(3/31)
更新を休止しました。

(10/14)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「もぅマヂ無理」を追加しました。
(8/21)
アクセスランキング・人気記事ランキングをリニューアル。現在調整中につきもう暫くお待ち下さい。

(8/12)
本日は更新をお休みさせて頂きます。
ご了承下さい。

(7/1)
トップ絵・壁紙をリニューアル。
「怖いコピペ」に新カテゴリ
「ロミオ・勘助」を追加しました。

(6/18)
副管理人・副々管理人のプロフィールを追加しました。

(5/25)
一部フォントを変更しました。

(5/6)
「ゴールデンウィークスペシャル」最後までお楽しみ頂けましたか?
次回の特別編成は夏頃を予定しております。ご期待下さい。
五月病は笑えるコピペを読んでサッパリ笑い飛ばしちゃいましょう!

(5/6)
ゴールデンウィークスペシャルもいよいよ今日がラスト!
最終日は管理人オススメ、2chの長編スレシリーズをたっぷりお楽しみ下さい!

(5/5)
ゴールデンウィークスペシャル三日目は特別編成恒例「洒落怖」!
各まとめサイトで殿堂入りを果たしたあの名作、この名作をお楽しみ下さい!

(5/4)
ゴールデンウィークスペシャル二日目は
真偽の程はともかく「ちょっぴりタメになるコピペ」をたっぷりご紹介致します!

(5/3)
今日から6日までの4日間は「ゴールデンウィークスペシャル」!
本日はネットで古くから愛されてきた名作コピペの祭典「古典祭 ~春の陣~」をお楽しみ下さい!

(4/22)
「あやぽんRSS」無事復旧のためヘッドラインを元に戻しました。

(3/4)
地味で暗い背景を何とかしようと模様替え()。ついでにテンプレも少々修復しました。
こういうリニューアルは4月頭にやるのがセオリーだと言うのに、一ヶ月も先走って改築してしまう洒落の利かない管理人なのであった。
ここはそういうクソのような人がやってるブログだと思って下さいませ。

(3/1)
RSS一覧を整理。

(2/24)
「二軍コピペ」に新カテゴリ
「くぅ~w」を追加。

(2/7)
メニューバーをリニューアルしました。
これでIEでの表示も問題なくなるかも…?

(2/2)
4ヶ月ぶりにトップ絵一新。
ブログ創立以来初のテキスト複合型トップ絵に無謀にも挑戦。
不具合等ありましたら至急連絡お願いします。


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    むかつくコピペをTさんに消し飛ばしてもらうスレ
    http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1339090515/

    16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/08 03:12:39.35 ID:Wg8Cjjgj0
    3月頃、深夜の帰宅途中に近所のラーメン屋駐車場で
    泣きながら店の入り口に貼りつく幼女を見た
    気になって観察してたら、どうも車と店先を何度も往復してて
    店に入りたいのに入れない様子

    嫁が一緒だったんで「どうしたの?ママ中にいるの?」と声かけたら無言でコクリ

    見れば春先の花冷え陽気な深夜に女の子は半袖ワンピ一枚で震えてる

    とりあえず俺のスカジャン被せて嫁が抱っこして
    親が出て来る可能性に賭けて十分だけ待つ事にした
    嫁は「保護して警察連れてこうか」っつったけど誘拐と間違われても厄介だし

    しばらくしたら男連れの30代くらいの女がバカ笑いしながら出てきて
    俺らに気付いた
    そしたら女の子が「あっ、ママー」って手を伸ばしたから
    嫁が「お母さんですか?この子店の外で泣いてたんで・・」って説明しようとしたら
    黙って女の子を引ったくって上着投げ返してよこして
    女の子の頭叩いて「あたしらが食べてる間は車で待ってろっつったでしょ!!」と怒鳴りつけた
    連れの男(どう見ても父親には見えない20代DQN)は横でヘラヘラ笑ってた

    「そこまでだ」寺生まれで生まれつき霊感が強いTさんだ
    TさんがDQN男に手のひらを向けて「正体を見せな」と呟くとDQN男は黒い靄に包まれた化け物に変わった
    「こんな母親に取り付くか、この小悪党め!破ぁぁぁぁっ!!」
    Tさんがそう叫ぶと化け物は青白い光に包まれて消滅した

    「小物は幼子の魂を食らう時まず親の魂を狂わす、まあよくある話だな」
    Tさんはそう言い残して何事も無かったようにラーメン屋に入っていった
    寺生まれって本当に凄い、泣きながら女の子を抱きしめつつ謝る母親を見てそう思った


    【コピペ元ネタ】
    http://kingfung.blog.fc2.com/blog-entry-396.html


    e-kingyo-01.png
    スポンサーサイト

    47 名前:1/2 投稿日:2011/03/07(月) 19:07:19.66 ID:JjMvdz260
    俺の家には忌部屋という、密閉された部屋があった。
    唯一の出入り口は猫用の戸みたいなちっさいのが一つだけ。
    窓の一つもない。大きさは四畳半くらい。
    家をリフォームするために忌部屋を壊すことになったが、そのころから俺は魘されるようになった。
    巨大な蛇が枕元に立ち、俺を睨んでいる悪夢も見た。
    顔がやつれてきたときになって、流石に両親も心配し、近所でも有名な陰陽師のNさんに頼むことにした。

    「――これはよくないですね。すぐに祈祷をしましょう」
    そういってNさんは大きな杯に水を汲むと、祝詞というのだろうか、呪文を唱えだした。
    するとどうだろうか、みるみるうちに体が軽くなり、気分がよくなってきた。
    「おつかれさまです。この杯には供養の水が入っていますので、一気に飲んで下さい。」
    云われるがまま俺はその水を一気に飲
    「破ぁ!!」
    杯は飛んできた光弾にはじかれた。供養の水はこぼれてしまった。
    「何をする!!」
    Nさんがにらみつけた方にいたのはバイトの先輩で霊感の強い寺生まれのTさんだ!!
    「供養の水は生きた人間が飲むもんじゃぁない!!正体を現わしな!!」

    48 名前:2/2 投稿日:2011/03/07(月) 19:08:05.64 ID:JjMvdz260
    Tさんはそう云うと持っていた瓢箪の栓を外した。
    そこから飛び出してきたのはあの大蛇だった!!
    「むおぉ!!」
    Nさんへ向かってその蛇は牙をむいた。
    「この蛇はあの忌部屋に祀られていた神さ。ずっとあんたを守っていたんだ。
     あんたを苦しめていたのはこいつが放った式神さ。」
    Nさんは蛇に巻きつかれて苦しんでいたが、突然黒煙をあげて蛇ともども姿を消した。
    「――その面、しかと覚えたり」
    その一言だけを残して。

    「結局、Nさんは何だったんですか?」
    「――陰陽師の陰って字は隠に繋がる、隠は鬼の語源ってことさ。」
    そうTさんはよくわからないことをいうと、さっさと行ってしまった。
    Nさんの家もいつのまにかなくなり、誰もがNさんのことを忘れていた。

    寺生まれって凄い。
    陰陽師と寺生まれの新たな戦いを予感しながら、俺はそう思った。


    154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/02/02(月) 00:43:19.03 ID:01ZCfXW90
    May  9, 1998
    夜、警備員のスコットとエリアス、研究員のスティーブとポーカーをやった。
    スティーブの奴、やたらついてやがったがきっといかさまにちがいねェ。
    俺たちをばかにしやがって。いらいらするんで、腹いせにあの犬どもの飯を抜きにしてやった。いい気味だ。

    May 13, 1998
    朝起きたら、両手足に得体の知れない腫物ができてやがった。かゆい。
    犬どものオリがやけに静かなんで、足引きずって見に行ったら数が全然たりねえ。
    めしを4日抜いたくらいで逃げやがって。おえら方に見つかったら大変だ。
    それにしても、腫瘍が治らねぇ。熱も出た。とにかくかゆい。

    May 16, 1998
    昨日、この屋しきから逃げ出そとした研究いんが一人、射さつされた、て はなしだ。
    夜、からだ中 あついかゆい。胸のはれ物 かきむし たら 肉がくさり落ちやがた。
    いったいおれ どうな て

    May 19, 1998
    やと ねつ ひいた も とてもかゆい
    今日 はらへったの、いぬ のエサ くう

    May 21, 1998
    かゆい かゆい スコット― きた
    ひどいかおなんで ころし
    うまかっ です。

    May 22,1998
    今日妙な野郎が来て「破ぁ!!!」と叫んだと思ったら痒みも腫物も無くなった
    「T-ウィルスか、奇遇だな 俺もTってんだ」とだけ残し帰って行った
    JAPANのTEMPLE生まれはすげぇ、改めてそう思った


    25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/08(金) 03:54:50.70 ID:Wg8Cjjgj0
    こないだ仕事の休憩中にマックで飯食ってたら、二人組のババアがきた。

    混んでて席がないらしく店内をウロウロ。
    ちなみにそのマックは店の外にも席があり、そっちは空いていた。

    やがてオレの近くに立ち、片方が「仕方ないから外で食べる?」
    するともう片方が「いやよ、寒いもん。大丈夫、すぐ空くわよ」
    と明らかにオレの方を見て言った。

    オレは後少しで食べ終わるとこだったんだが、せっかくの休憩なのでゆっくりしたかったし、
    何よりババアがあからさますぎてイラッとしたので無視して持っていた文庫本を開いた。

    するとババアがオレに「あの、もう食べ終わりますよね?」
    オレはまさかそんなこと言ってくるとまでは思ってなかったのでポカンとなったが、
    踏ん張るのもカッコ悪いので仕方なく譲ったよ。

    したらババアはオレに礼を言うどころか、連れのババアに「ほらね」と。

    席譲ったのあんなに後悔したのは初めてだ。

    しかもババア達はコーヒーと小さいポテトしか買ってなくて、なんか余計腹立ったわ
    不穏な空気を読み取ったかのように一人の店員が歩み寄ってきて

    「申し訳ありませんお客様、そこまでだ」
    寺生まれで生まれつき霊感が強いTさんだ

    「ありがとうございまし破ぁぁぁぁ!!」

    Tさんがそう叫ぶとババア達のコーヒーは熱膨張を起こしみるみる膨らんでゆく!

    限界を超えたコーヒーは爆発しババア達諸共粉微塵になって消し飛んだ!!

    寺生まれって本当に凄い、改めてそう思った


    155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(宮城県) :2008/09/14(日) 00:29:40.78 ID:jFh5l8bH0
    クリスマス、トムはサンタクロースからのプレゼントを楽しみにしていた。
    朝起きるとクリスマスツリーの下にプレゼント箱が3つほどあった。
    窓からサンタが中を覗いているのが見える。サンタはニタニタと笑いながらトムを見ている。
    トムはニタニタ笑っているサンタを見て少し不機嫌に思いながらもプレゼントの置いてある所に行った。

    トムはまず一つ目のプレゼントを手に取った。サンタは更にニタニタと笑っている。
    プレゼントの箱を空けると中から長ズボンが出てきた。
    トムは少しがっかりしたような表情をしながらも次の箱を手に取った。サンタは腹を抱えて笑っている。

    二つ目の箱を開けると中からサッカーボールが出てきた。
    トムはますます不機嫌になり、とても腹が立った。

    トムは続けて一番大きな最後の箱を開けた。
    すると中から自転車が出てきた。
    サンタは雪の上を転がりまわって笑っているトムはとうとう耐え切れなくなって泣き出してしまった。


    「幼い子供の心を弄ぶ魑魅魍魎め、ゆるさん!」

    そう叫んだのはトムのお家にホームステイしていた寺生まれで霊感の強いTさんでした。
    Tさんが「破ぁー!」と叫ぶとサンタの姿をした悪魔は、見る見るうちに苦しみ消えていきました。
    「散々なクリスマスになっちまったな。だからせめて、おにいちゃんからのプレゼントだ」

    Tさんはそう言って、トムに向かってやわらかい光を放ちました。
    するとなんと、生まれつき両足がなかったトムに健康な両脚がそなわったではありませんか。

    「メリークリスマス、トム」
    そういってTさんは微笑みました。

    寺生まれってすごい!トムは心からそう思いました。

    笑えるコピペ・ミニ
    FC2プロフ
    アクセスカウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    2505位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    2chまとめブログ
    133位
    アクセスランキングを見る>>
    カレンダー&月別アーカイブ
    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2017年03月 | 09月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    最新記事
    最新コメント&トラックバック
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    BlogRing
    RSSリンクの表示
    メールフォーム
    ご意見・ご要望・諸連絡・情報提供等はこちらまで。 相互リンク・RSSの依頼も大歓迎!
    検索フォーム
    カテゴリ
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    Powered By FC2ブログ b(爪ー爪)

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。