(3/31)
更新を休止しました。

(10/14)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「もぅマヂ無理」を追加しました。
(8/21)
アクセスランキング・人気記事ランキングをリニューアル。現在調整中につきもう暫くお待ち下さい。

(8/12)
本日は更新をお休みさせて頂きます。
ご了承下さい。

(7/1)
トップ絵・壁紙をリニューアル。
「怖いコピペ」に新カテゴリ
「ロミオ・勘助」を追加しました。

(6/18)
副管理人・副々管理人のプロフィールを追加しました。

(5/25)
一部フォントを変更しました。

(5/6)
「ゴールデンウィークスペシャル」最後までお楽しみ頂けましたか?
次回の特別編成は夏頃を予定しております。ご期待下さい。
五月病は笑えるコピペを読んでサッパリ笑い飛ばしちゃいましょう!

(5/6)
ゴールデンウィークスペシャルもいよいよ今日がラスト!
最終日は管理人オススメ、2chの長編スレシリーズをたっぷりお楽しみ下さい!

(5/5)
ゴールデンウィークスペシャル三日目は特別編成恒例「洒落怖」!
各まとめサイトで殿堂入りを果たしたあの名作、この名作をお楽しみ下さい!

(5/4)
ゴールデンウィークスペシャル二日目は
真偽の程はともかく「ちょっぴりタメになるコピペ」をたっぷりご紹介致します!

(5/3)
今日から6日までの4日間は「ゴールデンウィークスペシャル」!
本日はネットで古くから愛されてきた名作コピペの祭典「古典祭 ~春の陣~」をお楽しみ下さい!

(4/22)
「あやぽんRSS」無事復旧のためヘッドラインを元に戻しました。

(3/4)
地味で暗い背景を何とかしようと模様替え()。ついでにテンプレも少々修復しました。
こういうリニューアルは4月頭にやるのがセオリーだと言うのに、一ヶ月も先走って改築してしまう洒落の利かない管理人なのであった。
ここはそういうクソのような人がやってるブログだと思って下さいませ。

(3/1)
RSS一覧を整理。

(2/24)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「くぅ~w」を追加。

(2/7)
メニューバーをリニューアルしました。
これでIEでの表示も問題なくなるかも…?

(2/2)
4ヶ月ぶりにトップ絵一新。
ブログ創立以来初のテキスト複合型トップ絵に無謀にも挑戦。
不具合等ありましたら至急連絡お願いします。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    1 名前:Mr.名無しさん [] 投稿日:03/06/20 15:42    New!!
    母が死んだ。
    43歳だった。

    10日まで元気だったのに。急に逝ってしまった
    11日の朝、いつもみたいに御飯作って母さん起こして「ごはんできたぞ」と
    でもいくら呼んでも返事がなかった。いつも文句言いながらも絶対に起きてくるのに
    おかしいと思って見に行ったら母さんはもう冷たくなってた

    俺がまだ2歳のときに父親が死んで女手一つで俺を育ててくれた母さん。
    よく口論もしたし引っ叩かれもした。ほんとよく喧嘩した
    会社の帰りに飲みにいって終電なくなると毎回俺が呼び出された
    あきる野に住んでるってのに新宿だ、吉祥寺だと。アホかと。
    そして金きついのに大学いかせてくれた。
    金ないんだから働くよと言ったら、引っ叩いてまで俺を大学に行かせようとした母さん
    今年大学をキッチリ卒業して就職してこれからやっと親孝行できる身になったのに

    なのに母さんは急に死んでしまった

    友達や親族とかにこの顔見せるのはさすがに辛いからここだけで叫ばせてくれ

    かなしいかなしいかなしいかなしいかなしいかなしいかなしい

    どうしよう。なんかもうなにしていいのかわからない
    今年の夏は母さんを旅行に連れてってやろうと思ってて
    もう計画だってちゃんと立っててあとは7月待つだけだった
    結局俺はなにもしてあげられなかった。
    母さんの生命力吸い取るだけ吸い取って。
    一人前に俺がなると生命力吸われすぎて交代のように母さんだけ消えてしまった

    やっと親戚も全員帰ってくれてこれでやっと一人で泣ける
    なんか泣くのガマンしすぎた

    これ書きながら涙とまらない
    母さん幸せだったのかな。幸せにしてあげたかったな。

    関連記事
    スポンサーサイト

    342 774RR 2011/08/21(日) 20:40:35.56 ID:ySv7oHgn
    友人が夜22時にバイク事故にあった
    でも嫁は病院に来なかった
    理由は子供が寝たから
    家族のために一生懸命働いてた奴だったのに
    結婚ってなんなんだろうな

    関連記事

    370:本当にあった怖い名無し:2010/07/08(木) 13:10:54 ID:MVz/ftwV0
    社内では有名な話なんだが、俺が某国に行ったときの話
    詳しい場所は省くけど、まだまだ戦争ど真ん中。思いっきり米と黒が戦争してる
    って言えばもうみんなどの辺かわかるだろうけど。

    白人の同僚と俺、地引、護衛3人で取材に。
    取材は円満に終了、子供の死体とかかなり見た。変な話だけど慣れてきて
    そこまでショッキングな映像だと思わなくてあんましっかり撮らなかった
    問題は帰り道、2台に分かれて車乗ってたんだが走行中にいきなり前の車が逸れた

    同時に首の後ろ叩かれて何も聞こえなくなって真っ暗になった
    目を覚ましたら汚い病院の中で医者っぽいのと同僚2人がいた
    体中がチクチクというか切り傷みたいな痛みがある

    何が起こったのか聞いたら前の車が銃撃されたあと、俺がのってた方の車に
    ロケット弾があたって地引に直撃、脇から上が全部なくなった
    斜め前に座ってた俺は衝撃波で昏倒して護衛に助けてもらったらしい

    最高に気持ち悪かったのがチクチクの原因
    ロケット弾が当たって体がなくなった地引の骨とかが俺の体に刺さりまくってる
    ロケット弾の破片はわき腹にシートのおかげで少し食い込んだだけで済んだんだけど、地引の骨は体中に
    刺さりまくった

    爪ではさんで取れる位に浅いのしかなかったけどね
    もう全部取ったんだが今でもチクチクする幻覚を見るんだよなこれが

    銃で撃たれたり爆死したりってのは考えてたけど骨が刺さるってのは考えてなかった

    関連記事

    221 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2009/08/07(金) 19:54:44 ID:gWVqEWnI0
    二人の男が車で北に向かう途中、ひどい吹雪に遭ってしまいまし た。
    近くの農家に車を停めて声をかけてみると、中から非常に美しい女性が出てきました。
    そして親切にも一晩泊めてくれると言うのです。
    「ただ、私は最近夫を亡くしたばかりで、あなたがたを泊めてしまうと、変な噂が立たないとも限りません」と女性は説明しました。

    そこで二人のうちジャックと名乗る方がこう言いました。
    「心配いりませんよ、僕らは納屋に泊まりますし、天候が回復したら朝いちばんに出て行きますから」
    女性はそれに承諾し、二人の男は納屋で一泊することができました。翌朝には天候が良くなっていたので農家をあとにし、週末のスキー旅行を満喫することができたのです。

    …やがて9ヶ月ほど経ったある日。
    ジャックは思いがけない一通の手紙を受け取りました。
    それは弁護士からの手紙で内容を読んでみると、あの吹雪の晩に会った未亡人の弁護士からではないかと思いました。
    ジャックは一緒に行ったボブの家に行き、尋ねました。
    「なあ、俺らがスキーに行った吹雪の晩に泊めてもらった、あの未亡人を覚えてるか?」
    「もちろん覚えてるとも」

    「お前、もしかして夜中に抜け出して、その未亡人のところに行ってないか?」
    ボブはバレたと照れた顔を浮かべながら、「正直に言おう。行ったよ」と言いました。
    「それでお前、その時に俺の名前を使ってないか?」
    ボブは済まなさそうに、「すまん。つい…お前の名前を使っちまったんだ。だけどどうしてそんな質問するんだ?」

    「彼女は死んでしまって、遺産のすべてを俺に残してくれたんだ」

    関連記事

    402 名無しのオプ :2007/05/02(水) 13:34:35 ID:J4Kp1C8c

    「—祐ちゃんへ—
    祐ちゃんがこの手紙を読んだ時、あたしのことをどう思うかな?
    やっぱりひどい女だと思うよね?うん仕方ないか…。
    短い間だったけど、祐ちゃんと過ごした日々はあたしとても幸せだったよ。
    あなたをぎゅうっと抱き締めいっぱいキスしたこと。飲みすぎた祐ちゃんがあたしの
    顔にもどしたりしたこと。あたしが友達と遊んで夜遅く帰ってきた時、祐ちゃんずっと
    泣いてたこともあったよね。そんなことも今になってみるといい思い出だよ。  
    でもこのまま祐ちゃんと一緒にいたらふたりともダメになるの。あたしもっと祐ちゃんを
    傷つけてしまいそうで…。だからあたし、祐ちゃんの元を離れるね。
    あたしまだ18歳だし何とか頑張るよ。
    祐ちゃん、あなたのことはあたしずっと忘れないよ。それじゃね…」

    手紙を読み返したあたしは、ため息交じりにそれを封筒に入れた。
    「おい、ポストあそこにあるぜ。行って来いよ」運転席の貴司が顎で指し示す。
    「…うん」あたしは車から降りると、重い足どりでポストへ向かった。

    ポストの前に立ってもまだあたしは躊躇っていた。軽くクラクションが鳴らされ、
    はっとして振り返ると、咥えタバコの貴司が焦れた顔でこっちを見ていた。
    あたしは頷くと、もう一度封筒に目を落とした。



    封筒を産着の中に忍ばせると、あたしは扉を開け「ポスト」の中に祐樹を置いた。

    ごめんね祐ちゃん、ママを許してね

    関連記事

    笑えるコピペ・ミニ
    FC2プロフ
    アクセスカウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    889位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    2chまとめブログ
    132位
    アクセスランキングを見る>>
    カレンダー&月別アーカイブ
    プルダウン 降順 昇順 年別

    01月 | 2012年02月 | 03月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 - - -


    最新記事
    最新コメント&トラックバック
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    BlogRing
    RSSリンクの表示
    メールフォーム
    ご意見・ご要望・諸連絡・情報提供等はこちらまで。 相互リンク・RSSの依頼も大歓迎!
    検索フォーム
    カテゴリ
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Powered By FC2ブログ b(爪ー爪)

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。