(3/31)
更新を休止しました。

(10/14)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「もぅマヂ無理」を追加しました。
(8/21)
アクセスランキング・人気記事ランキングをリニューアル。現在調整中につきもう暫くお待ち下さい。

(8/12)
本日は更新をお休みさせて頂きます。
ご了承下さい。

(7/1)
トップ絵・壁紙をリニューアル。
「怖いコピペ」に新カテゴリ
「ロミオ・勘助」を追加しました。

(6/18)
副管理人・副々管理人のプロフィールを追加しました。

(5/25)
一部フォントを変更しました。

(5/6)
「ゴールデンウィークスペシャル」最後までお楽しみ頂けましたか?
次回の特別編成は夏頃を予定しております。ご期待下さい。
五月病は笑えるコピペを読んでサッパリ笑い飛ばしちゃいましょう!

(5/6)
ゴールデンウィークスペシャルもいよいよ今日がラスト!
最終日は管理人オススメ、2chの長編スレシリーズをたっぷりお楽しみ下さい!

(5/5)
ゴールデンウィークスペシャル三日目は特別編成恒例「洒落怖」!
各まとめサイトで殿堂入りを果たしたあの名作、この名作をお楽しみ下さい!

(5/4)
ゴールデンウィークスペシャル二日目は
真偽の程はともかく「ちょっぴりタメになるコピペ」をたっぷりご紹介致します!

(5/3)
今日から6日までの4日間は「ゴールデンウィークスペシャル」!
本日はネットで古くから愛されてきた名作コピペの祭典「古典祭 ~春の陣~」をお楽しみ下さい!

(4/22)
「あやぽんRSS」無事復旧のためヘッドラインを元に戻しました。

(3/4)
地味で暗い背景を何とかしようと模様替え()。ついでにテンプレも少々修復しました。
こういうリニューアルは4月頭にやるのがセオリーだと言うのに、一ヶ月も先走って改築してしまう洒落の利かない管理人なのであった。
ここはそういうクソのような人がやってるブログだと思って下さいませ。

(3/1)
RSS一覧を整理。

(2/24)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「くぅ~w」を追加。

(2/7)
メニューバーをリニューアルしました。
これでIEでの表示も問題なくなるかも…?

(2/2)
4ヶ月ぶりにトップ絵一新。
ブログ創立以来初のテキスト複合型トップ絵に無謀にも挑戦。
不具合等ありましたら至急連絡お願いします。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    57 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 00:56:22
    両親が離婚し父親が赤ん坊の俺を預かっていたらしいけど、蒸発。
    本当の父親や母親は今どうしているのか解らない。

    親戚や従兄弟が居るかどうかも解らなくて気付けば施設で育っていた。

    小学校時代の授業参観日とか俺以外のクラスメイトの両親は皆来てるんだよ。
    授業が終わった日は、皆が親と一緒に帰る中、一人泣きながら施設まで帰ったのが今でも忘れられない。

    でも、小学4年の時に俺を養子にもらってくれた人がいた。
    飲み屋を男一人で経営していた人だった。
    奥さんがいたそうだけれど、昔に病気で亡くなったらしい。
    子どももいなかったらしくて、俺を養子として迎えいれてくれた。
    いつも笑っていた人だった。
    友達が多い人だったから、お店にはいつも常連さんや色々なお客さんが来ていて、二人しか住んでいなかったけれど、とても賑やかだった。
    最初は当然父親とは、思えないし呼べなくて黙ってぎこちない日が多かったけれど、休みの日は遊園地や海や山に連れて行ってくれた。

    『今まで辛かったか?もう此からは楽しいからな!』
    この言葉を車の中で聞いた時、涙が止まらなくてずっと泣いてたよ。
    こういう風に遊びに行く事が滅多になかったから本当に嬉しくて楽しかった。

    遠足の日は弁当を作ってくれたり、授業参観日や運動会にも店が忙しいのに来てくれた。手を繋いで帰ったりもした。
    俺が高校に合格した時は、誰よりも喜んで顔がクシャクシャになるまで泣いてくれた。
    高校で店の手伝いをして料理の作り方や接客のルールを教えてもらった。

    大学受験の時にも夜食を作ってくれて『無理はするなよ!』といつも体を気遣ってくれた。

    貴方が亡くなって、もう5年なんですね。
    最初は信じれなくて毎日お墓に行った事をよく思い出します。
    健次さん達は相変わらずですよ、父さんとまた酒を飲みたいと言ってました。

    本当にありがとう。
    貴方のお陰で俺は今此処で生きてます。貴方を本当に尊敬しています。
    父さん、本当にありがとう。

    すまん、何か書いてしまった。涙が止まらないヤバイ。
    長文ごめんね

    関連記事
    スポンサーサイト

    203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 14:37:52.98 ID:5aKSO7b90
    iTunesが おきあがり
    なかまに なりたそうに こちらをみている!
    なかまに してあげますか?

    ┌───┐
    │⇒はい│
    │いいえ│
    └───┘

    iTunesが なかまに くわわった!
    QuickTimeが なかまに くわわった!
    Bonjour for Windowsが なかまに くわわった!
    Apple Mobile Device Supportが なかまに くわわった!
    Apple Software Updateが なかまに くわわった!
    MobileMeが なかまに くわわった!
    Apple Application Supportが なかまに くわわった!

    Apple Software Updateが Safariを よびよせた!
    Apple Software Updateが iPhoneソフトウェアを よびよせた!


    :::::::::::.: .:. . ∧_∧ . . . .: ::::::::
    :::::::: :.: . . /彡ミ゛ヽ;)ヽ、. ::: : ::
    ::::::: :.: . . / :::/:: ヽ、ヽ、i . .:: :.: :::
     ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ヽ、_ノ ̄

    関連記事

    625 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/11/06(日) 00:16:19.43 ID:A2kDA8w70
    前に見たノンフィクションドキュメンタリー

    とある女性は、一人でいたところを事故に遭った。
    事故のショックで女性は記憶喪失になり、所有品もひどい事故のために散逸してしまい、
    女性の身分を示すものはなにもなく、彼女が一体誰なのかわからなくなった。
    テレビやネットがあまり発達していない地域らしく、大きな報道もなされなかったようで、彼女が何者か知っているという人も出てこなかった。

    実は女性は子供もいる既婚者だった。
    帰省のために子供たちを夫に任せて出かけたところ、事故に遭っていた。
    妻が消えてからの10数年、夫は一人で子供を育てながら妻を探し続けていた。
    やがて捜索は実を結び、夫は妻を発見した。
    だが彼女は再会しても夫の事を思い出せなかったし、子供を見せても記憶は戻らなかった。

    そして彼女はもう既に別の男性と結婚していた。
    結婚相手は事故を起こした運転手で、取り返しの付かないことをしたという責任感を、長い時間の中で愛情に変え、妻を真面目に愛する人物だった。

    女性は記憶を失ってから新たに戸籍を取得していたが、
    身元がわかった以上、法的には女性は前の夫の妻のままだし、もうだいぶ育ったとはいえ子供たちのためにも妻を取り返すべきかと夫は考えた。

    だが夫は、妻を諦めることにした。
    10数年の中で妻はもう別人としての幸せを得ているし、妻の中ではつい最近出会ったばかりの存在である夫たちと暮らす事を強要できなかった。
    行方不明になったのは、拉致されたり殺されたりしたせいじゃないかと思っていたので、そんな事がなくて普通に暮らせているだけまだ良かった、

    そう思うことにして、夫と子供は女性のもとを去っていった。

    関連記事

    157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/02(土) 15:51:49.37 ID:glgJKC0T0
    今日の面接で趣味を俳句っていったら、ぜひ今一句読んでくれ。と言われた。

    そこで・・・

    「夜なのに、僕が見るのは、あおいそら」

    と言ってしまった・・・・・。面接官3人、笑いなし。

    シーーーーーーーーーン・・・・

    『ありがとうございます。
     では3日後に通過・非通過のおしらせをします。』

    関連記事

    8: 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/04/13(水) 00:43:10.84 ID:pRrpuu/N0
    おれが当直だった夜に、急患でおれは叩き起こされた。
    急変とかで、まあよくあることだ。

    処置室に行くとちょうど患者が救急車で病院に着くときだった。
    救急車からストレッチャーで下ろされたのは、真っ黒に焦げた死体(にみえた)だった。
    救急車のスタッフにきくと、交通事故をおこしたドライバーで引火した車のなかで取り残されたらしい。
    50代位の男性だった。
    一応、生きてはいるが、そりゃもう表面なんかコゲコゲで肉の焼けるにおいがあたりに立ちこめ、俺はもう吐き出しそうになった。
    全然動く気配もない。もう時間の問題だ。
    「すごいですよ。一応心停止してません。まあ、もうだめでしょうけど」と救急隊員は言った。
    医師も「あー、こりゃすごいね」と言って治療をする気もなさそうだ。
    「ひどい・・・・」看護婦も目が怯えていた。

    俺は一応検査をするための準備にかかった。
    機器を用意している部屋に入って準備をしていたら、その黒こげの患者が運ばれてきた。
    おれは腕に検査の為に針を刺すのでその患者の血管をさがしたが表面が黒こげでどこに血管があるか分からなかった。
    「あー、これ、メチャクチャでどこだか分かんないよ」と俺は言った。
    皮膚のまともなとこを探そうと腕をつかんだとき、その黒こげ患者が言った。

    「・・・そんなに私、ひどいんですか・・・・」

    「あ、あ」
    俺は声にならなかった。ずっと意識はあったんだ。
    今までの俺達の会話を聞いていたんだ。
    その部屋の中にいた、医師、看護婦、俺、救急隊員、全員が凍りついた。

    まあ、2時間もしないうちに患者は亡くなったんだが、
    なんども「私はしぬんですか?」って聞かれて、おれたちは不謹慎だが逃げ出したい衝動になんどもかられたよ。


    関連記事

    笑えるコピペ・ミニ
    FC2プロフ
    アクセスカウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    629位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    2chまとめブログ
    114位
    アクセスランキングを見る>>
    カレンダー&月別アーカイブ
    プルダウン 降順 昇順 年別

    11月 | 2011年12月 | 01月
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    最新記事
    最新コメント&トラックバック
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    BlogRing
    RSSリンクの表示
    メールフォーム
    ご意見・ご要望・諸連絡・情報提供等はこちらまで。 相互リンク・RSSの依頼も大歓迎!
    検索フォーム
    カテゴリ
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Powered By FC2ブログ b(爪ー爪)

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。