レコード聞きながら書き込んでいます。ありがとう遠藤。

    関連記事
    スポンサーサイト

    14 名前:名無しさん@明日があるさ 投稿日:02/06/29 22:06
    俺は新人だ。
    一ヶ月前、職場の上司と言い合ってしまった。
    あんなに声を張り上げて怒ったのは何年ぶりだろう。
    若造で実力もないのにいっちょまえに理論を述べてる。
    そのうち、自分のもどかしさや相手の分からずや加減に腹が立って腹が立っていつのまにか涙がポロポロ落ちてきやがった。まるで子供だ。

    それを見た俺の上司は、
    「自分にもそんな時期があった。泣きながら寝た晩もあった。」
    と、逆になぐさめてくれた。
    それがもどかしくも嬉しくも恥ずかしくもあり、また涙を誘ってしまった。

    この上司とはそれ以来よく話すようになった。
    今までは敵でしかなかったのだが。

    関連記事

    475 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆i.G3hnSA8o :04/03/19 04:01 ID:yvFWeTXz
    俺の毎朝の日課は、小学校1年の娘と一緒にモノレールに乗る事。
    駅までの道は手を繋いで行く。
    他人から見ると、いい家庭を絵に描いたような風景だが、実際は違う。
    妻とは会話もほとんど無いし、たまに会話をするとなぜか口論になる。
    そしてお決まりの展開。

    「だったら、別れるか?」
    「いいよ!でも、子供はどうすんの?」
    「・・・・」

    いつものセリフで言い争いが終わる。

    ある日の出社前、読みかけの本を入れようとしてカバンを開けると中に何か入ってるのに気づいた。
    「封筒?・・・」
    取り出してみると、つたない字で俺の名前が書いてある。
    『○○ ○○へ』(○○ ○○は何故か俺の氏名)
    娘から俺宛の手紙だった。
    いつの間に入れたのだろう?
    早速読んでみた。


    関連記事

    233 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/09/07(木) 02:41:30.46 ID:NnkU94oi0
    私の17歳の誕生日に母が継母であったことを聞かされた。
    私を生んでくれたお母さんは、産後すぐに亡くなったそうだ。
    生みの親より育ての親…なんていうが、そのときの私は今まで騙されてきたという怒りと、
    馴れ親しんだ母が急に他人に思え、両親の話もきかず部屋でふてくされて泣いていた。

    翌日から母を「おばさん」と呼ぶようになった。
    そう呼ぶと母はたまらなく悲しそうな顔をした。
    その後、なにかと私に気をつかいだし、必死になる母をよけいに煩わしく感じ、口もきかなくなってしまった。
    なんとなく家に居ずらくなったので、夜は出かけるようになった。
    それから一ヶ月がたとうとする頃、シカトし続ける私に母が「部屋で読んでね」と手紙を差し出してきた。
    が、私はその場でぐしゃぐしゃに丸め、ゴミ箱に捨ててしまった。
    それを見ていた父が私をはり倒し、震える声で「母さんはなあ…」と言ったが、
    私はろくすっぽ聞かずに泣きながら自分の部屋に逃げた。

    ・・・翌日、母は帰らぬ人となった。
    居眠り運転をしていたトラックが赤信号を無視し、母に突っ込んだそうだ。
    即死だった。
    あまりに急な出来事のため、泣くこともできず、通夜が終わった後も母のそばでぼう然としていた私に、
    父がボロボロの紙きれを渡し、一言「読め」といった。
    昨日の手紙であった。そこには母らしい温かい字でこう書いてあった。

    千夏ちゃんへ
     17年間騙していてごめんなさい。
     お父さんはもっと早くに言おうとしてたんですが、あなたに嫌われるんじゃないかと思い、あんなに遅くなってしまいました。
     あなたの気持ち、とてもよくわかる。
     だってお母さん、偽者だったんだもんね…。
     でもね、お母さん、あなたのことを本当のお母さんに負けないぐらい愛してるんだよ。
     千夏が成人しても、旦那さんができてもずーっと…


    泣きながら書いたのか、字のところどころがにじんでいる。
    そして最後に震える字でこうあった。
    「…だから、、、また「お母さん」って呼んでね。」

    私が感じた寂しさを、母は17年も耐えていたのだ。
    人の気持ちを考えられなかった私は、一ヶ月もの間、母を苦しめたのだ。

    「お母さん…」
    一ヶ月ぶりに発したその言葉は、冷たくなった母の耳には届かない。

    関連記事

    130 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/04/17(金) 01:40:16.72 ID:woaFLZ+Y0
    アメリカのとある地方に野球観戦の大好きな、
    でも、目の見えない少年がいました。
    少年は大リーグ屈指のスラッガーである選手にあこがれています。
    アメリカのとある地方に野球観戦の大好きな、
    でも、目の見えない少年がいました。
    少年は大リーグ屈指のスラッガーである選手にあこがれています。
    少年はその選手へファンレターをつづりました。

    「ぼくは、めがみえません。でも、毎日あなたのホームランをたのしみにしています。
     しゅじゅつをすれば見えるようになるのですが、こわくてたまりません。
     あなたのようなつよいこころがほしい。ぼくのヒーローへ。」

    少年のことがマスコミの目にとまり、二人の対面が実現することになりました。
    カメラのフラッシュの中、ヒーローと少年はこう約束します。
    今度の試合でホームランを放てば、少年は勇気をもって手術に臨む、と。

    そして、その試合、ヒーローによる最後の打席。2ストライク3ボール。
    テレビや新聞を見た多くのファンが、スタジアムで固唾をのんで見守り、
    少年自身も、テレビの中継を祈る思いで聞いています。
    ピッチャーが投げた最後のボールは、
    大きな空振りとともに、キャッチャーミットに突き刺さりました。
    全米から大きなためいきが漏れようとしたその時、
    スタジアムの実況が、こう伝えました。

    「ホームラン! 月にまで届きそうな、大きな大きなホームランです!」

    関連記事

    笑えるコピペ・ミニ
    FC2プロフ
    アクセスカウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    1671位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    2chまとめブログ
    191位
    アクセスランキングを見る>>
    カレンダー&月別アーカイブ
    プルダウン 降順 昇順 年別

    02月 | 2012年03月 | 04月
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    最新記事
    最新コメント&トラックバック
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    BlogRing
    RSSリンクの表示
    メールフォーム
    ご意見・ご要望・諸連絡・情報提供等はこちらまで。 相互リンク・RSSの依頼も大歓迎!
    検索フォーム
    カテゴリ
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Powered By FC2ブログ b(爪ー爪)

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。