(3/31)
更新を休止しました。

(10/14)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「もぅマヂ無理」を追加しました。
(8/21)
アクセスランキング・人気記事ランキングをリニューアル。現在調整中につきもう暫くお待ち下さい。

(8/12)
本日は更新をお休みさせて頂きます。
ご了承下さい。

(7/1)
トップ絵・壁紙をリニューアル。
「怖いコピペ」に新カテゴリ
「ロミオ・勘助」を追加しました。

(6/18)
副管理人・副々管理人のプロフィールを追加しました。

(5/25)
一部フォントを変更しました。

(5/6)
「ゴールデンウィークスペシャル」最後までお楽しみ頂けましたか?
次回の特別編成は夏頃を予定しております。ご期待下さい。
五月病は笑えるコピペを読んでサッパリ笑い飛ばしちゃいましょう!

(5/6)
ゴールデンウィークスペシャルもいよいよ今日がラスト!
最終日は管理人オススメ、2chの長編スレシリーズをたっぷりお楽しみ下さい!

(5/5)
ゴールデンウィークスペシャル三日目は特別編成恒例「洒落怖」!
各まとめサイトで殿堂入りを果たしたあの名作、この名作をお楽しみ下さい!

(5/4)
ゴールデンウィークスペシャル二日目は
真偽の程はともかく「ちょっぴりタメになるコピペ」をたっぷりご紹介致します!

(5/3)
今日から6日までの4日間は「ゴールデンウィークスペシャル」!
本日はネットで古くから愛されてきた名作コピペの祭典「古典祭 ~春の陣~」をお楽しみ下さい!

(4/22)
「あやぽんRSS」無事復旧のためヘッドラインを元に戻しました。

(3/4)
地味で暗い背景を何とかしようと模様替え()。ついでにテンプレも少々修復しました。
こういうリニューアルは4月頭にやるのがセオリーだと言うのに、一ヶ月も先走って改築してしまう洒落の利かない管理人なのであった。
ここはそういうクソのような人がやってるブログだと思って下さいませ。

(3/1)
RSS一覧を整理。

(2/24)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「くぅ~w」を追加。

(2/7)
メニューバーをリニューアルしました。
これでIEでの表示も問題なくなるかも…?

(2/2)
4ヶ月ぶりにトップ絵一新。
ブログ創立以来初のテキスト複合型トップ絵に無謀にも挑戦。
不具合等ありましたら至急連絡お願いします。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    僕がまだ小学生だったころのちょっとエッチな話…
    1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/26(土) 05:13:34.43 ID:nmjUiWDS0
    当時の僕は祖父が苦手だった。
    ゲームしたり絵を描いたりして遊んでいるといつも近くに寄ってきて「何してんだ?」
    と威圧的な声で話しかけてきたからだ。祖父は「男は外で遊ぶものだ」と信じている人だった。

    ある夏の日のこと。その日は家に友達を呼んで誕生日に買ってもらったゲームをしていた。
    当時の新作だったゲームソフトには、友達の少ない僕でも5、6人のクラスメイトを呼べる力があった。
    普段はおとなしかった僕だが、その日ばかりは興奮してかなりはしゃいでいた。

    しかし、暑い夏の盛りに男子が家の中にこもりっきりでゲームをしているのが祖父の癇に障ったらしい。

    何度も部屋に顔を出しては「外で遊べ」と小言を重ねた。
    友人に囲まれている僕は気が大きくなっていたために
    ついに「うるさいなぁ」と普段はしない口答えをしてしまった。それがいけなかった。
    祖父はその言葉を聞くとゲームを目の前で叩き壊してしまった。

    僕はその日以来学校でいじめられるようになった。僕は祖父が大嫌いになった。


    2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2011/03/26(土) 05:14:02.40 ID:nmjUiWDS0
    それからしばらくの時間が経ち、冬休みに入った。

    年が明けたある寒い日の夜。食事が終わって席を立った祖父が突然倒れた。
    なんの前触れも無くやってきた突然の事件に僕は驚きあわてた。
    その日は僕と母しかいなかったため、急いで母が救急車を呼ぶ電話をかけにいった。
    廊下から母の緊張した声が聞こえるなか、祖父は苦しそうにうめき声を上げていた。
    電話を終えた母は救急車が来るからと祖父を僕に任せ、外へ出て待っていた。

    僕は苦しむ祖父と二人きりになった。

    祖父は意識が朦朧としているようで、焦点がハッキリしなかった。
    何か喋っているがうまく聞き取れず何度か聞き返したが結局わからなかった。
    呼吸も苦しそうにゼィゼィと音を立てて、手は胸をかきむしるような動きをしていた。
    普段は家で威張っている祖父がこんなに弱っているのを見ていると
    なんだか不思議な気持ちが沸いてきた。

    今、こいつの首を絞めたら誰にも知られずに殺せる。


    関連記事
    スポンサーサイト

    13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 18:23:51.90 ID:HsUpbwWO0
    よく通る道に花が手向けられている電信柱があり、
    通る度に供えられた花の種類が変わっていたのでよほど大切な人を亡くしたんだろうなと気になって見ていた。

    ある時、その電信柱の前を通ったらその花が荒らされていた。
    次の日通ると花は綺麗に新しくなっている。

    その日の夕方に通るとまた花が荒らされていた。
    その後荒らされる→新しい花→また荒らされるというのが暫く続いた。

    猫や鳥にやられたのかな?と思いつつ通り過ぎていたが、ある日偶然にもその花を荒らしている最中の人を発見。

    俺はとっさに車を降り、「何してるんですか!」と咎めた。
    するとこちらを向いた40~50代位の女性に女性が
    「○○ちゃんを返して~」と号泣。

    虚をつかれうろたえながら彼女を宥めつつ話しを聞くと、彼女は娘さんをここで亡くした。

    娘さんは歩いていて、車に突っ込まれた。
    運転していた男性もこの電信柱にぶつかった衝撃で亡くなった。

    この花は加害者の男性の家族が供えている。
    その花を見る度に娘を思い出してしまい、いたたまれなくなって花を荒らすようになってしまった。
    といった感じでした。

    「もうこんな事はしませんから・・・」
    と泣きながらふらふら帰っていく彼女を見てやるせない気持ちになり暫くそこに立ち尽くしてしまいました。

    関連記事

    172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 20:43:41.38 ID:3jwlTSdH0
    高校の時池沼の養護学校にボランティアにいったんだが、水泳の時間に池沼が女の子押し倒して腰カクカク。俺たちの唖然、10秒くらいで職員が取り押さえる
    (^q^)のああああああああああ!!!
    って言って離されたが、女の子の股間部分は横にズラされて(ちょっと入ってたぽい)べっとり一回の射精とは思えないほどの精子が付いてた。
    それで女の子泣きながら精子流すために外にあるシャワー行って洗おうとしたら見学に着てた70くらいの池沼母が日傘で女の子をボコボコにした。
    母「うちの池沼ちゃんの精子がそんなに汚いっていうの!?うちの池沼ちゃんの精子がそんなに汚いっていうの!?」
    結局女の子は二針縫って帰って1年休学。池沼の子供妊娠してたらしい

    関連記事

    20 名前: 上皿天秤(長屋):2010/01/01(金) 15:02:33.48 ID:bghJMsaQ
    母「はい、コーヒー。ゆうちゃん、今何歳だっけ」
    ゆうちゃん「なんだよ突然」
    母「いいから、何歳だっけ」
    ゆうちゃん「34歳だけど?それがどうかしたの」
    母「そっかー34歳かー。大人になったわねえ」
    ゆうちゃん「いきなりどうしたんだよw怖えな」
    母「ふと思い出してね。ゆうちゃんが生まれた時のこと。
      予定日よりもだいぶ遅くてね、難産だったの。
      陣痛が来たのが夜中で、お父さん、ずっとついていてくれたのよ。
      生まれたとき、ゆうちゃんは小さかったけど
      お父さんもお母さんもわんわん泣いて喜んだのよ。
      看護婦さんたちも泣いてよかったですねって。」
    ゆうちゃん「へー、大変だったんだな」
    母「うん、でもゆうちゃんはすくすく育ってくれて、
      3歳で字も読めて、小学校の時は神童って言われてたのよねえ」
    ゆうちゃん「やめろよ、古い話は」
    母「毎年正月の親戚一同の新年会でゆうちゃん大人気だったわよね」
    ゆうちゃん「そうだったかな」
    母「そうよ、もう叔父さん達お年玉ふんぱつして、
      末は総理大臣か科学者かなんて言ってたっけ」
    ゆうちゃん「もういいよ、昔のことは」
    母「ゆうちゃん、これまで生きてきて一番嬉しかったことって何?」
    ゆうちゃん「嬉しかったこと?そうだなー。小学生の時にスーパーマリオで初めて8-3クリアした時かな。」
    母「・・・・そう。」
    ゆうちゃん「なんつうかさ達成感っていうか、やり遂げたって感じがハンパなかった・・んだよ・・なあ。
           あれ・・あんな・・嬉しいこと・・・もう・・・ない・・かもな・・なんか・・・・眠くな・・・って・・・き・・・た・・・」
    母「ゆうちゃん?」
    ゆうちゃん「・・・・・・・・」
    母「・・・・・・・・。お父さん・・・。」
    父「・・仕方がなかったんだ。これで・・・よかったんだ・・・」

    関連記事

    31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/03(木) 15:24:11.62 ID:ujiny4tN0
    式当日、新婦の妹(高校生)が「私、新郎さんの子供がいるの!」と言い出してパニック。
    お式中止。

    新郎は違うと言い張ったが、新婦妹の妊娠は本当だった。
    新婦は新郎を信じると言ったが、
    新婦両親は「もし本当に新郎の子だったらどうする」と結婚を許さず
    新郎両親も「こんなトラブルが起きた以上、真偽がどっちでも新婦との結婚は無理だ」と反対。

    新郎新婦は両家と絶縁し結婚。
    新婦妹は「新郎に裏切られた!」と泣きつつ、こっそり中絶しようとして親に連絡され失敗。
    男に裏切られたうぶな娘を守る両親と、
    妹を騙した男を選んだ鬼のような姉というドラマがしばらく続くも
    生まれた子供の血液型が新郎の子ではありえなかったためいろいろ終了。

    イケメン高収入の新郎を狙おうとした妹の虚言とわかり、
    両家は新郎新婦に土下座したが絶縁は続行。


    あれから数年、新婦に子供ができた。
    お腹が目立つ前に、新郎新婦は改めて内々で結婚式という名目のパーティーをすることに。
    これを機に両家とも和解することにしたが、
    何を思ったか新婦母が新婦妹に結婚式の話をしてしまった。
    姉妹仲直りのチャンスと、サプライズで花束持って登場した新婦妹に新婦絶叫。
    お式中断。

    新婦はめまいと吐き気で倒れて病院へ。

    新婦が病院へ向かった後、混乱の中でエリカ様のごとき仏頂面で
    シャンパンを手酌する新婦妹が印象的な式になった。

    関連記事

    笑えるコピペ・ミニ
    FC2プロフ
    アクセスカウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    629位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    2chまとめブログ
    114位
    アクセスランキングを見る>>
    カレンダー&月別アーカイブ
    プルダウン 降順 昇順 年別

    11月 | 2011年12月 | 01月
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    最新記事
    最新コメント&トラックバック
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    BlogRing
    RSSリンクの表示
    メールフォーム
    ご意見・ご要望・諸連絡・情報提供等はこちらまで。 相互リンク・RSSの依頼も大歓迎!
    検索フォーム
    カテゴリ
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Powered By FC2ブログ b(爪ー爪)

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。