(3/31)
更新を休止しました。

(10/14)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「もぅマヂ無理」を追加しました。
(8/21)
アクセスランキング・人気記事ランキングをリニューアル。現在調整中につきもう暫くお待ち下さい。

(8/12)
本日は更新をお休みさせて頂きます。
ご了承下さい。

(7/1)
トップ絵・壁紙をリニューアル。
「怖いコピペ」に新カテゴリ
「ロミオ・勘助」を追加しました。

(6/18)
副管理人・副々管理人のプロフィールを追加しました。

(5/25)
一部フォントを変更しました。

(5/6)
「ゴールデンウィークスペシャル」最後までお楽しみ頂けましたか?
次回の特別編成は夏頃を予定しております。ご期待下さい。
五月病は笑えるコピペを読んでサッパリ笑い飛ばしちゃいましょう!

(5/6)
ゴールデンウィークスペシャルもいよいよ今日がラスト!
最終日は管理人オススメ、2chの長編スレシリーズをたっぷりお楽しみ下さい!

(5/5)
ゴールデンウィークスペシャル三日目は特別編成恒例「洒落怖」!
各まとめサイトで殿堂入りを果たしたあの名作、この名作をお楽しみ下さい!

(5/4)
ゴールデンウィークスペシャル二日目は
真偽の程はともかく「ちょっぴりタメになるコピペ」をたっぷりご紹介致します!

(5/3)
今日から6日までの4日間は「ゴールデンウィークスペシャル」!
本日はネットで古くから愛されてきた名作コピペの祭典「古典祭 ~春の陣~」をお楽しみ下さい!

(4/22)
「あやぽんRSS」無事復旧のためヘッドラインを元に戻しました。

(3/4)
地味で暗い背景を何とかしようと模様替え()。ついでにテンプレも少々修復しました。
こういうリニューアルは4月頭にやるのがセオリーだと言うのに、一ヶ月も先走って改築してしまう洒落の利かない管理人なのであった。
ここはそういうクソのような人がやってるブログだと思って下さいませ。

(3/1)
RSS一覧を整理。

(2/24)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「くぅ~w」を追加。

(2/7)
メニューバーをリニューアルしました。
これでIEでの表示も問題なくなるかも…?

(2/2)
4ヶ月ぶりにトップ絵一新。
ブログ創立以来初のテキスト複合型トップ絵に無謀にも挑戦。
不具合等ありましたら至急連絡お願いします。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    クスッと笑ったorナイスと思ったレス紹介 Part202
    http://society6.2ch.net/test/read.cgi/gline/1263194832/

    275 名前:水先案名無い人[] 投稿日:2010/01/18(月) 14:06:39 ID:mdFQr2NqP
    ときは8月、黒海沿岸の町。雨にぬれる小さな町は活気がなく、すっかり寂れていた。
    人々は借金を抱えて苦しい生活をしているのだ。

    その町へ、一人の旅人がやってきた。そして町に一つしかないホテルに入ると、
    受付のカウンターに100ユーロ紙幣を置き、部屋を選ぶために2階へ上がって行った。
    ホテルの主人は100ユーロ紙幣をひっつかんで、借金返済のために肉屋へ走った。
    肉屋は同じ紙幣を持って養豚業者へ走り、100ユーロの借金を返した。
    養豚業者はその紙幣を握ると、つけにしてある餌代と燃料代を払うために販売業者に走った。

    販売業者は100ユーロ紙幣を手にすると、この厳しいご時世にもかかわらず、つけでお相手をしてくれる
    町の遊女に返そうと彼女のもとに走った。遊女は100ユーロ紙幣を懐にしてホテルに走り、
    たびたびカモを連れこんだホテルに借りていた部屋代を返済した。

    ホテルの主人は、その100ユーロを受け取ると、紙幣をカウンターの元の位置に置いた。
    ちょうどそのとき、部屋をチェックして2階から降りてきた旅人が、どの部屋も気に入らないと云って
    100ユーロ紙幣をポケットにしまいこみ、町を出て行った。

    誰も稼いでないけど、町中の誰もが借金を返し終わり、町は活気を取り戻した。


    e-kingyo-01.png
    スポンサーサイト

    面白いコピペを貼り付けるスレ 49
    http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1317312045/

    161 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/02(日) 15:17:56.46 ID:dKp7WdtW
    慶長4年(1599)3月、伏見島津邸において、島津忠恒が家老の伊集院忠棟を殺害した。
    国許でこの報を受けた忠棟の子・忠真は自領の都城および勢力下の12城をもって蜂起。
    いわゆる庄内の乱が起こった。

    忠恒は、忠真領の最前線にある山田城の攻略を島津中務大輔豊久らに命じ、6月23日、城攻めが開始された。

    豊久軍は卯の刻(午前6時)から午の刻(午前12時)まで激しく攻め立てたが城方を崩せず、
    逆に戦意が衰えたところに痛烈な反撃を食らい、あろうことか城方に軍旗を奪われてしまった。

    「はっはっはっ、見よ!名将家久公の子、他国にも聞こえし島津中書とて、何ほどの事やあらん!」
    城方は、奪った軍旗を城内に立てて晒し物にした。

    これを見た城攻め諸将は、驚愕した。
    「あれは…まさか?」「ば、バカな!」「豊久様の旗が城内に?!」「なんと…何という事じゃあ………」

    「早や、豊久様が一番乗りを果たされたわ!」「さすがは豊久様じゃあああ!」
    「者ども、後れをとるなーっ!」「ヒャッハー!豊久様に続けえええええ!」

    激しく勘違いした諸将は奮起、先を争って城へ攻め入ると、一気に本丸まで駆け上がった。

    豊久(………まぁ良か。)

    その日の内に山田城を攻め落とした豊久軍は、
    主将の長崎休兵衛・副将の中村兵左衛門まで討ち取る大功を立て、
    豊久には忠恒から感状と太刀が与えられた。(本藩人物誌)


    e-kingyo-01.png

    面白いコピペを貼り付けるスレ 47
    http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1311424822/

    681 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2011/08/14(日) 18:41:45.86 ID:27PirDDw
    尼子経久は、家臣が自分の持っている物を褒めると、必ずそれを譲ってしまうと言う、妙な癖があった。
    家臣もそれを良くわかっていて、「殿様のものは、決して褒めないように。」と、内々に決めていた。

    さて、尼子の本拠地、月山冨田城には巨大な松の木があった。
    どれほどの樹齢かもわからない、城のできるはるか前からある松の木であった。

    ある家臣が、
    「さすがに、これを褒めても譲られるような事はあるまい。こんな巨大な松、動かす事もできないだろうし。」
    そう思って、経久の前で、つい、このように立派な松は、日本中探してもここだけでしょう。と言った。


    次の日


    その家臣の家に、見た事もないほど大量の松明が、送り届けられたと言う。


    e-kingyo-01.png

    400 名前:出世の白餅(一)[sage] 投稿日:2008/12/19(金) 21:46:17 ID:cg67r90c
    「亭主を呼べぇ!!」
    三河吉田の旅籠亭主・彦兵衛が、大声で呼ぶ客の部屋へ向かうと、薄汚い若侍の前に
    たくさんの餅が広がっていた。

    給仕に当った女中に聞くと、侍は好物だからと餅を山ほど注文したがその餅の出し方が
    気に入らぬと言って、皿をひっくり返したのだと言う。

    若侍「客に出すのに、雑な山盛りにして出すとは何だ?普通ならば、漆塗りの盆に丁寧
        に積み上げて、持って来るものだろう?!最初から出し直せ!!」

    十八から店を預かり二十年目の彦兵衛、慣れたもので皿に三つほど餅を乗せ直すと、

    「それは失礼致しました。しかしこの餅の盛付けは、三河ではお武家様のための盛付け
    で、『城持ち』と『白い餅』を掛けて、山のように大きい城の城主になれるように、との私ど
    ものせめてもの心遣いでございます。どうかお納めください。」

    と言って若侍に勧めた。
    「そうか、そんな謂われが・・・それは済まなんだ。では、喜んでいただこう。」

    以外にも若侍はあっさり納得して、餅をガツガツと食い始めた。
    その様子に長年のカンからピンと来た彦兵衛は若侍に話しかけた。
    「ところでお侍さん、  ・・・金が無いんでしょう?事情だけでも話してみませんかね?」

    顔を青くして餅をむさぼる手を止めた若侍は、少ししてポツリポツリと語り出した。



    286 名前:◆PDh25fV0cw [sage] 投稿日:2010/03/08(月) 23:37:27 ID:deoCLali

    ある小さな国の小さな村に、動物と話せる少年がいた。
    少年はとても純朴で、動物にも村の人にも、愛されていた。
    この少年のおかげで、村の家畜は皆おとなしく、野犬も、家畜を襲うこと無く、大変平和だった。

    ある日、少年の力に目を付けた大きな国の人間がやってきた。
    小さな村の人たちは、必死に抵抗したが、敵うはずもなく、少年は無理矢理つれていかれてしまった。
    大きな国についた少年は、鉄でできた施設に入れられ、外に出ることも許されなかった。
    無機質な施設の中、少年は故郷を思い、ひどく落ち込んでいた。
    そんな少年の心を感じた動物たちは、少年のいる施設の前で、鳴き続けた。
    その動物達の悲痛な叫びに、少年の解放を望む人々もでてきた。

    しかし、意固地になった大きな国の上層部は、無慈悲にも動物達の殺害を命じた。
    次々と消えていく、動物達を感じながら、少年はひどい怒りを感じていた。
    しかし、少年にはどうすることもできない。

    無力感を感じながら、窓を眺めていると、一匹の虫が張り付いた。
    虫の声は聞いたことがないが、少年はありったけの思いで、その虫に念じた。
    (この酷い国の人たちを、こらしめてください)
    そんな思いを、知ってか知らずか虫はどこかに飛んでいってしまう。

    翌日、その国に黒い影が覆った。
    蜂や蝶、バッタにムカデ、ありとあらゆる虫たちが、少年のいる施設に集まり始めた。
    それだけではない、他の場所にも虫は大量に現れた。
    田舎では畑は食い荒らされ、町では仕事場に虫が現れ仕事もできない。
    恐怖を感じ、少年を解放するべきだと言う人もいた。
    しかし、ほとんどの人は少年にした仕打ちを棚にあげ、被害をもたらした少年に処罰を望んだ。

    そうして、少年は国を乱した罪により、死刑になってしまった。
    国は処罰の日まで、また悪さをしないように、施設は大きな壁に覆われ、虫も一匹のこらず殺してしまった。
    耳をすましても、なにも聞こえない。すがるものがなくなった少年は、神に祈る。
    (私が何をしたのでしょう、私はただ静かに暮らしていただけです。
     この国の人達は、世界で一番自分達が偉いと思っています。
     あなたの力で、この国の人たちを懲らしめてください)

    しかし、そんな思いも虚しく、少年は次の日殺されてしまった。
    だが、少年の願いはある形で実現する。
    大きな国の人々が、次々と病気で死に始めたのだ。
    有効な対処法も見つからぬまま、病気は爆発的な勢いで広まり国の人口は激減し始めた。

    人々は神に祈った。
    しかし、細菌に思いが通じる人間は、誰一人いなかった。

    笑えるコピペ・ミニ
    FC2プロフ
    アクセスカウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    700位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    2chまとめブログ
    116位
    アクセスランキングを見る>>
    カレンダー&月別アーカイブ
    プルダウン 降順 昇順 年別

    07月 | 2017年08月 | 09月
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    最新記事
    最新コメント&トラックバック
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    BlogRing
    RSSリンクの表示
    メールフォーム
    ご意見・ご要望・諸連絡・情報提供等はこちらまで。 相互リンク・RSSの依頼も大歓迎!
    検索フォーム
    カテゴリ
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Powered By FC2ブログ b(爪ー爪)

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。