(3/31)
更新を休止しました。

(10/14)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「もぅマヂ無理」を追加しました。
(8/21)
アクセスランキング・人気記事ランキングをリニューアル。現在調整中につきもう暫くお待ち下さい。

(8/12)
本日は更新をお休みさせて頂きます。
ご了承下さい。

(7/1)
トップ絵・壁紙をリニューアル。
「怖いコピペ」に新カテゴリ
「ロミオ・勘助」を追加しました。

(6/18)
副管理人・副々管理人のプロフィールを追加しました。

(5/25)
一部フォントを変更しました。

(5/6)
「ゴールデンウィークスペシャル」最後までお楽しみ頂けましたか?
次回の特別編成は夏頃を予定しております。ご期待下さい。
五月病は笑えるコピペを読んでサッパリ笑い飛ばしちゃいましょう!

(5/6)
ゴールデンウィークスペシャルもいよいよ今日がラスト!
最終日は管理人オススメ、2chの長編スレシリーズをたっぷりお楽しみ下さい!

(5/5)
ゴールデンウィークスペシャル三日目は特別編成恒例「洒落怖」!
各まとめサイトで殿堂入りを果たしたあの名作、この名作をお楽しみ下さい!

(5/4)
ゴールデンウィークスペシャル二日目は
真偽の程はともかく「ちょっぴりタメになるコピペ」をたっぷりご紹介致します!

(5/3)
今日から6日までの4日間は「ゴールデンウィークスペシャル」!
本日はネットで古くから愛されてきた名作コピペの祭典「古典祭 ~春の陣~」をお楽しみ下さい!

(4/22)
「あやぽんRSS」無事復旧のためヘッドラインを元に戻しました。

(3/4)
地味で暗い背景を何とかしようと模様替え()。ついでにテンプレも少々修復しました。
こういうリニューアルは4月頭にやるのがセオリーだと言うのに、一ヶ月も先走って改築してしまう洒落の利かない管理人なのであった。
ここはそういうクソのような人がやってるブログだと思って下さいませ。

(3/1)
RSS一覧を整理。

(2/24)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「くぅ~w」を追加。

(2/7)
メニューバーをリニューアルしました。
これでIEでの表示も問題なくなるかも…?

(2/2)
4ヶ月ぶりにトップ絵一新。
ブログ創立以来初のテキスト複合型トップ絵に無謀にも挑戦。
不具合等ありましたら至急連絡お願いします。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    26:コピペ:2008/03/13(木) 00:20
    子供の時から、親父の部屋を覗きに行くのが好きだったんだ。
    なにかしら楽しい物や、笑える行動があったよ。

    コンコンとノックする。「おーい、お父さーん」「…なんだ?」

    ある時は、机で姿勢正しくマンガを読む親父。横には「うる星やつら」全巻。
    ある時は、家に無い筈のファミコンでマリオをしてた。
    ある時は、虫眼鏡と極小ハサミで、紙を切って原寸大のアリの模型を作ってた。
    ある時は、エレキギターを分解して、半田つけとかしてた。
    ある時は、だらだら寝転がって、カフカとか読んでた。
    ある時は、ダイエットボールの上でふわふわ揺れてた。
    ある時は、パイプとベレー帽姿で油絵を描いてた。
    ある時は、「フェルマーの定理」を解こうと紙に数字を書きまくってた。
    ある時は、鏡文字の練習。裏から透かしてみたら、そりゃ見事な書体だったw

    どれも中途半端で終わらなかったのが、すごいな。

    先月に80歳で亡くなって、いま遺品整理にかかっている。
    もう親父がいない部屋で、ビリーズ・ブートキャンプ見つけたw
    爆笑してから、少しだけ泣いたw

    親父、俺この部屋もらうよ。楽しかったよ、ずっとありがとな、お父さん。
    関連記事
    スポンサーサイト

    150 :癒されたい名無しさん :2009/02/28(土) 16:44:18 ID:DwE7hn3Y
    私は、2歳のとき父を亡くし、
    以来、私をひとりで育ててくれた母も
    私が中学二年生の時突然の心臓病でなくなりました。

    その日のことです。
    近所のスーパーに勤めていた母ですが、
    学校から帰ると勤めを早退した母は床に臥していました。

    「お母さん、どうしたの?」と聞くと
    「心配しないでもいいよ、ちょっと風邪をこじらせただけだから」と か細い声で答えました。
    昨日からなにも食べてない様子だったので「なにか買ってこようか」と聞くと
    「おまえも今、期末試験中で大変なのに、いいの?」
    「もしよかったらリンゴが食べたい」
    「じゃあ、すぐ買ってくる」

    リンゴを買って家に着いたとき、母はもう死んでいました。
    枕元に、ほんのわずかな時間に、苦しみながら書いた母の言葉の走り書きがありました。

    「哲、ひとりになってもお母さんお父さんはいつもおまえを守っているよ ありがとう」
    とありました。

    私は、それ以来リンゴを見ることもむろん食べることもできなくなりました。
    あれから九度目の桜を見る季節がもうすぐやってきます。
    私にとっての桜の季節は、ただリンゴをにぎりしめながら泣きつづけた日々の思い出なのです。
    関連記事

    15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/04/16(木) 23:57:51.27 ID:SvwtM7YG0
    京都市伏見区桂川河川敷で2月1日、無職片桐康晴被告が、
    認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみられる事件の初公判が19日に行われた。
    事件内容は認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母と相談の上で殺害したというもの。
    片桐被告は母を殺害した後、自分も自殺を図ったが発見され一命を取り留めたとの事。
    片桐被告は両親と3人暮らしだったが、95年に父が死亡。その頃から、母に認知症の症状が出始め、一人で介護した。
    母は05年4月ごろから昼夜が逆転。徘徊で警察に保護されるなど症状が進行した。
    片桐被告は休職してデイケアを利用したが介護負担は軽減せず、9月に退職。
    生活保護は、失業給付金などを理由に認められなかった。
    介護と両立する仕事は見つからず、12月に失業保険の給付がストップ。
    カードローンの借り出しも限度額に達し、デイケア費やアパート代が払えなくなり、
    06年1月31日に心中を決意した。

    「最後の親孝行に」



    関連記事

    4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/04/16(木) 23:24:43.07 ID:hxRblKBI0
    小学校のとき、先生に知能に障害がある子のうちに遊びに行かされた

    彼は脇目もふらずにドラクエ3をやっていて、
    正直、「こいつでもドラクエとかわかるんだなあ」と思った

    三十分ほど彼のプレイを見ていて、とても悲しい事に気が付いた
    彼がそのゲームでやっているのは、
    アリアハンの周りでスライムとカラスを倒す、ただそれだけだった。
    パーティにただ一人の勇者のLvは50を越えていた。

    彼は永遠、素手でスライムを殺し続けた
    とても楽しそうだった

    先に進めてやろうと思い1コンに手を伸ばしたら凄い剣幕で怒鳴られた。
    なんて怒鳴られたか聞き取れなかったけれど、とにかく怒鳴られた
    それを見て彼の母親が「ごめんなさいね、○○ちゃんはファミコン大好きのよ」と僕に謝った
    彼はドラクエ以外のソフトは持っていなかった

    僕はそれ以来、ゲームをやらなくなった。
    以前のようにゲームにのめり込めなくなってしまったのだ。
    コントローラーを握るとやるせなくなった。
    友達の家に行ってもみんながやるのを見ているだけだった
    その間、僕はゲームに興じる友達の背中だけを見るように努めた本当にむなしかった

    その内に、僕はファミコンを憎むようにさえなった。
    今までの人生の中で、あんなに何かを憎んだことはない
    それは真夜中に僕を目覚めさせた
    ゲームなんかこの世からなくなってくれと本当に願った

    僕はソフトを彼に全部あげて、本体は捨ててしまおうと思ったが、兄に怒られそれすらできなかった。
    一人暮らしをしている今でもゲームは嫌いだし、もちろん家にも置いていない。

    時々、彼と、永遠に世界を救えなかったであろう彼の勇者の事を思い出すと、とても悲しくなる
    関連記事

    4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/30(木) 14:58:19.28 ID:N7IUHMEb0

    小学生のとき、少し足し算、引き算の計算や、会話のテンポが少し遅いA君がいた。
    でも、絵が上手な子だった。
    彼は、よく空の絵を描いた。
    抜けるような色遣いには、子供心に驚嘆した。

    担任のN先生は算数の時間、解けないと分かっているのに答えをその子に聞く。
    冷や汗をかきながら、指を使って、ええと・ええと・と答えを出そうとする姿を周りの子供は笑う。
    N先生は答えが出るまで、しつこく何度も言わせた。
    私はN先生が大嫌いだった。

    クラスもいつしか代わり、私たちが小学6年生になる前、N先生は違う学校へ転任することになったので、
    全校集会で先生のお別れ会をやることになった。
    生徒代表でお別れの言葉を言う人が必要になった。
    先生に一番世話をやかせたのだから、A君が言え、と言い出したお馬鹿さんがいた。
    お別れ会で一人立たされて、どもる姿を期待したのだ。

    私は、A君の言葉を忘れない。

    「ぼくを、普通の子と一緒に勉強させてくれて、ありがとうございました」

    A君の感謝の言葉は10分以上にも及ぶ。
    水彩絵の具の色の使い方を教えてくれたこと。
    放課後つきっきりでそろばんを勉強させてくれたこと。
    その間、おしゃべりをする子供はいませんでした。
    N先生がぶるぶる震えながら、嗚咽をくいしばる声が、体育館に響いただけでした



    関連記事

    笑えるコピペ・ミニ
    FC2プロフ
    アクセスカウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    646位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    2chまとめブログ
    117位
    アクセスランキングを見る>>
    カレンダー&月別アーカイブ
    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2011年09月 | 10月
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -


    最新記事
    最新コメント&トラックバック
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    BlogRing
    RSSリンクの表示
    メールフォーム
    ご意見・ご要望・諸連絡・情報提供等はこちらまで。 相互リンク・RSSの依頼も大歓迎!
    検索フォーム
    カテゴリ
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Powered By FC2ブログ b(爪ー爪)

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。